準備を理解したら次は母乳を多く出すための具体的な解決策を

次は母乳不足対策を

母乳を出すための準備の大切さを理解したら、次は実際に母乳を多く出すための解決策です。私が実施した具体的な対策として、水分の多めの補給、便秘・寝不足解消、ご主人・家族の協力の必要性をお伝えします。積極的に対策をうちましょう!

次は母乳不足対策を 記事一覧

水をよく飲むことが母乳不足対策の基本

水をよく飲む

母乳の殆どは水分です。ベテラン助産婦の方は、授乳時のママは「飲む水は多ければ多いほど良い。」とアドバイスをしてくれました。母乳の出を良くするには、1日最低3リットル、夏場は5リットルの水分をとるようにしましょう。

≫続きを読む

 

便秘解消は母乳不足対策に大切

便秘解消

母乳の出に大きく影響を及ぼすだけではなく、カラダ全体に色々と悪い影響を及ぼす便秘、水分不足。ママの体に悪い影響を与えるものを排除、解消をし、体調を整え母乳分泌の改善を目指しましょう。

≫続きを読む

 

睡眠不足も母乳不足や健康に悪影響を

睡眠不足

睡眠不足も母乳不足の原因となります。赤ちゃんの夜泣き、母乳育児全般の疲れ、さらに母乳が出ないストレスで慢性的な睡眠不足となるママが多くなっていますが、途切れ途切れでも良いので睡眠不足を積極的に解消するようにしましょう。

≫続きを読む

 

母乳分泌のため体を冷やさない・胸を締め付け過ぎない

冷やさない締め付けない

体を冷やさないよう注意をすることは母乳不足の対策として基本中の基本です。食べ物やハーブティーで内部から体を温めるのと同時に余分に衣類を着て外部からも体を温めるようにしましょう。またブラジャーの締め過ぎにも注意をしましょう。

≫続きを読む

 

ママの乳首と赤ちゃんの舌に問題があり母乳が飲めない

乳首と赤ちゃんの舌

乳首の陥没で授乳ができず母乳育児をあきらめるママもいるようですが、母乳外来などで医師から適切な指示と指導を受ければ、殆どのケースで直母ができるように改善されます。また赤ちゃんが舌小帯短縮症の場合も医師の診断を受けましょう。

≫続きを読む

 

ご主人・ご家族の協力で母乳育児ストレス解消

ストレス解消

母乳育児全般にいえることですが、育児をママが一人で行うのと、ご主人など身近な人と協力して行うのでは随分とママのストレスが違ってきます。ご主人やご家族に育児協力をしてもらい精神面なメリットを得ましょう。

≫続きを読む

 

母乳が出なくても赤ちゃんの世話で女性ホルモンは分泌

女性ホルモン

母乳のメリットの1つであるマタニティーブルーとなる可能性を減らす女性ホルモンのオキシトシンは、母乳が出なくても赤ちゃんを世話することで分泌されるといわれています。母乳が出ないママはより多くのスキンシップをはかりましょう。

≫続きを読む

 

冷えで母乳が出ない場合も漢方が効果的

冷えと漢方

冷え性は万病の元。漢方医学では冷えを改善すれば、あらゆる病気が治癒の方向に向かうと言われています。冷え性を改善すれば、母乳の分泌量も増え質も上がります。冷え性改善は漢方の得意分野です。漢方の目線で考えてみましょう。

≫続きを読む

 

海外の母乳育児から学ぶ母乳が出ないときの対処法

シャタバリ配合のハーブティー

母乳が出なくて困っているときや、出過ぎて困っているとき、多くの人が助産師さんに聞いたり、ネットで調べたりして対処法を学んでいるかと思いますが、それでもうまくいかなければ海外での対処法やグッズを調べてみるのもお勧めです。

≫続きを読む

 
 

facebook はてなブックマーク

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧め解決策 出ない原因 不足のサイン 出す準備 母乳不足対策 おっぱいマッサージ

赤ちゃんネット powered by TrendLead