母乳は赤ちゃんがおっぱいを吸うと出ますから何度も吸わせましょう

母乳が良く出るママですと赤ちゃんが乳首を、くわえなくてもバストが張って母乳が出ることもあります。

 

管理人の私も、産後の最初の頃の授乳ではそうでした。まさか自分が母乳不足で悩むなんて、思いもしませんでした。

 

 

赤ちゃんが吸わないと出ない

母乳は赤ちゃんがおっぱいを吸うと出ます

母乳は赤ちゃんが
おっぱいを
吸うと出ます

しかし管理人の場合、出産から数ヵ月後に、母乳の出が悪くなり、こちらの記事のように「胸のしこりと母乳の出の悪化」となり乳腺炎にもなってしまい、苦しい思い、悲しい思いもしました。

 

母乳が出ない、または母乳が不足していると悩む人は、何の解決策も実施しないで、勝手に自然に母乳が良く出るということは、ほとんど無い筈です。

 

ただでさえ母乳の出が悪いのに、赤ちゃんにおっぱいをふくませない、吸わせないと、ますます母乳の出は悪くなってしまう、ママの体内で作られる母乳の量が減ってしまうとされています。

 

その理由はママの体が、飲ませない母乳を作る必要はない、と判断してしまうからです。

 

こちらの記事「母乳が出ない女性でも赤ちゃんの世話で女性ホルモンは分泌される」にあるように、おっぱいをふくませないと、ママの体内でホルモン分泌がなされず、その結果、ますます母乳の出が悪くなるのです。

 

つまり母乳の出には、授乳で赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれることが最低限必要なこととなります。

 

とにかく毎日何度もが大切

自分は母乳が出ない、母乳の量が不足していると思っているママは、どうしても赤ちゃんに申し訳ない、という気持ちになってしまいます。

 

授乳を済ませても赤ちゃんが泣いたり、乳首を離さないと、まるで「もっと母乳が欲しいよぉ~」とママに訴えているように思えてしまいます。

 

そんな時ママは、「ごめんなさい」と赤ちゃんに謝りたい気持ちになりますが、そのネガティブな気持ちが、おっぱいを赤ちゃんにふくませる授乳という行為を避けてしまうということにつながります。

 

しかし繰り返しお伝えしますが、授乳をしない、おっぱいをふくませる回数が減ることは母乳の出をさらに悪くしてしまいます。

 

ママも赤ちゃんも、母乳を飲ませる、母乳を飲むということを、カラダが忘れてしまうということがないように、たとえ母乳の出が悪くとも母乳が出なくとも、1日に何度も、おっぱいを赤ちゃんにふくませる、乳首を吸わせることを習慣にするようにしましょう。

1日何度も飲ませる

1日何度も
飲ませる

 

産後、母乳の量が少ない、普通よりも母乳が出ないと思うママほど、授乳回数を多くするべきです。

 

たとえ母乳の出が悪くとも、赤ちゃんはママのおっぱいとスキンシップすることで心が安定します。

 

ママの母乳の分泌のため、そして赤ちゃんを不安にさせないためにも、必ず母乳育児中は毎日必ずおっぱいを吸わせる、乳首をふくませるようにしましょう。

 

授乳回数を増やす、これが母乳不足解決策の第一歩です。

 

必ず実行しましょう。

 

助産師から一言

助産師から一言

友人の薬剤師の記事「母乳が出ない女性でも赤ちゃんの世話で女性ホルモンは分泌される」でも紹介していますが、赤ちゃんの世話をした祖母の乳房から母乳が分泌されるというケースがあるほど、母乳と赤ちゃんとのスキンシップは密接な関係にあります。

 

繰り返しお伝えしますが、母乳不足を感じるのであれば必ず授乳回数は増やすようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ