お酒好きなママには全く飲まないというのは悲しいもの。お酒は飲みすぎず良い物を選び上手に付き合いましょう。お気に入りのグラスに注いだ一杯のお酒は疲れを癒します。母乳育児での、お酒のメリット・デメリットを理解しておきましょう。

お酒を飲む時間と授乳をする時間には必ず間隔を空ける

妊娠し出産に備えて緊張が続く日々を過ごし、その後に出産という一大事を無事にすませたママとしては、可愛い赤ちゃんと過ごす日々の中で時には、お酒を楽しみリラックスしたいと感じる時もあるでしょう。日々の母乳育児のストレスを、アルコールの力を借りて解消したいというママもいるでしょう。

 

授乳中のママの飲酒は、お酒を飲む時間と授乳をする時間との間隔、さらに飲みすぎに注意をしましょう。

 

また授乳中だけはノンアルコールのカクテルを楽しみリラックスするのもお勧めです。

母乳とアルコールと赤ちゃん 記事一覧

飲酒に関して一般によく心配されているのは、血液中のアルコール濃度ですね。ほどほどであれば気分も良いものですが、それが高かったりすると、酔っぱらったり、ひどいとアルコール中毒になったりします。お酒を飲むとおっぱいの中にもお酒が溜まる?アルコールは母乳に溜まる?そんな飲み方によっては体に影響を及ぼすアルコール。「お酒を飲んで、血液にアルコールが溶けるんだったら、母乳にも影響あるんじゃない?」そう思われ...

母乳育児中のママであれば、飲むお酒の選び方にも注意しましょう。お酒選びにもコツがあります。お酒とはいえ、体に入る物ですから、良い効果を望みたいですよね。ビールより焼酎が良い?お酒を賢く選んで楽しく飲もう体を温めるタイプを食べ物を「体を温める物」「体を冷やす物」と分けて考えた時、白砂糖や小麦は体を冷やす物の分類に入ります。よく「パンよりご飯を食べよう」、「甘い物の食べ過ぎは良くない」と言われる理由の...

母乳育児をしていると、1日1日、本当にいろんなことがありますよね。毎日育児ストレスや疲れがたまり、スカッとしたくて、ついつい手軽に買えるお酒に手が伸びてしまう…大丈夫、それは、あなただけではありませんよ。ただ、授乳期は飲むお酒の量には注意をするべきです。当サイト管理人のママ友で、お酒が大好きな女性が実施している、ヨガを活用したお酒の量をセーブする方法をご紹介します。頑張りすぎてしまうから…たくさん...

実際、母乳を通したお酒の赤ちゃんへの影響には、どんなものがあるのでしょうか。ママが飲んだお酒は、母乳を通して赤ちゃんにどんな影響を与えるのでしょうか?これを知ることで、ママも我子を守り、自分の体を大切にしようとする生活意識をもつことができます。赤ちゃんへのお酒・アルコールの影響はどんなものがある?赤ちゃんの急性アルコール中毒赤ちゃんをはじめ、成人に比べて子供の体は肝臓が未発達で、アルコールを分解す...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ