機能と安全性が高く腰痛持ちにも好評な先輩ママから勧められた抱っこひも

私は妊娠する前から、自分に子供が出来て抱っこひもが使えるようになったら、抱っこひもで赤ちゃんと一緒にたくさんお散歩をしたいと思っていました。

 

また、保育園で看護師として0歳児のお世話をしていた経験から、母乳育児中に家事や用事をする時にも抱っこひもがあった方が絶対に便利だと確信していたので、妊娠中から何か良い抱っこひもはないかと、色々な商品を見たり試着したりしていました。

 

 

お手頃価格で機能充実し安全性が高い抱っこひもを

先輩ママ推薦のnapnap抱っこひも

先輩ママ推薦のnapnap抱っこひも

先輩ママ推薦のnapnap抱っこひも先輩ママ推薦のnapnap抱っこひも

 

その中で感じたことは、一口に抱っこひもといっても

  • 値段もそれなりにする芸能人が使っているようなブランドのもの
  • お手頃なベビー用品店などで購入てきるオリジナルブランドのようなプチプラなもの

の「二極化」がされているなということでした。

 

妊娠をしてからというもの、以前よりもママ芸能人のネット上のブログなどを頻繁に見るようになったのですが、 抱っこひもについての感想や“使い方”にも注意をして情報収集をしていました。

 

すると、状況に合わせて使い分けているというようなものをよく見かけていたので、“ハイブランドの商品に高いお金をかけて失敗したくない!”と感じるようになり、一体どんな抱っこひもを買おうかとても悩んでいたのです。

 

そんな時、先輩ママから「いろいろなメーカーの商品があるけど、抱っこひもの基本的な機能なんてほぼどこのメーカーも同じだよ。それなら、お手頃な価格で機能も充実した安全性も保証できる良い抱っこひもを選ぶべき!母乳育児中にお勧めはコレ!」と、ある抱っこひもを教えてもらいました。

 

ハイブランドの半額程のお値段のnapnap抱っこひも

それが、napnapの抱っこひもです。

 

napnap(ナップナップ)抱っこひも

 

napnapの抱っこひもは、整体師や保育のプロである保育士、そして子育て中のママ達によって協同開発された商品で、3点ウエストバックルを始めとした安全面にも配慮されたSGマーク付の安心・安全設計の抱っこひもということでした。

 

先輩ママから、このnapnapの抱っこひものお話を聞いて、それらの特徴もかなりの魅力ではあったのですが、何より一番私の心を掴んだポイントはお値段が他のハイブランドな抱っこひも商品の約半額程のお値段で購入できるという点でした。

 

フードや小物を入れられるポケットといった、細かな所にも満足できる気遣いの設計がされているにも関わらず、高過ぎない価格設定で手をだしやすいと思えるところもいいなと思い、迷わずこの抱っこひもを選ぶことにしました。

 

napnap抱っこひも+新生児パットを使ってみて

napnap抱っこひもを付けた私 自撮りです

napnap抱っこひもを付けた私
自撮りです

napnapの抱っこひもでは、別売りの新生児パットを使用することで、首座り前の赤ちゃんであっても安心して抱っこをすることが出来ます。

 

息子が2ヶ月を過ぎたあたりから、母乳が欲しい時以外でも、かまって欲しかったり寂しくなったりすると大きな声で泣いて呼ぶようになってしまい、家事が思うように進まず困ることが出てきたので、私も早速新生児パットをゲットし抱っこひもに装着してみました。

 

実際に使ってみてまず感じた事は、本体の腰部分のベルトや新生児用パッドの股部分がすごくしっかりしているので、とても安心感があるなということでした。

 

また、腰部分のベルトの幅がとても広くてしっかりしていてさらに固定板のようなものも入っているようで、かなり安定して赤ちゃんを支えられ体にも負担が少ないなと感じました。

 

パパ用で持っておくのもお勧め

このnapnap抱っこひもは、全体的にしっかりガッチリしていると思うので、すでに他の抱っこひもを持っているという方もパパ用として持っておくのもいいなと思います。

 

母乳育児では、周囲の人の協力やサポートが非常にありがたいものですから、パパ用やおばあちゃん用に、もう1つ抱っこひもを持っておくと便利ですよね。

 

すでに抱っこひもが一つある場合、買い足すとなるとその際どうしても気になってくるのが価格だと思うのですが、このnapnapの抱っこひもは他の人気の高い有名ブランドの抱っこひものように簡単には手が出せないような価格ではなく、「もう一つあると便利かな」と思ったときに気軽に買おうと思える価格設定となっているところも、とても魅力的なポイントだといえるでしょう。

 

しかも、価格がお手頃だからクオリティもプチプラなのかというと全くそんなことはなく、「むしろこんなにしっかりガッチリしているのにあの有名なブランドの抱っこひもくらいの値段しなくていいのかな?!」とこちらが心配になってしまうくらいだから本当に有難いと思いました。

 

家事がはかどるnapnap抱っこひも+新生児パット

とても便利なnapnap抱っこひもの新生児パット

とても便利なnapnap抱っこひもの新生児パット

とても便利なnapnap抱っこひもの新生児パット

とても便利なnapnap抱っこひもの新生児パット

 

先輩ママに勧められたnapnap抱っこひもと新生児パットの組み合わせは、家事がはかどり、そのお陰で産後ダイエットにも成功しました。腰痛もちの母にも腰の負担がなくて好評で、母乳育児に便利な小物入れなどの機能も充実しています。

 

抱っこひも本体に新生児パットをセットして、いよいよ実際にnapnap抱っこひもで赤ちゃんを抱っこした感想をお伝えします。

 

お伝えしたように、napnap抱っこひもの新生児パットは体部分と股部分をスナップでしっかりと固定でき、頭部分もクッションでしっかり固定されるので、まだ完全に首の座っていない不安定な赤ちゃんを抱っこするときも全然怖くないのがとても有り難かったです。

 

月齢が進むにつれて、授乳時以外でも家事をしようとすると泣いて呼ばれることも増えていったので、抱っこひもで抱っこしたまま掃除機をかけたり洗濯物を干したりという用事を済ませることができたり、用事をしているといつの間にか眠ってくれていたので、新生児期に使える抱っこひもを購入して本当に良かったと思いました。

 

しかも、赤ちゃんがグラグラしないかとか、抱っこしたままだと腰が痛くならないかといった心配も事前にあったのですが、それらの心配をすっかり忘れさせてくれるくらいしっかりした抱っこひもに出会い、納得の価格で手に入れられたのは本当に嬉しかったです。

 

またまた、この商品を教えてくれた母乳育児の先輩ママには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

napnap抱っこひもで産後ダイエットにも成功

赤ちゃんを抱っこしたまま家事をするとなると、普段のように頭を下げて屈んだり出来ないし、他にも普段と同じように動いて家事をするということが出来ない部分もあるので不便に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、息子を抱っこしながら家事をしていると息子を気遣いながら動かざるを得ないので、しゃがむときもスクワットのようにゆっくりしっかりと動くことが多くなったので、知らず知らずのうちに産後ダイエットが出来ているなと少しラッキーな気持ちになりました。

 

そのおかげか出産後は、まだまだ+6キロあった体重も、3ヶ月経った今では妊娠前より減ったので、棚からぼた餅な気分で喜んでいます。

 

現在生後4ヶ月目前で、首も完全には座っていない息子との毎日ですが、新生児パットのおかげで最近は短時間のお散歩や近場でのお買い物も楽しめるようになりました。

 

腰痛持ちの祖母にも腰に負担がなく好評

私の実母、つまり息子の祖母「ばぁば」にも、この抱っこひもを使ってもらいましたが、腰をしっかり支えてくれているので腰痛持ちでも全然腰に負担を感じることなく、とても楽チンで有難いと言っていました。

 

息子をたくさん抱っこしたいけど、お腰と体力の限界でなかなか長い時間抱っこできなかった「ばぁば」ですが、この抱っこひものおかげでこの前少し長目のお散歩も楽しむことが出来ました。

 

息子は、「ばぁば」とお母さんの抱っこで、ずっと気持ち良さそうにスヤスヤ眠っていました。

 

便利な小物入れなどの機能も充実

また、この抱っこひもには外側に小物が入れられるファスナーや、背中にあたる部分をメッシュに切り替えられるという機能もあるのですが、この頃の暑い時期にはそこに保冷剤を入れて涼を取ることもできます。

 

赤ちゃんって、驚く程汗っかきですよね。

 

息子も例に漏れずかなりの汗っかきで、特に新生児パットをつけるとさらに布が厚くなってしまうので、気温の高い日や長い時間使用していると汗をかいています。

 

そこで、凍らせた保冷剤をビニール袋などに入れてからポケットに入れておくと、暑さも幾分マシになっていました。

 

背部の小物入れには、母乳育児に欠かせないベッタの哺乳瓶も母乳相談室の哺乳瓶も入ります。

 

お散歩の時には麦茶を入れた哺乳瓶を入れておいて、赤ちゃんの水分補給をするにも最適です。

 

小物入れだけでなく、色々な使い方ができる機能が充実しているのも、この抱っこひもの魅力的なポイントだと思います。

 

そんな息子は、最近はうつ伏せにするとだいぶ長い時間頭をあげてニコニコするようになりました。

 

1ヶ月以上お世話になった新生児パットですが、次はパット無しで抱っこやおんぶデビューを出来る日が今から楽しみで仕方ないです。

 

napnap(ナップナップ)抱っこひも

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ