母乳育児中に胸にしこりと白斑ができて乳腺炎の症状で発熱、その後母乳の出が悪くなり搾乳などで対策をしましたが母乳の色が変わり、乳腺炎と診断されるまでの経緯、また助産師から受けた乳腺炎対策、予防のアドバイスなどをお伝えします。

まさか自分が乳腺炎になるとは全く考えてもいなかった私

当サイト管理人の私は、子供の生後1か月まではあふれるほどに母乳が出ていて、常に母乳パッドが手放せないほどでした。しかし、その「私は母乳がたくさん出るタイプなんだ、母乳育児なんて簡単簡単」という慢心で食事に注意を払うことをせず乳腺炎になってしまいました。

 

母乳不足でも同じですが、自分の努力不足、注意不足を「体質」のせいにしてしまい、母乳育児時中の母親としてすべきことをしていないというケースは少なくないと、自分自身の反省点として思います。

 

授乳中は誰でも乳腺炎となる可能性がありますので、日ごろのケアを忘れないようにしましょう。

乳腺炎と診断されるまで 記事一覧

当サイト管理人の私の場合、子供が生まれて母乳育児を開始して1ヶ月もすると、胸が堅くて痛みを感じるようになっていました。触ってみると部分的に、しこりのようなとても堅い部分がおっぱいにありました。徐々に減っていた母乳の量しこりが胸に子供の母乳を飲む時間が前よりも長くなったかなと思い始めた頃、何となく、おっぱいの周りが堅くなってきたように感じました。しこりのような部分を抑えると、とても痛いし、よく見ると...

おっぱいが、しこりだらけになって痛くて頭痛も続く毎日、もしかして乳腺炎ではと感じてママ友に相談したところ、とにかく赤ちゃんにタップリ母乳を飲んでもらって、それでも出し切れない時は、搾乳して母乳を全部出すしかないよ、と言われました。もしかして乳腺炎では…しこりと発熱症状しこりがあって痛くて苦痛な搾乳でしたが、何とか頑張って授乳後に母乳を絞り出していました。しこりのあるおっぱいから痛いのを我慢して搾乳...

乳腺炎で発熱もあった私は、細菌に感染している可能性もあるかもしれないという診断で、産婦人科で抗生物質の薬をもらいました。母乳育児中であっても熱が下がるまで、薬は飲んだほうが良いようです。お医者さんが処方した抗生物質であれば、そのまま母乳を赤ちゃんに与え続けても良く、授乳を止める必要はないと説明を受けました。おっぱいマッサージで回復処方箋は母乳に影響なし私は診察と一緒に助産師さんの、おっぱいマッサー...

乳腺炎になると、まずおっぱいが堅く張り、腕を動かしただけでも痛みを感じるようになります。おっぱいの、あちこちにしこりが出来始めますが、これはその部分が母乳で詰まっているためで放置しておくと、このしこりはどんどん大きくなっていきます。我慢せず早めに受診しましょう早めに受診をもしも、しこりを見つけたら私のように自分勝手に判断せず、また我慢をしないで、自分のためにも赤ちゃんのためにも、早めに産婦人科で受...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ