母乳が出なくても赤ちゃんの世話をすることで分泌される女性ホルモン

母乳のママへのメリット - 女性ホルモン分泌とダイエット効果」で母乳のメリットの1つである、女性ホルモンのオキシトシンとプロラクチの分泌が、ママのマタニティーブルーになる可能性を減らしてくれることをご説明しました。

 

では、やむなく赤ちゃんに母乳を与えることができない、授乳が不可能なママ、母乳がほとんど出ない女性の精神状態はいつもイライラしているのか?という疑問がでてきます。

 

母乳ではなくミルクだけで育児をしているママは、女性ホルモンが分泌されずマタニティーブルーになってしまうのでしょうか?

 

そうではありませんよね。

 

 

母乳が出なくても赤ちゃんの世話で分泌されるオキシトシン

赤ちゃんの世話で分泌

赤ちゃんの
世話で分泌

ちょっと、良いお話があります。

 

まだ医学的に正確で詳しいことは良く分かっていないのですが、赤ちゃんを抱っこしたり、添い寝したり、オムツを換えたりする、この愛情ある行動を赤ちゃんにとることでママの脳に愛情ホルモンのオキシトシンが分泌されると言われています。

 

つまり、赤ちゃんの色々な世話をするだけでも、女性ホルモンのオキシトシンは溢れ出て、たとえ母乳がほとんど出ない、授乳していなくてもママの精神に安定を、もたらせてくれるという実験結果が出ているのです。

 

実感されてみえるママも多いのではないでしょうか?

 

もちろんミルク育児をしている多くのママも、マタニティーブルーにはならずに、朗らかに元気いっぱいで育児をしています。

 

赤ちゃんの世話でマタニティーブルーとは無縁の生活を

世話とスキンシップ

世話とスキンシップ

おばあちゃんが孫の赤ちゃんの面倒を見たり、出ないのに自分のおっぱいを吸わせたりしていると、おばあちゃんのお乳が張って来たり、さらには本当に母乳が出た、なんてお話を聞いたこと、ありますよね?

 

これは赤ちゃんの世話をするという行為で、女性ホルモンのオキシトシンが分泌された結果なのです。

 

人間のカラダの神秘ともいえることですね。

 

直接、母乳を与えることがなくても、赤ちゃんを愛おしく世話をすることで、母乳が与えられるママと同じ精神状態になることができるのです。

 

ですので、こちらの記事「母乳を作るプロラクチンは授乳回数に比例して増える」でお勧めしているように、もしも母乳があまり出ない、不足していると感じてみえるならば、今よりもさらに多く赤ちゃんの世話をする、スキンシップをはかることでマタニティーブルーとは無縁の生活を送ることができますし、さらには出ない母乳が分泌する、母乳の量が増える可能性もありますので、是非とも赤ちゃんとのスキンシップも大切にして下さい。

 

より多く赤ちゃんと接して母乳がより多るように

愛おしい赤ちゃんの世話で、別名で幸せホルモンと言われる女性ホルモンが分泌されるのを「人間のカラダの神秘」と書きましたが、言葉をかえれば、これは本来全ての女性の体が持っているメカニズムでもあるのです。

 

この女性の体のメカニズムを、本来の主旨とおりに利用し活用しましょう!

 

母乳が出ない、不足している、出る量が少なくなったと自覚しているママは、今よりもっと赤ちゃんとスキンシップをはかり、もっと世話をするように心がけましょう。

 

母乳が出ないと悩むママは、今よりも授乳回数をより増やすのと同じように、赤ちゃんと接する機会を増やすようにして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ