母乳は赤ちゃんにもママにもメリットが多い

母乳が出ない、不足していると確認し自覚したママ、大切な赤ちゃんを母乳育児で育てるという決心をし、母乳が出るしくみを理解し、今の自分の授乳回数、授乳姿勢などをチェックし準備を整えましたか?

 

では、準備の最期に母乳のメリットを再確認しましょう。

 

 

母乳のメリット

母乳のメリットの再確認を

母乳のメリットの
再確認を

母乳を多く出すためのママの準備の最期として、母乳のメリットを再確認して、ママの母乳育児の決心をさらに強く固め、できれば完母での育児を目指しましょう!

 

母乳は栄養満点

ママが作る母乳は、赤ちゃんにとって栄養満点です。

 

栄養満点の母乳で、赤ちゃんの免疫力がアップし、またSIDS(乳幼児突然死症候群)にもなりにくいとされています。

 

さらに生まれて初めて口にする母乳から、赤ちゃんは食べるモノに関してのにおいや味の学習をし、つまり授乳が食育になります。

 

またミルク育児の赤ちゃんと比べて肥満になりにくいというデーターもあります。

 

さらに、授乳で赤ちゃんが自らおっぱいを吸う運動をすることから、あごや顔が適切に発達するというメリットもあります。

 

ママのおっぱいから自らの力で母乳を飲むという事は赤ちゃんにとって、素晴らしい栄養の摂取となり、さらに適度な運動にもなるのですね。

 

免疫能力が違います

母乳の免疫能力

母乳の免疫能力

母乳と人工乳であるミルクの一番大きな違いは、免疫能力です。

 

人工乳であるミルクには免疫物質が入っていませんが、母乳には溢れるほどに沢山の免疫物質、成長因子が入っています。

 

特に生まれて3日までの「初乳」には、IgAという免疫グロブリンが高濃度に入っており、赤ちゃんをあらゆる感染症から守る働きがあります。

 

どうしても、様々な事情でミルクに頼らなくてはいけない場合、この初乳だけは一滴も漏らさずという思いで赤ちゃんに飲ませてあげて下さい。

 

それぐらい、この免疫物質が入った初乳は大事です。

 

母乳の方が鉄欠乏性貧血になりにくい傾向が

赤ちゃんが飲むミルクの原料は牛乳です。

鉄分の吸収率

鉄分の吸収率

 

牛乳は沢山のカルシウムが含まれて、子供の成長期には非常に優れた飲料です。

 

ところが、まだ母乳を飲む赤ちゃんには、このカルシウムが却って邪魔になってしまうのです。

 

人の体に大切なミネラルであるカルシウムの摂取が、新生児にはマイナスとなる…それは何故でしょうか? 

 

牛乳の中のカルシウムは、鉄と結合して不溶性物質を作ります。

 

つまり、体内に入ったカルシウムは鉄を捕まえてしまい、鉄の本来の働きができないようにしてしまうのです。

 

母乳の中にはミルクと比べて鉄分は少ないのですが、母乳の鉄分の吸収率は50%、それに比べて牛乳では10%未満で、圧倒的に母乳の方が鉄分の吸収率が高いのです。

 

母乳の方が断然、鉄分を体の奥深くに取り入れる力があるということがわかりますね。

 

このため、母乳育児の赤ちゃんの方がミルク育児の赤ちゃんよりも、鉄欠乏性貧血になりにくいということになるのです。

 

この鉄分の吸収率の違いが母乳とミルクの違いとしてあげられます。

 

母乳で育った赤ちゃんのお腹の中はとてもキレイ

母乳とビフィズス菌・乳酸菌

母乳と
ビフィズス菌
乳酸菌

母乳で育った赤ちゃんのお腹の中は、正常細菌の善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌で溢れています。

 

これらの善玉菌は通常、ママの膣内にあります。

 

出産の際に赤ちゃんが膣内と産道を通って出てくる時に、赤ちゃんは初めてママの善玉菌に触れ、それが産後のママが出す母乳にふくまれる善玉菌のエサとなるオリゴ糖によって、赤ちゃんのお腹の中で増殖していきます。

 

母乳とミルクと腸内環境の腸内フローラ」でもお伝えしていますが、母乳で育つ赤ちゃんの赤ちゃんの腸内はビフィズス菌優勢状態になりやすくなり、色々な腸内細菌が住み着く綺麗な腸内フローラとなりやすいのです。

 

ミルクで育った赤ちゃんのお腹の中は、成人と同じ大腸菌が増殖しています。

 

大腸菌が増殖している腸内環境で、ビフィズス菌や乳酸菌という善玉菌が劣勢、つまり少ない場合、時として重い感染症にかかってしまう場合もあります。

 

最近のミルクにも善玉菌が増えるような組成にしてありますが、それでもママのおっぱいから出る母乳で沢山の善玉菌を増やすのが一番ですよね。

 

母乳育児で育った赤ちゃんは、善玉菌が元気な綺麗なお腹の持ち主なのです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ