授乳中は禁煙・最低でも節煙を

喫煙が健康に及ぼす弊害は、医学的に全てが解明されていませんが、しかし発癌の面からもニコチンが体に有害であるいことは明白な事実です。

 

タバコに含まれる有害物質であるニコチンには中毒性があるため、喫煙者にとって禁煙は、それなりの努力が必要とされますが、何よりも大切な赤ちゃんの健康のために、せめて授乳中のママは禁煙をする、最低でも吸うタバコの本数を減らす節煙をする、喫煙をする際は赤ちゃんがタバコの煙を吸わないよういに場所を選び、決して副流煙による赤ちゃんの受動喫煙がないようにしましょう。

母乳と喫煙と赤ちゃん 記事一覧

記事公開日 / 更新日:2014年01月11日

妊娠中、授乳中のたばこ、喫煙はママや赤ちゃんの体にどういう悪影響を与えるのでしょうか?妊娠中、母乳育児に与える影響を説明します。特に妊娠中の喫煙は授乳中に比べ問題が多く出てきますので喫煙をガマンをする、禁煙することは大切です。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ