母乳が出ない最大の原因はママが母乳で悩むネガティブな心と姿勢です

母乳が出ない、おっぱい不足は、母乳育児中のママであれば誰にでも起きうることです。

 

特別なことでも、珍しいことでもありません。

 

また出産後、1カ月、2カ月の間は順調に母乳が出ても、その後の授乳で出なくなる、少なくなる、不足気味になるということも、よくあることで管理人が、まさにそうでした。

 

知り合いのママ友でも、母乳が出ないなど、何のトラブルもなかったラッキーなママは、ほとんどいません。

 

 

当サイト管理人の実体験

私は、出産直後は溢れるほどにタップリと母乳が出て、母乳パッドでは追いつかなくてブラジャーにタオルを入れていたくらいでしたが、長男の生後3ヶ月後に、急に母乳が出にくくなりました。

赤ちゃん大好き!

赤ちゃん大好き!

 

こちらのカテゴリー「乳腺炎と診断されるまで」でもご紹介しているように、自分の不注意から乳腺炎にもなってしまい、高熱が出て苦しんだ経験もあります。

 

ご存じのように母乳には、さまざまなメリットがあります。それが分かっているので、産後に母乳が出ない、母乳が不足すると、どんなママでも焦ってしまいます

 

私も、かなり焦り、そして不安になり、母親として子供に申し訳ない気持ちになりました。

 

赤ちゃんの成長に影響が出てしまう、健康を損なってしまう … 母乳育児中のママなら誰でもそう考えるでしょう。

 

精神的にダメージを受けて、落ち込んでしまいます。たとえ家族と同居していても、孤独感に苛まれます。

 

大切な赤ちゃんのために、何とか母乳の出を良くしたい、母親としての授乳の責任を果たしたい、そうママが思うのは自然なことですね。

 

母乳不足は誰にでも起こりうること

母乳育児中に、おっぱいの量が変わること、出なくなったりすることは、多くのママに起きること、いたって普通のことで、決して何も特別なことではありません。

母乳トラブルは誰にでもあることです

母乳トラブルは
誰にでもあることです

 

そんな事態の中、母親として心を前向きにし、このサイトでお伝えする解決策を積極的に行うママと、逆に落ち込んでしまい心配ばかりするママとでは、大きな差が出来てしまうのです。

 

これは本サイト管理人の個人的な考えですが、母乳が出ない、おっぱいが不足する最大の原因は、ママの心であると考えています。

 

私個人の考えと書きましたが、育児をするママの心の持ち方の重要性、つまり授乳中のママが精神面でポジティブな気持ちとなるか、逆にネガティブになるかで母乳分泌に大きな影響を与える可能性は、このサイト記事の内容を医学的な見地でチェックし、また記事執筆もしてくれた友人の薬剤医師も助産師も、同意しています。

 

ネガティブな気持ちが母乳を出なくしてしまう

もちろん、母乳分泌のために授乳回数をもっと増やす、食生活と生活習慣を改善する、冷え性、睡眠不足や便秘を解消するなどの対策も大切で、是非とも実行して頂きたい、実行すべき解決策です。

 

しかし何よりも大切なこと、それは母乳が出なくなっても、分泌量が減ってしまっても決して落ち込まず、悩まず、前向きな心で出ない母乳をより多く出すよう心がけることであると管理人は考えます。

 

母乳の分泌不足には、個々で物理的な要因もあるでしょう。

 

しかし、母乳が出ない、母乳が不足する原因は、もしかしたら今の貴女のネガティブな考え方と姿勢かもしれないと覚えておいて下さい。

 

サイトのトップページにも書きましたが、どんな対策をしても全く母乳が出ないママは2万人に1人程度です。

 

ネガティブな気持ちになることは、何のプラスにもならないことを忘れないで下さい。

 

助産師から一言

助産師から一言

育児にストレスは付きもので、ほぼ100%のママが何らかのストレスを育児で抱えています。ストレスほど母乳の分泌に悪影響をおよぼすモノはありません。

 

母乳を赤ちゃんのために、より多く出したいというママの気持ちは、とても素直で尊い素晴らしい優しさです。その気持ちを今よりも、もっと強く持つことは、ポジティブな姿勢で努力すること、必ず母乳不足解消につながります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ