母乳育児でのビタミンK不足と赤ちゃんへの影響について

母乳はミルクに比べて、母子共に対して多くのメリットがあることから、完全母乳育児が最高の育児であると考えるママは多いようです。

 

確かに母乳は私達薬剤師の立場から言っても赤ちゃんにとって、ある一点だけを除けば、パーフェクトな食事といえます。

 

ある一点とは、母乳にはビタミンKが不足しているという点です。

 

 

赤ちゃんとビタミンKの役割

母乳に不足するビタミンK

母乳に不足する
ビタミンK

生後6か月までの赤ちゃんは、出血を抑える凝固因子をあまり多く持っていません。

 

さらに、母乳には凝固因子を作るために必要なビタミンKが不足しています。

 

その為、母乳だけで育てられる赤ちゃんには、出血がおきやすくなってしまうのです。

 

赤ちゃんのビタミンK不足で、生後まもなく発症しやすいのは、「新生児メレナ」という消化管からの出血です。

 

新生児メレナの症状による吐血、また下血は授乳やオムツ交換の際に気が付くことが多いとされています。

 

突発性ビタミンK欠乏性出血症の危険

ビタミンK不足の危険性

ビタミンK
不足の危険性

特に生後1か月の赤ちゃんは、突発性ビタミンK欠乏性出血症になりやすいので注意が必要です。

 

この突発性の出血症は、症例としては数千人に1人と非常に少ないですが、時には頭蓋内出血という症状も引き起こします。

 

やはり、母乳栄養の赤ちゃんになりやすいようです。

 

母乳栄養児はミルク栄養児の約14倍も突発性ビタミンK欠乏性出血症になりやすいと言われています。

 

また先天性胆道閉鎖症の赤ちゃんは、肝機能の異常、長期の抗生物資投与のため、さらにビタミンK不足に陥りやすと指摘されています。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ