乳腺炎にならないために

乳腺炎は、女性のおっぱいにある小葉という器官で作られた母乳が、授乳の際に母乳が流れる乳管に詰まってしまうというトラブルです。母乳が通る乳管が詰まらないようにすることが乳腺炎の予防となるのですが、そのためには

 

  1. 授乳の際は左右全ての乳管から母乳を出すようにし
  2. 母乳の味に注意をし水分を摂りく多くの量を流し
  3. おっぱいの中に母乳が残らないように搾乳をすることが大切です。

乳腺炎の原因と予防・対策 記事一覧

記事公開日 / 更新日:2014年03月02日

私が乳腺炎となった原因の1つは、左右のおっぱいの中の母乳のバランス、また母乳を与える姿勢に注意を払わなかったことがあげられます。乳腺炎予防には、母乳を左右バランス良く与え、また授乳の姿勢にも変化を付けるようにしましょう。

記事公開日 / 更新日:2014年03月02日

私が乳腺炎となったもう1つの原因は食生活です。脂肪分を多く含んだ甘い食べ物ばかりを食べてした私の血液は、ドロドロに粘り流れが悪くなり母乳が詰まり始めたようです。煮物中心の食事にするよう助産師さんからアドバイスされました。

記事公開日 / 更新日:2014年03月02日

乳腺炎では母乳をおっぱいに残さないのが基本で、しこり部分を温めると脂肪が溶けて母乳を出し易くなります。しこりで胸が痛くて搾乳が上手くいかない場合、家族の中で最後にお風呂に入り、湯船の中で母乳を絞り出すことをお勧めします。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ