母乳不足の大きな要因となる貧血を受診と栄養素補給で改善

出産直後に貧血となる事は避けられませんが、母乳育児中でも貧血に悩まされ、貧血が原因で母乳が出ない、不足してしまうママも少なくありません。

 

お伝えしているように母乳はママの血液でできています。

 

ママが貧血であれば、母乳の出に悪影響が出ることは必至です。

 

母乳不足対策として貧血を治すには、どうしたら良いでしょうか?

 

 

貧血とは

母乳不足に直結する貧血

母乳不足に
直結する貧血

貧血と聞いて「立ちくらみがする・めまいがする・顔色が悪い」という状態をイメージする方が多いようですが、貧血は

  • 疲れやすく動悸息切れがする
  • 眠気や吐き気を覚える
  • 胃痛・頭痛・肩こり
  • 爪の割れ・枝毛・抜け毛・肌荒れ

という症状を起こします。

 

貧血は母乳不足に直結しますので、先ずは自分が貧血状態かどうかをチェックしてみるようにしましょう。

 

鉄分を含む食材を摂る

授乳中のママの貧血は「鉄欠乏性貧血」とされるタイプの貧血で、まさに鉄分不足が原因の貧血で、その改善には鉄分や葉酸を多めに摂ると良いとされています。

 

鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄の両方をバランスよく摂る必要があります。

 

ヘム鉄を含む食べ物

豚レバー・鳥レバー・牛もの赤肉・しじみ・あさり・かつお

 

非ヘム鉄を含む食べ物

ほうれん草・小松菜・ひじき・大豆・油揚げ・卵黄

 

鉄分の吸収を促すビタミンCや赤血球を作る葉酸などの栄養素も同時に摂取し、逆に鉄分の吸収を妨げるタンニンやカフェインを含む紅茶や緑茶は避けるようにしましょう。

 

次のページ以降でお伝えする、睡眠不足の解消も貧血を改善するために大切な事です。

 

ただ食べ物の摂取や睡眠だけで貧血が改善されれば良いのですが、しかし現実として、それらのみの対策で貧血を治す事は非常に困難で、それは医療関係者も認めています。

 

授乳中の貧血改善はよりハードルが高い

もともと貧血気味であった女性であれば、病院で「鉄剤」を処方されたり、点滴を受けた方もみえると思います。

 

ただでさえ改善の難しい貧血ですが、授乳中は毎日ママは体内で母乳を生産し、そして赤ちゃんに飲ませるため、通常の貧血よりもより改善が困難となってしまいます。

 

授乳中であっても貧血が酷い場合は病院を受診しましょう。

 

毎日の貧血ケアにお勧めのサジー

たとえ普段は比較的に軽い貧血のママであっても、母乳は血液でできているため授乳期間中の母体は毎日鉄分が必要となります。

 

改善したと思っていても、翌日には貧血の症状が出る事は珍しくありません。

 

また病院で処方された「鉄剤」であっても、服用を続けると胃が荒れたり便秘になったりする場合があります。

 

そこでお勧めなのが、栄養価の高さからスーパーフルーツと呼ばれるサジーのドリンク「豊潤サジー」です。

 

豊潤サジー

豊潤サジー

豊潤サジーはこちら
授乳中のママの「鉄欠乏性貧血」は、母乳の生産と分泌で身体の中の鉄分が足りなくなり、赤血球のヘモグロビンが足りなくなることが原因です。

 

サジーには、このヘモグロビンを作るための材料となる、鉄分とアミノ酸が多く含まれています。

 

ヘモグロビンは鉄分とたんぱく質で生成され、どちらかの摂取が少なくても増えませんので、鉄分だけでなくアミノ酸を摂らないとヘモグロビンは増えません。

 

豊潤サジーには、このアミノ酸も多く含まれるので、授乳中のママの貧血改善にお勧めとなります。

 

お勧めのサジードリンクには

  • 鉄分:プルーンの37.5倍
  • アミノ酸:米酢の5.9倍

が含まれており、また貧血以外でも、母乳不足解消のための様々な栄養素も含まれている、お勧めのドリンクです。

 

豊潤サジーはこちら

 

今なら送料無料で1000円でお試しが出来ます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ