napnap抱っこひもとベッタの哺乳瓶で母乳を吐かなくなった

私は妊娠する前から、自分に子供が出来て抱っこひもが使えるようになったら、抱っこひもで赤ちゃんと一緒にたくさんお散歩をしたいと思っていました。

 

先輩ママお勧めのnapnap抱っこひもと新生児パットを購入。非常に素晴らしい抱っこひもで大正解でした。

 

 

機能と安全性で家事やダイエットにも一役の抱っこひも

私は、保育園で看護師として0歳児のお世話をしていた経験から、母乳育児中に家事や用事をする時にも抱っこひもがあった方が絶対に便利だと確信していました。

 

妊娠中から何か良い抱っこひもはないかと、色々な商品を見たり試着したりしていました。

 

お手頃価格で機能充実し安全性が高い抱っこひもを

先輩ママ推薦のnapnap抱っこひも

先輩ママ推薦のnapnap抱っこひも

先輩ママ推薦のnapnap抱っこひも先輩ママ推薦のnapnap抱っこひも

 

その中で感じたことは、一口に抱っこひもといっても

  • 値段もそれなりにする芸能人が使っているようなブランドのもの
  • お手頃なベビー用品店などで購入てきるオリジナルブランドのようなプチプラなもの

の「二極化」がされているなということでした。

 

妊娠をしてからというもの、以前よりもママ芸能人のネット上のブログなどを頻繁に見るようになったのですが、 抱っこひもについての感想や“使い方”にも注意をして情報収集をしていました。

 

すると、状況に合わせて使い分けているというようなものをよく見かけていたので、“ハイブランドの商品に高いお金をかけて失敗したくない!”と感じるようになり、一体どんな抱っこひもを買おうかとても悩んでいたのです。

 

そんな時、先輩ママから「いろいろなメーカーの商品があるけど、抱っこひもの基本的な機能なんてほぼどこのメーカーも同じだよ。それなら、お手頃な価格で機能も充実した安全性も保証できる良い抱っこひもを選ぶべき!母乳育児中にお勧めはコレ!」と、ある抱っこひもを教えてもらいました。

 

ハイブランドの半額程のお値段の抱っこひも

それが、napnapの抱っこひもです。

 

napnap(ナップナップ)抱っこひも

 

napnapの抱っこひもは、整体師や保育のプロである保育士、そして子育て中のママ達によって協同開発された商品で、3点ウエストバックルを始めとした安全面にも配慮されたSGマーク付の安心・安全設計の抱っこひもということでした。

 

先輩ママから、このnapnapの抱っこひものお話を聞いて、それらの特徴もかなりの魅力ではあったのですが、何より一番私の心を掴んだポイントはお値段が他のハイブランドな抱っこひも商品の約半額程のお値段で購入できるという点でした。

 

フードや小物を入れられるポケットといった、細かな所にも満足できる気遣いの設計がされているにも関わらず、高過ぎない価格設定で手をだしやすいと思えるところもいいなと思い、迷わずこの抱っこひもを選ぶことにしました。

 

napnap(ナップナップ)抱っこひも公式サイト
安心・安全設計で、整体師・プロ保育士・子育て中のママが一緒になって作った商品「napnap」。どこの抱っこひもよりも楽にお子様の子育てが可能な商品です。パパさん、ママさんさんに自信を持ってオススメ出来る商品です。出典:株式会社ナップナップ

 

napnap抱っこひも+新生児パットを使ってみて

napnap抱っこひもを付けた私 自撮りです

napnap抱っこひもを付けた私
自撮りです

napnapの抱っこひもでは、別売りの新生児パットを使用することで、首座り前の赤ちゃんであっても安心して抱っこをすることが出来ます。

 

息子が2ヶ月を過ぎたあたりから、母乳が欲しい時以外でも、かまって欲しかったり寂しくなったりすると大きな声で泣いて呼ぶようになってしまい、家事が思うように進まず困ることが出てきたので、私も早速新生児パットをゲットし抱っこひもに装着してみました。

 

実際に使ってみてまず感じた事は、本体の腰部分のベルトや新生児用パッドの股部分がすごくしっかりしているので、とても安心感があるなということでした。

 

また、腰部分のベルトの幅がとても広くてしっかりしていてさらに固定板のようなものも入っているようで、かなり安定して赤ちゃんを支えられ体にも負担が少ないなと感じました。

 

パパ用で持っておくのもお勧め

このnapnap抱っこひもは、全体的にしっかりガッチリしていると思うので、すでに他の抱っこひもを持っているという方もパパ用として持っておくのもいいなと思います。

 

母乳育児では、周囲の人の協力やサポートが非常にありがたいものですから、パパ用やおばあちゃん用に、もう1つ抱っこひもを持っておくと便利ですよね。

 

すでに抱っこひもが一つある場合、買い足すとなるとその際どうしても気になってくるのが価格だと思うのですが、このnapnapの抱っこひもは他の人気の高い有名ブランドの抱っこひものように簡単には手が出せないような価格ではなく、「もう一つあると便利かな」と思ったときに気軽に買おうと思える価格設定となっているところも、とても魅力的なポイントだといえるでしょう。

 

しかも、価格がお手頃だからクオリティもプチプラなのかというと全くそんなことはなく、「むしろこんなにしっかりガッチリしているのにあの有名なブランドの抱っこひもくらいの値段しなくていいのかな?!」とこちらが心配になってしまうくらいだから本当に有難いと思いました。

 

家事がはかどるnapnap抱っこひも+新生児パット

とても便利なnapnap抱っこひもの新生児パット

とても便利なnapnap抱っこひもの新生児パット

とても便利なnapnap抱っこひもの新生児パット

とても便利なnapnap抱っこひもの新生児パット

 

先輩ママに勧められたnapnap抱っこひもと新生児パットの組み合わせは、家事がはかどり、そのお陰で産後ダイエットにも成功しました。腰痛もちの母にも腰の負担がなくて好評で、母乳育児に便利な小物入れなどの機能も充実しています。

 

抱っこひも本体に新生児パットをセットして、いよいよ実際にnapnap抱っこひもで赤ちゃんを抱っこした感想をお伝えします。

 

超便利な新生児パット

お伝えしたように、napnap抱っこひもの新生児パットは体部分と股部分をスナップでしっかりと固定でき、頭部分もクッションでしっかり固定されるので、まだ完全に首の座っていない不安定な赤ちゃんを抱っこするときも全然怖くないのがとても有り難かったです。

 

月齢が進むにつれて、授乳時以外でも家事をしようとすると泣いて呼ばれることも増えていったので、抱っこひもで抱っこしたまま掃除機をかけたり洗濯物を干したりという用事を済ませることができたりしました。

 

用事をしているといつの間にか眠ってくれていたので、新生児期に使える抱っこひもを購入して本当に良かったと思いました。

 

しかも、赤ちゃんがグラグラしないかとか、抱っこしたままだと腰が痛くならないかといった心配も事前にあったのですが、それらの心配をすっかり忘れさせてくれるくらいしっかりした抱っこひもに出会い、納得の価格で手に入れられたのは本当に嬉しかったです。

 

またまた、この商品を教えてくれた母乳育児の先輩ママには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

napnap抱っこひもで産後ダイエットにも成功

赤ちゃんを抱っこしたまま家事をするとなると、普段のように頭を下げて屈んだり出来ないし、他にも普段と同じように動いて家事をするということが出来ない部分もあるので不便に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、息子を抱っこしながら家事をしていると息子を気遣いながら動かざるを得ないので、しゃがむときもスクワットのようにゆっくりしっかりと動くことが多くなったので、知らず知らずのうちに産後ダイエットが出来ているなと少しラッキーな気持ちになりました。

 

そのおかげか出産後は、まだまだ+6キロあった体重も、3ヶ月経った今では妊娠前より減ったので、棚からぼた餅な気分で喜んでいます。

 

現在生後4ヶ月目前で、首も完全には座っていない息子との毎日ですが、新生児パットのおかげで最近は短時間のお散歩や近場でのお買い物も楽しめるようになりました。

 

腰痛持ちの祖母にも腰に負担がなく好評

私の実母、つまり息子の祖母「ばぁば」にも、この抱っこひもを使ってもらいましたが、腰をしっかり支えてくれているので腰痛持ちでも全然腰に負担を感じることなく、とても楽チンで有難いと言っていました。

 

息子をたくさん抱っこしたいけど、お腰と体力の限界でなかなか長い時間抱っこできなかった「ばぁば」ですが、この抱っこひものおかげでこの前少し長目のお散歩も楽しむことが出来ました。

 

息子は、「ばぁば」とお母さんの抱っこで、ずっと気持ち良さそうにスヤスヤ眠っていました。

 

便利な小物入れなどの機能も充実

また、この抱っこひもには外側に小物が入れられるファスナーや、背中にあたる部分をメッシュに切り替えられるという機能もあるのですが、この頃の暑い時期にはそこに保冷剤を入れて涼を取ることもできます。

 

赤ちゃんって、驚く程汗っかきですよね。

 

息子も例に漏れずかなりの汗っかきで、特に新生児パットをつけるとさらに布が厚くなってしまうので、気温の高い日や長い時間使用していると汗をかいています。

 

そこで、凍らせた保冷剤をビニール袋などに入れてからポケットに入れておくと、暑さも幾分マシになっていました。

 

背部の小物入れには、母乳育児に欠かせないベッタの哺乳瓶も母乳相談室の哺乳瓶も入ります。

 

お散歩の時には麦茶を入れた哺乳瓶を入れておいて、赤ちゃんの水分補給をするにも最適です。

 

小物入れだけでなく、色々な使い方ができる機能が充実しているのも、この抱っこひもの魅力的なポイントだと思います。

 

そんな息子は、最近はうつ伏せにするとだいぶ長い時間頭をあげてニコニコするようになりました。

 

1ヶ月以上お世話になった新生児パットですが、次はパット無しで抱っこやおんぶデビューを出来る日が今から楽しみで仕方ないです。

 

私の母乳育児の夢を叶えてくれた100点満点の理想の抱っこひも

napnapの抱っこひもは、赤ちゃんをシッカリ固定する安全で安心なバックル、夏の暑い季節でも赤ちゃんが涼しく眠れる背中部メッシュや日よけ、豊富で便利な小物入れなど100点満点の抱っこひもです。

 

首が座る前の新生児パットを使用し、その後数ヶ月が経ち、我家の息子もすっかりと首が座ってすくすくと成長し、今や体重も9kgとなった最近の抱っこひもの使い勝手について、その使用感をお伝えさせて頂きたいと思います。

 

赤ちゃんと抱っこひもで散歩するのが夢だった私

私は赤ちゃんが生まれてからの母乳育児への憧れの一つとして、“抱っこひもで赤ちゃんとたくさんお散歩をする”という夢がありました。

 

そのため、まだまだ息子の首も座らない生後1ヶ月を過ぎた頃から、春先になって気候が気持ちよくなったこともあって、度々短時間のお散歩に出かけたりしていました。

 

それは息子の月齢が上がってきても同じで、むしろ首も座って「アーアー」と私にお話してくれるようになった息子に、話しかけながらお散歩することが、夢のような時間で楽しくて仕方ありませんでした。

 

生後7ヶ月となった時点でも、少しの買い物くらいの用事ならばnapnapの抱っこひもで息子を抱っこして、日々季節の移ろいとともに変わってゆく街の景色を息子と楽しみながらお散歩を楽しんでいます。

 

母乳で育てて赤ちゃんと一緒に散歩を楽しむ…私の夢が叶ったのです。

 

大正解だった勧められた抱っこひも

napnapの抱っこひも

今回私が、息子の育児を行う中で先輩ママから教えてもらって数多くある抱っこひもの中から選んだのが、napnapの抱っこひもでした。

 

この抱っこひもは、整体師や保育士、そして現役のママ達の声を元に作られた、とっても実用的な即戦力のある抱っこひもです。

 

こだわられている部分はいくつかあるのですが、それらはやはり首座り以降で、特にその使い勝手の良さを実感できる部分も多く、新生児期にも、たくさんのこだわりに驚きと納得がありました。

 

首座り以降で、さらには暑い夏場という特殊な環境となって、よりこのnapnapの抱っこひもの素晴らしさを実感できたのでご紹介させて頂きたいと思います。

 

赤ちゃんをシッカリと固定してくれ安全で安心な3点バックル

安全で安心なバックル機構

安全で安心なバックル機構

まずは、赤ちゃんを抱き上げる前に抱っこひもにしっかりと固定しておくnapnap抱っこひもの3点バックルです。

 

新生児パットを使用しているときはパットに固定バックルが付いていましたが、パットがなくなると抱っこひもに付いているバックルで固定します。

 

足部分のバックルだけでなく、ウエスト部分もさらに固定ができるので万が一の滑り落ちも防止できるのでかなり安心感が持てました。

 

また細かい部分ではありますが、足から肩紐に向かって固定するバックルについて、差し込みの部分が左右で凹凸が反対になっている所も、かなりの危険予測が為されていて細部にまで配慮がされているなと感心した所でした。

 

このため、おんぶをして家事をする際にも、多少普通にかがんで物を取る程度なら息子を気にせず普段通りに動くことができるので、とてもスムーズに家事が済ませられてとても助かりました。

 

また、おんぶで背中に背負い込むときも、バックルでしっかり固定されているという安心感があるので怖さが軽減されるし、背負いやすいなと感じました。

 

赤ちゃんが涼しく眠れる背中部のメッシュ

背中部のメッシュ

背中部のメッシュ

続いては、新生児期には分厚いパットの為にその恩恵を受けられずにいた、抱っこひもの背部のメッシュに切り替えられるチャック部分についてです。

 

秋になりだいぶ涼しくなってきましたが、真夏の暑い毎日、お散歩中もすぐに背中に熱を持って汗だくにしまう息子は、チャックをあけてメッシュに切り替えられることで背中の風通しがよくなってお散歩中もとても気持ち良さそうにしていました。

 

お陰で、お散歩に出たら毎回必ず途中でぐっすり眠っていました。ぐっすり眠ったお陰か、いつもお散歩から家に帰ると私のおっぱいから母乳を力強く飲んでくれました。良いことづくめです。

 

夏の暑い時期、赤ちゃんは着替えの回数もかなり増えてしまいますが、お散歩に出ても汗だくにならないため、日中の着替えの回数を減らせたのがとても有難かったです。

 

また、頭部分にカバーも付いているので、お散歩の時の日よけとして使えたり、眠ってしまったときの首カックン防止に使えるのは本当に便利だなと思いました。

 

日よけになるメッシュフード

日よけになるメッシュフード

抱っこで買い物や銀行などの用事を済ませているとき、声をかけて下さった方達が「あ!これで、頭を覆えるんですね。とても良いですね!」と何度言って下さったかわかりません。

 

息子も、このカバーが無いと頭が後ろに傾いてしまうので、これがあることで随分楽にお昼寝出来ていたのではないかと思います。

 

さすが、ママ達の声から作られた抱っこひもというだけあって痒いところに手が届く、本当に子育てのお助けツールになる抱っこひもだなと、首すわり後更に実感しました。

 

相変わらず、背中部分にある小物入れ部分にはお散歩の際には保冷剤を入れたり、真夏の日中には水分補給のための麦茶入りの哺乳瓶を入れたりとたくさん活用しました。

 

素晴らしい機能満載で100点満点の抱っこひも

使えば使う程、この抱っこひもの機能の素晴らしさや開発段階の配慮を実感でき、実際にそれらが日々の中でしっかり役に立ってくれるnapnapの抱っこひも、100点満点の抱っこひもです。

 

まだどこのメーカーにするか悩んでいる方や、普段使いの安心安全なセカンド抱っこひもをお探しの方には本当にオススメの抱っこひもだと思います。

 

母乳を吐くことも防止できた超お勧めの抱っこひも

私の息子は生後4ヶ月で胃腸炎になり、母乳を飲んでも直後に全部吐いてしまいましたが、napnapの抱っこひもで縦抱きの状態で授乳したり水分を取ると吐くことがなくなり非常に助かりました。

 

赤ちゃんのしっかりとした固定を実現しながらも、かといって赤ちゃんが窮屈そう、苦しそうになるくらいの固定力というわけではなく、適度なゆとりを感じられる、なんとも絶妙な安定感がこの抱っこひもの魅力だなと感じています。

 

赤ちゃんを固定し過ぎると母乳の吐き戻しの誘発に

napnapの抱っこひも

赤ちゃんが窮屈になってしまうくらいのホールド力だと、お腹がポッコリ出ていることの多い赤ちゃんですから、母乳を飲んだりしたあとには、抱っこひもによっては母乳の吐き戻しの誘発になってしまうこともあると思います。

 

しかし、この抱っこひもをママと赤ちゃんの体型にしっかり合わせた調節をして使用することで、赤ちゃんのお腹回りにもゆとりを確保しながら使用することができました。

 

このため、私はこの抱っこひもで息子を抱っこしながらベッタの哺乳瓶を使って水分補給が出来ていました。

 

胃腸炎の息子が吐かなくなった抱っこひもでの授乳

息子が生後4ヶ月のあるとき、胃腸炎にかかってしまい母乳を飲んでも授乳直後に全部吐いてしまって、なかなか水分補給が出来ないことがありました。

 

長い時間水分補給が出来ないのは非常に困りましたし、具合も悪いので息子もずっとぐずぐず言っていて、なかなか大変な産後初の試練とも言える期間でした

 

しかし、具合の悪い息子でも難なく抱っこし続けていられる機能性抜群のこのnapnapの抱っこひもがあったので、日中はずっと抱っこひもで抱っこをして過ごすことが出来たのです。

 

そして、抱っこひもで抱っこをしたまま、ベッタの哺乳瓶に搾乳した母乳や麦茶などを入れて、少しずつこまめに水分補給をさせました。

 

横抱き等抱っこの状態だと、変にお腹を押してしまったり何か都合が良くなかったのか、すぐに母乳を吐いて戻していた息子でしたが、抱っこひもで縦抱きの状態で母乳や水分を取ると、吐くことなく飲めていました。

 

ベッタの哺乳瓶

ベッタの哺乳瓶

また、ベッタの哺乳瓶は他の哺乳瓶とは形が違い空気が入りにくく、縦抱きのような姿勢でも難なく飲める形状だったので、あって本当に良かったと思いました。

 

生後7ヶ月を迎えた現在も、昼間のお散歩の際には外で抱っこしたまま水分補給が出来ています。

 

ベッタ ベビーストア

 

持ち運びも便利で超お勧めのnapnap抱っこひも

ちなみに、息子は6ヶ月の頃には体重が7kgを超えて、抱っこひもを使うと太ももにくっきりと跡が付いてしまうようになりました。

 

息子には抱っこひもが合っていないのかと思い先輩ママ達に相談すると、体重がある赤ちゃんはどの抱っこひもを使ってもそうなってしまうらしく、皆さん足の部分にタオルを当てたりして対策しているということでした。

 

ウェストポーチのように収納

ウェストポーチのように収納

なので、息子もそれくらいからバックルで止める前に座布団のように足部分にタオルを当ててからバックルで固定するようにしたところ、赤い跡になることが軽減したので、もしお悩みの方がいらっしゃったら是非やってみて下さい。

 

ショッピングモール等に買い物に行く際にも、私はベビーカーより抱っこひもを持っていくことが多いのですが、このnapnapの抱っこひもは小さくコンパクトに折り畳める上に持ち運びに便利な袋も付いていたので、そちらを使って簡単に持ち運べるのもとても嬉しかったです。

 

napnap抱っこひも、母乳育児に超お勧めです!

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ