母乳をママが出しやすく赤ちゃんが飲みやすい最良の授乳姿勢をいろいろと試してみて見つける

母乳をママが出しやすく赤ちゃんが飲みやすい最良の授乳姿勢を見つける

1日10回の授乳時では、ママが最も母乳が出やすいと感じ赤ちゃんが最も多く母乳を飲んでくれる、ママと赤ちゃんにベストな授乳姿勢を見つけるようにしましょう。さらに乳腺炎予防のため、第2、第3の授乳姿勢も見つけておきましょう。

いろいろな授乳姿勢を試してみて母子ともに母乳の出にベストな姿勢を

1日に最低10回の授乳回数は必ず行って頂きたい母乳不足対策の基本ですが、授乳時には


  • ママが母乳が出やすい与えやすいと感じる授乳姿勢で

  • 赤ちゃんも飲みやすいと思われる授乳姿勢

で母子にとって最良の姿勢、そして出来れば1つの姿勢だけではなく、2番目、3番目に良いと思われる授乳姿勢を幾つか見つけるように心掛けましょう。

 

ママにも赤ちゃんにもベストな姿勢で授乳をすることで、母乳の出が良くなることも期待できます。

 
 

授乳の基本姿勢

 

ベストな姿勢で授乳を

ベストな
姿勢で授乳を

授乳の際の基本的な赤ちゃんの抱き方は以下の4種類ですが、いずれの姿勢でもママが背筋を伸ばした姿勢をとることで、より母乳は出やすくなります。

 

ついつい母乳の出が気になり赤ちゃんの顔を覗き込んでしまいがちですが、背中を丸くした猫背のような恰好ではママの乳管が曲がった状態となり、母乳がスムーズに流れなくなります。

 

ママの授乳姿勢が、母乳が流れる際の抵抗にならないように、つまり母乳の流れを妨がないよう乳管が出来るだけ真っ直ぐな状態で授乳をするように注意しましょう。

 

横抱き
 

最も一般的で定番の授乳姿勢で、母子の身体が密着し赤ちゃんの体が安定させやすいので、母乳が飲ませやすい姿勢です。

 

縦抱き
 

ママと赤ちゃんが正面から向かいあい授乳する姿勢で、ママの乳首が深く赤ちゃんの口に入るので、陥没や扁平な乳首のママにお勧めです。首が座っていない赤ちゃんの首をシッカリと支えて授乳します。

 

フットボール(ラクビー)抱き
 

言葉通り赤ちゃんをフットボールのように小わきに抱え腕ではさみ、赤ちゃんの足がママの後ろに来るように抱く授乳姿勢で、首の座っていない赤ちゃんや乳首に上手く吸い付きができない赤ちゃんにお勧めな姿勢です。

 

添い乳・寝乳
 

ママと赤ちゃんが向かい合って寝転んで横になった姿勢での授乳で、夜間の授乳で取り入れているママも多い姿勢です。ラクな姿勢ですので疲れている時にもお勧めです。

 

動画:新生児・赤ちゃんの正しい授乳姿勢&抱き方のコツ!
 

当サイトでお勧めしている、妊娠と出産をサポートするナチュラルケアブランドのAMOMAのサイトで紹介されている、正しい授乳姿勢と抱き方のコツの以下の動画も参考にして下さい。画面中央の三角をクリックすると動画が始まります。

 

 

出典:AMOMA 【助産師監修】新生児・赤ちゃんの正しい授乳姿勢や抱き方のコツ

 

赤ちゃんの反応を見ながら左右交互も取り入れて

 

上記の基本授乳姿勢でベストな姿勢が見つからない場合は、左右を入れ替えて試してみましょう。

 

ママが右利きか左利きかで、それぞれ左右対称の授乳姿勢となりますので逆パターンも試してみましょう。

 

ただし慣れない姿勢となって赤ちゃんを安定して抱っこ出来ない場合は、赤ちゃんの姿勢を安定させる安全を優先して下さいね。

 

ママが最も多く母乳が出ている、赤ちゃんが最も多く飲んでくれる授乳姿勢を見つけたら、その姿勢をメインに1日10回以上の授乳を心がけるようにするべきですが、出来れば2番目、3番目に良いと思われる授乳姿勢も見つけておきおましょう。

 

自分に合う授乳姿勢を幾つか複数見つけるのは、乳腺炎の予防のためです。

 

いつも同じ姿勢で授乳をすると、いつも同じトコロを母乳が通り、通らない乳管の部分が詰まってしまい炎症を起こす場合があり、最悪の場合は乳腺炎となるケースもあります。

 

ですから1日10回の授乳では、ベストな授乳姿勢をメインにして、時には2番目、3番目と色々と姿勢を変えてみることをお勧めします。

 

また母乳の出は日々変わるものですし、赤ちゃんが飲みやすいと感じる姿勢も成長と共に変わりますので、今はこの授乳姿勢がベストであっても、それが変わる可能性、つまり2番目、3番目に良いとした姿勢がベストとなることも有り得ます。

 

乳腺炎となった当サイト管理人の私が、先輩のママ友からアドバイスされた「添い乳・寝乳」に関しては、以下の記事を参考にして下さい。

動画:乳腺炎にならない授乳姿勢
 

以下の助産師さんが教える乳腺炎を予防する授乳の姿勢を紹介する動画も参考にして下さい。

 

 

出典:AMOMA 【助産師監修】新生児・赤ちゃんの正しい授乳姿勢や抱き方のコツ

 

前のページ 次のページ

母乳をママが出しやすく赤ちゃんが飲みやすい最良の授乳姿勢を見つける 関連ページ

ママの母乳で大切な赤ちゃんを育てるという気持ちを心に誓いましょう
母乳の出を良くする最初の準備は、赤ちゃんを母乳で育てようと、かたく心に決めるというママの心構えからスタートです。大切な赤ちゃんはさまざまなメリットのある母乳で育てる、そして母乳を出すと心に誓いましょう。
母乳と赤ちゃんの夜泣き
夜泣きは赤ちゃんの仕事です。夜泣きをしてもママは決して悩まず、深刻に考えず、そして母乳の出が良くなくても、母乳が足らないかもしれなくても、必ずおっぱいを赤ちゃんにふくませるようにしましょう。
おっぱいを吸うと出る母乳
母乳は赤ちゃんがおっぱいを吸うと出ます。逆に赤ちゃんが吸わないと出ません。たとえ母乳の出が悪くても出なくとも母乳育児中は、1日に何度もおっぱいを赤ちゃんにふくませる、ママの乳首を吸わせることを習慣にしましょう。
母乳が出ない時もおっぱいを授乳する
母乳の出は赤ちゃんにおっぱいをふくませない、吸わせないと悪くなってしまいます。ママも赤ちゃんも、母乳を飲ませる、母乳を飲むことをカラダが忘れてしまわないよう1日に何度もおっぱいを赤ちゃんにふくませるようにしましょう。
授乳は最低1日10回
母乳が出ない、母乳不足のママは、普通の母乳の量が出るママに比べ授乳回数が少ないとされています。授乳回数が少ないのは、母乳の出を悪化させます。おっぱいは片方5分でOKです。母乳育児中は最低1日10回の授乳を心掛けましょう。
授乳ではママのおっぱいの乳輪部分まで赤ちゃんに深くくわえさせる
授乳時に赤ちゃんがママの乳首だけをくわえているのであれば、おっぱいの乳輪部分まで深くくわえさせるように改善をしましょう。母乳が溜まる乳管洞は乳首にはなく乳輪部にあります。深くおっぱいをくわえさせると母乳の出は良くなります。
赤ちゃんが栄養不足にならないよう授乳後にげっぷを出させる方法
毎授乳後に赤ちゃんにげっぷをさせるのも授乳の基本の1つで習慣にすべき事です。げっぷをさせないと、せっかく飲んだ母乳やミルクを赤ちゃんが吐いてしまい栄養を十分に摂れない恐れがあります。授乳後のげっぷの促し方をお伝えします。
ママの乳首と赤ちゃんの舌と体力の問題で母乳が飲めない際は母乳外来へ
陥没乳頭で授乳ができず母乳育児に悩むママもいますが母乳外来などを受診すれば殆どのケースで直母ができるようになります。また赤ちゃんが舌小帯短縮症の場合や体重が少なくおっぱいを吸う体力の無い赤ちゃんも医師の診断を受けましょう。
母乳を作るプロラクチンは授乳回数に比例して増える
母乳が出ないママこそ、たとえ母乳不足でも1日に何度も授乳すべきであるという理由をお伝えします。母乳を作る働きを持つ女性ホルモンのプロラクチンは授乳で分泌され、さらに授乳回数に比例して増えるということを覚えておきましょう。
母乳の赤ちゃんへのメリット - 免疫能力と鉄欠乏性貧血と腸内環境
母乳育児の決心をしたら母乳のメリットを再確認しましょう。母乳は赤ちゃんに、免疫力アップ、食育、肥満防止、あごや顔の発達、またママには、どこでも与えられる、子宮回復を早める、産後ダイエットに効果的というメリットがあります。
母乳のママへのメリット - 女性ホルモン分泌とダイエット効果
母乳には様々なメリットがあります。母乳を与えることで女性ホルモンのオキシトシンとプロラクチンが分泌され、ママの体が早く回復しダイエット効果も抜群で、また女性ホルモンの相互作用でマタニティーブルーのリスクが大幅に減ります。
母乳と子供の健康と学力の相関性
日本だけでなく海外でも母乳が持つ母子ともどもへのメリットが指摘されています。海外の研究機関が発表している色々な母乳育児のメリットをご紹介しますが、いずれも確定的なものではなく母乳のメリットとしての可能性と受け止めて下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧め解決策 出ない原因 不足のサイン 出す準備 母乳不足対策 母乳マッサージ

赤ちゃんネット powered by TrendLead