母乳育児で赤ちゃんを健康に育てるには、ママの健康管理も大切です。

 

ママが健やかであることは母乳の出に大切なことです。

 

母子共に健やかに育児を楽しめるよう、薬剤師の立場から授乳中のママの健康に関するアドバイスをお伝えします。

母子共々健康なことが一番大切なことです

大多数の育児中のママが常に注意を払っているのは、赤ちゃんの健康状態でしょう。

 

自分の健康に関しては全く無関心で、いつも赤ちゃんの状態に神経を使うという状態は理解できますが、しかしママが健康を損なっては大切な赤ちゃんを健やかに育てることが難しくなってしまいます。

 

ママの健康に関するアドバイス、そして当サイトに記事を書いている私達からの最後のメッセージをお伝えします。

母乳育児とママの健康記事一覧

本カテゴリー「母乳育児とママの健康」の記事は、管理人の友人である薬剤師が書いています。出産を終えて数時間ごとの授乳を始め、まだ小さくて、か弱い赤ちゃんのために奮闘するママ。妊娠、出産と劇的な体の変化を経験したママの体も、赤ちゃん同様にケアをしてフォローしてあげなくてはいけません。授乳中のママの体調に関してのアドバイスを、女性薬剤師の立場からお伝えします。抜け毛が多い…ホルモンバランスの影響抜け毛と...

こちらの「母乳を作るプロラクチンは授乳回数に比例して増える」でお伝えしているように、授乳中のママの体内では、母乳を作るプロラクチンが沢山出ています。このホルモンは排卵を抑制する作用でもあるので、授乳中はまだ生理が戻っていないママが多いです。産後の生理不順と生理痛生理不順と生理痛それでも、授乳中に生理が来る女性もいます。ただ、まだまだホルモンバランスの乱れもあり、生理周期が乱れたり、ひどい生理痛に悩...

母乳育児を頑張っているママの自分のカラダの健康管理は、とても大切ですが、もしもママがインフルエンザにかかってしまったら、そのママが出す母乳は赤ちゃんにとって安全なのかどうか、授乳しても良いのか心配になるママが多いようです。インフルエンザにかかったママの母乳は安全?母乳は大丈夫医学的には、ママがインフルエンザにかかっても母乳は大丈夫とされています。現在のところ、母乳を介して赤ちゃんがインフルエンザに...

授乳中のママにとって、自分が服用した薬の成分が母乳に移ってしまうことは大きな心配事ですね。母乳育児中のママがインフルエンザにかかってしまった、またはかかった恐れがある際、ママが服用した抗インフルエンザの薬が母乳に移行するのではないか、母乳の中に薬の成分が入ってしまうのでは、と心配されるママもみえます。しかし抗インフルエンザ薬が母乳に移行する量は、ほんの僅かと考えられています。医療関係者は、たとえ授...

出産後に母乳が出ないという場合でも、薬を使って治療しなくてはいけない重いケースは滅多にありません。当サイトの冒頭にもありますが、どんな対策を施しても出産後に全く母乳が出ない女性は、2万人に1人程度とされており、大多数の人は解決策で母乳の出は改善されるとされています。どうしても母乳が出ない際のドグマチールとプリンぺラン母乳の出をよくする基本は、早期に授乳を開始すること母乳を与える回数を増やすこと母乳...

母乳が出ない、母乳がタップリ出る、不足している、足りている…赤ちゃんの育児は母乳だけで育てる完母が良いのか、ミルクのみでの育児は良くないのか、はたまた母乳とミルクの混合が良いのか…最も大切なのは健やかな赤ちゃんの成長と健やかなママの育児母乳育児と言っても完母やミルク混合、さらには母乳のメリットやミルクのメリットなど、さまざまな考えがあり、特に初産の新米のママは迷ってしまい、悩み、その精神的な負担が...

授乳期の育児… 母乳育児にしろミルク育児にしろ、赤ちゃんだった子供も成長し、授乳が終わってしまうと、赤ちゃんだった子供が母乳を飲んでいた頃を懐かしく、そして愛おしく感じるものです…愛があれば大丈夫です!愛があれば大丈夫!母乳が出ない、母乳が不足している、ミルクもなかなか飲んでくれない…このままでは、赤ちゃんが元気に育ってくれないのでは…病気がちな子供になってしまうのでは…子供を愛するママなら、誰で...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ