母乳育児に必需のベストな哺乳瓶を用意し出産に備える

出産前の準備として哺乳瓶を購入する方は多いと思います。

 

私も例に漏れず「たとえ“母乳育児で完母で育てられたとしても”哺乳瓶は手元にあった方が便利だろうな」と思い、購入を検討していました。

 

 

母乳育児での必需品といえる哺乳瓶

母乳育児に必需の哺乳瓶

母乳育児に必需の哺乳瓶

最近では、“パパチチ”とネーミングされて啓蒙活動もされてきているように、私も搾乳した母乳を哺乳瓶に入れてパパに授乳を手伝ってもらいたいと考えていました。

 

また産後に知ったのですが最近では1ヶ月検診の後に、K2シロップを自宅で飲ませなくてはいけないこともあるようなので、哺乳瓶1本は必ず母乳育児で必要になるアイテムと言えます。

 

そして色々な先輩ママのお話や、体験談、口コミなどを拝見していくなかで、私が最終的に購入を決めた哺乳瓶と、実際に使ってみて特にオススメだなと感じた哺乳瓶についてご紹介したいと思います。

 

ベストな哺乳瓶を選びたい!

まず、私が哺乳瓶を購入する際にこだわったポイントは、

  • 乳頭混乱を起こしにくいものであること
  • 赤ちゃんが飲みやすくトラブルを起こしにくいものであること

という点でした。

 

そのポイントに重点を置いて早速情報収集をしていて、まずそのポイントをクリアしたのが母乳相談室の哺乳瓶でした。

 

この哺乳瓶は、新生児期から使用しても乳頭混乱が起こりにくいという専門家からのお墨付きと、実際に使ってみた先輩ママ達の感想もとても良かったので即決でした。

 

先輩ママから勧められた哺乳瓶

Bettaのドクターベッタ哺乳瓶

Bettaのドクターベッタ哺乳瓶

その後もう1つ、新生児期から月齢が進んでも使えて、赤ちゃんが飲みやすい哺乳瓶は無いかなと情報収集をしていたところ、私が絶大な信頼を寄せるこのサイトの先輩ママさんから、

 

「小児科医が考案した、赤ちゃんの頭を起こしてミルクが飲めて、助産師考案の“ママの乳首に近い”ブレイン乳首という形状の乳首を採用している哺乳瓶があるよ!赤ちゃんの飲みやすさや、哺乳瓶授乳で起こりうるトラブルが防げるから本当にオススメだよ」

 

と、教えてもらいました。

 

それが、Bettaのドクターベッタ哺乳瓶でした。

 

ベッタ ベビーストア

 

確かに私も、母乳にしてもミルクにしても、授乳の際に赤ちゃんを真横に抱いたり、頭が後ろに反ってしまうことについて、食道ではなく気管の方に間違って入ってしまう誤嚥になってしまわないのかという心配はありました。

 

しかも、今回このベッタの哺乳瓶を教えて貰ってから知ったのですが、従来の授乳の姿勢では耳管にもミルクが流れ込む危険があり、頭位性中耳炎を起こしやすくなるという問題点もあるということなのです。

 

早速、出産前の準備としてベッタの哺乳瓶で「ドクターベッタ哺乳びん ジュエル S2M-120ml」を購入しました。

 

次ページで、ベッタ哺乳瓶を使ってみた実際の感想などをお伝えします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ