年子だからこそ楽しめる母乳育児のひとつであるタンデム授乳

年子や双子、三つ子、四つ子の多胎児へのタンデム授乳による母乳育児に関して、ミルク併用や搾乳について助産師がお伝えします。

 

 

年子への母乳育児

2人目を中心にタンデム授乳を

2人目を中心に
タンデム授乳を

年子のママは2人目の妊娠中から、授乳に関するジレンマを抱えていた人も少なくないと思います。

 

本当は母乳で育てたかったけれど、医師に止められてミルクに変えた人もいますよね。

 

1人目の母乳育児再開

妊娠中に上の子に対して母乳育児を続けると、その刺激で子宮を収縮させてしまうため、一時的に母乳からミルクに移行したママもいると思います。

 

一度、ミルクにしてしまうと母乳に戻るのが大変というイメージもありますが、実は、2人目の出産後、母乳を卒業した1人目の子が再び母乳を欲しがることは、よくあります。

 

ママに、単にかまってもらいたいというケースもあります。

 

離乳食から母乳に戻る可能性がある1人目

どんなに早く2人目を妊娠しても出産後には1人目の子の離乳食が始まっているかと思います。

 

すでに主食が母乳からご飯に代わっている子もいますから、母乳の必要度は少しずつ下がってきているはずです。

 

とはいえ、すでに大きくなった子に再度母乳を与えることになると、かなりの量を飲むことになるので、ママの工夫が必要になります。

 

2人目でも初乳は出ます

初乳はちゃんと出ます

初乳はちゃんと出ます

つい最近まで1人目の子に母乳を与えていたママの中には、2人目の出産後にまた初乳がきちんと出るのかと疑問に思っている方もいるようですが、どうぞ安心して下さい。

 

2人目以降でも、出産後にはちゃんと初乳が出ますよ。

 

2人目の母乳開始とタンデム授乳

タンデムという言葉は、2つ以上のものが同じ行動をするときなどに用いられます。このことから、2人以上の子供に並行して授乳することを、タンデム授乳と言います。

 

2人目の授乳が終わってから1人目に

2人の子に授乳するタンデム授乳は、母乳の味や子供の影響より、ママのメンタル面と体力面の方が心配なくらいです。

 

1人目の子がママのおっぱいを独り占めしようとしたり、2人目の子がお腹を空かせて泣いたり、色々な問題が起こります。

 

基本的には、2人目の授乳が終わってから1人目にあげるようにして下さいね。

 

1人目が母乳を欲しがることに嫌悪感を感じることも

またママによっては、2人目の出産によって、1人目の子がおっぱいを欲しがることに嫌悪感を抱くこともあります。

 

自ら抱っこして母乳を与えようという意志を持って授乳をする下の子と、勝手に母乳を飲みにくる上の子に対してでは、異なる感情を抱くかと思います。

 

多くのママは、母乳を飲みたがる上の子に対して、「あなたへの授乳は下の子の授乳が済んでから」と言い聞かせているようですが、上の子に伝わるわけもなく苦戦しているようです。

 

でも、このママが感じる嫌悪感は、小さい子を守ろうとする本能なので、あまり心配はしないで下さいね。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ