毎授乳後に赤ちゃんにげっぷをさせて栄養不足を防ぎましょう

授乳後に赤ちゃんに「げっぷ」をさせないと、せっかく与えた母乳やミルクが赤ちゃんの口から出てしまう場合があります。

 

正しい授乳の一連の行動として、授乳後には必ず赤ちゃんにげっぷをさせましょう。

 

特に母乳が不足している、出る量が少ないと自覚しているママは、与えた母乳をしっかりと赤ちゃんが摂るように、赤ちゃんがげっぷで口から母乳を出してしまわないように、げっぷをさせる事を習慣にしましょう。

 

 

げっぷをしないと赤ちゃんが栄養不足になる恐れが

赤ちゃんはママのおっぱいから母乳を飲む際や哺乳瓶からミルクを飲む際、呼吸しながら飲むため母乳やミルクと共に空気も飲み込んでいます

 

母乳やミルクと一緒に赤ちゃんの胃の中に入った空気をげっぷで胃から出さないと、せっかく飲んだ母乳やミルクが胃から逆流して口から出てしまう、吐いてしまうこととなります。

 

赤ちゃんはまだ、げっぷを自分一人で上手に出来ないので、ママが授乳後には必ずげっぷをさせるようにして、赤ちゃんが栄養不足とならないように注意してあげましょう。

 

授乳後すぐに寝てしまったら?
右を下にして寝かせる

右を下にして寝かせる

赤ちゃんが授乳後に眠ってしまった場合は、何も赤ちゃんを起こしてまでげっぷをさせる必要はありません。

 

この場合、赤ちゃんの右側が下になるように寝かせるのがコツです。上向きで寝かせると母乳やミルクを吐いた場合に喉に詰まる恐れがあります。

 

また人の胃は出口が体の右側にあるため、消化のためには右側を下にした横向きが良いとされています。胃からの逆流を防ぐため上半身を高くするのもお勧めです。

 

げっぷはいつまで促すの?

赤ちゃんの首が座り生後5ヶ月を過ぎれば赤ちゃん自身でげっぷをしたり、またおならで空気を自分で排出するようになりますので、生後5か月までを一応の目安として、5か月未満までは赤ちゃんのげっぷをママが毎授乳後に促すようにしましょう。

 

赤ちゃんのげっぷを促すやり方

顔が肩の上になるようにかつぐ

顔が肩の上になるようにかつぐ

基本的にはどの方法でもOKです。

  • 赤ちゃんが母乳やミルクを吐いた時のためのタオルなどを用意して
  • 赤ちゃんが吸い込んだ空気が胃からスムーズに上がってくることをイメージしながら

ママが赤ちゃんの

  • 背中を腰から上に優しくさする、または
  • 背中を軽くトントンと叩いてげっぷを促します。

ただ、いずれの場合も無理にげっぷさせないようにしましょう。

 

あまり強く赤ちゃんの体に刺激を与えてしまうと、赤ちゃんの体全体が反応して、それに伴い体が硬直してしまい、ますますげっぷが出なくなります。

 

げっぷが出なくても病気になったりすることはありませんので、あまり強引な方法はやめましょう。

 

赤ちゃんを肩の上にかつぐ

最も一般的な方法です。首の座っていない赤ちゃんの頭を支えながら肩まで抱き上げ、赤ちゃんの顎が肩の上になる姿勢で、赤ちゃんの背中を下から上に優しくさする、または背中を軽く叩いてげっぷを促します。

 

赤ちゃんを膝の上に座らせる

赤ちゃんを膝の上に座らせて、赤ちゃんの顎と脇の下を支えながら、赤ちゃんが少しうつむき加減になる姿勢で背中をさする、背中を軽く叩きます。

 

赤ちゃんを膝上でうつ伏せにする

赤ちゃんを沐浴する時の赤ちゃんの背中を洗う際と同じ体勢です。赤ちゃんをうつ伏せの姿勢で膝に乗せて、背中を優しくさする、また軽く叩きます。

 

動画:赤ちゃんのげっぷの出し方

以下の、げっぷの出し方を伝える動画は非常に分かりやすく説明をしていますので参考にして下さい。

 

 

出典:AMOMA 新生児・赤ちゃんのげっぷの出し方!いつまで出す?出ない時は?

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ