海外の研究機関が発表している色々な母乳育児のメリット

当サイトの冒頭にもありますが、厚生労働省の調査では90%ほどのママが母乳による育児を望んでいます。

 

ですが、実際に完全母乳で育児しているママは半数ほどともされています。

 

母乳のメリットの海外の研究結果

日本のみならず、どこの国でも母乳には、さまざまなメリットがあると指摘されています。

 

そのメリットゆえに90%のママが母乳で育児をしたいと考えるのですし、私自身も周囲のママ友も皆、同じでした。

 

出来るだけ多くの母乳で育児をしたいと考えるママに、その決意をさらに強くして頂くために、こちらでは特に海外の研究結果をご紹介します。

 

ご紹介する母乳メリットはあくまでも可能性です

母乳メリットの可能性です

母乳メリットの
可能性です

 

ですが、いずれも確定的なものではなく、母乳のメリットとしての可能性と受け止めて下さい。

 

ミルク育児を否定するものではありません

また、これらのメリットが本当にあるとしても、母乳育児が絶対である、ミルクでの育児は良くないという主旨では決してないこともご理解下さい。

 

どうしても母乳が出ない、量が不足するというママは、ミルク混合にするか、ミルクに切替えて赤ちゃんの健やかな成長を目指すべきです。

 

母乳に含まれる物質と授乳がもたらす母子の健康メリットの可能性

母乳が赤ちゃんを、抗菌・抗炎症物質、免疫物質で病気から守ってくれるというメリットは良く知られていますが、海外の研究ではさらなるメリットがある可能性が指摘されています。

 

ガン細胞に対する効果の可能性

ガン細胞効果について

ガン細胞への
効果について

スウェーデンの大学では、母乳に含まれる物質がガン細胞を無くす可能性を持っているという調査結果を発表しています。

 

母乳に含まれるタンパク質と母乳内の脂肪酸物質が、赤ちゃんの胃の中に母乳が入ることによって生成される物質がガン細胞を無くす効果を持つ可能性があると考えら、さらに引き続き研究と調査がなされているとしています。

 

またオーストラリアの大学では、母乳で育てた母親は、将来卵巣ガンになるリスクを、最大91%減らせる可能性があると発表しています。

 

13カ月以上授乳をしていた女性は、7カ月以下の女性に比べ、卵巣ガンになるリスクが63%減り、授乳期間が長くなればなるほどスクが減る可能性があるとしています。

 

肥満・高血圧防止効果の可能性

肥満と高血圧について

肥満と高血圧に
ついて

WHOは、母乳で育った赤ちゃんは、母乳育児ではない赤ちゃんより、将来太りにくくなる可能性があると指摘しています。

 

WHO健康開発栄養部門生命栄養グループの科学者は、母乳で育った子供はそうでない子供より、肥満になる確率が22%低くなると発表しています。

 

さらにオーストラリアの研究チームは、赤ちゃんを母乳で育てた母親は、その後に高血圧になるリスクが低下する可能性があるとしています。

 

子供の学力に関する可能性

学力向上について

学力向上について

オーストラリアで男女1038人を対象に行われた調査では、生後6ヶ月以上母乳で育てられた子供と、そうではない子供では、10歳の時点で学力に差が出るという報告がされています。

 

またイギリスの大学でも3年間の研究結果として、母乳の授乳期間が長いほど、子供の脳は大きく成長するという調査結果が発表されています。

 

母乳と学力に相関関係は認められるが読み聞かせの方が遥かに強い

しかし、母乳の授乳期間と、子供の学力に相関関係がある可能性が指摘される一方で、両親による幼児期の読み聞かせ時間と学力との相関の方が母乳よりも遥かに強いとも指摘されています。

 

母乳が子供に与える学力面でのメリットは無視出来ないかもしれませんが、しかし母乳での育児、ミルクでの育児うんぬんよりも、幼児期の子供に対する親の読み聞かせの方が、子供ののちの学力に与える効果の方が非常に大切であるといえるでしょう。

 

研究結果はあくまでもメリットとなる可能性です

繰り返しになりますが、こちらでご紹介した研究結果は、あくまでも母乳がもたらすメリットの可能性です。

 

決して確定的に証明されたものではありませんので参考程度として下さい。

 

海外のいろいろな研究機関が発表するメリット情報は、断定されたものではなく、また、こちらの記事「助産師の母乳不足へのアドバイス」にもありますが、私達は母乳育児でなければならないと主張するものでもありません。

 

ミルク育児にも、母乳育児にはないメリットはあります。

 

どうしても母乳が出ないママは、ミルクでの育児を前向きに考えて下さいね。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ