母乳が出ない2つの原因は母乳の回数とママの食事を含む生活習慣です

母乳が出ない、出にくい、おっぱいの量が不足する原因には、さまざまな要素があるとされていますし、個人個人の体質などもあり、母乳が出なくなったり、今までは普通に出ていたが急に少なくなってしまう原因の特定は一概には出来ないものです。

 

ただ、主な産後の母乳不足の原因として指摘されているのは次の2つです。

 

 

母乳の授乳回数と生活習慣

1つは、母乳を飲ませる回数、もう1つはママの食事内容を含む生活習慣です。

 

授乳回数を増やし生活習慣を改善

授乳回数を増やし
生活習慣を改善

具体的には精神面で言えば、

  • ママが母乳が出ない、少ないことで悩むあまり、授乳回数が減ってしまい事態を悪化させている
  • 出産、育児の精神的なストレスを抱えている
  • さらにはママの肉体的な面では出産時の出血が多量で血液が少なくなっている、貧血になっている

上記のことなどが原因で母乳の分泌量が減るケースが指摘されています。

 

さらに冷え性から母乳不足となる場合、睡眠不足、母体の乳腺の発達が悪い場合なども、母乳が不足する、分泌量が少なくなってしまう原因としてされています。

 

また母乳の量は、ママの食事にも大きく影響され、栄養バランスが悪いことや、摂取カロリー、水分不足が原因となるともされています。

 

つまり、これらのさまざまな原因を取り除けば、そして1つ1つを改善すれば、母乳が出ない、母乳が不足するということが改善されることとなります。

 

先ずは基本の改善を!

当サイトの管理人も、母乳育児中は色々と解決策を考え実施するより、まずこれらの基本的な改善を図るようにしました。

 

母乳が出なくなったのは自分の中に原因がある、だから先ずは、それらを1つづつチェックし、治して行こう、改善して行こうと決めました。

基本を改善する努力から

基本を改善する
努力から

 

つまり母乳の分泌に大きく関わる2つの要因、

  • 母乳を飲ませる回数を増やす
  • 食事を含む生活習慣を改善する

これに先ず専念しました。

 

授乳回数を増やすについては「授乳は最低1日10回」、食事と生活習慣の改善については「母乳の量・味とママの食事」を是非とも参考にして下さい。

 

さらに母乳の分泌に良いとされる母乳対策の飲みもののハーブティーも試して、お陰で子供2人とも完全母乳で育児をすることが出来ました。

 

私が実際に経験し効果のあった母乳対策グッズに関しては、コチラの「母乳不足対策ハーブティー」で詳しくご説明しています。

 

母乳の出に良いとされることは全て試してみる

母乳が出ない、おっぱいの量が不足する、おっぱいが十分に張らない原因は、人それぞれかも知れません。

 

しかし母乳の分泌に良いとされることは全て試してみる、努力することが大切だと管理人は考え、このサイトを作り、さらにお友達の助産師、薬剤師、また母乳不足を克服したママ友の方々からも、様々なアドバイスを頂戴して、このサイトで紹介をしています。

 

当サイトでは、私達が実践した解決策、知り得る情報を余すところなくお伝えしていますので、それなりの情報量を含むサイトとなっていますが、母乳不足で悩む方には、お時間を取ってでも全て読んで頂きたい内容となっています。

 

母乳育児で母乳が出ないと悩むママは、母乳の出に良いとされることは全て試して、今よりも多く、そしてタップリとおっぱいを出すママになって下さい。

 

助産師から一言

助産師から一言

母乳は、赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激でママの体内にホルモンが分泌されて分泌されます。つまりママが母乳を出すためには、赤ちゃんがおっぱいを吸うという動作が必要となるのです。

 

授乳は、ママと赤ちゃんの共同作業と言っても良いかもしれません。母乳の出が悪いと自覚しているママは、出来るだけ授乳回数を多くしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ