水分が殆どの母乳を良く出すにはをより多く飲むことが基本の対策

水をよく飲むことが母乳不足対策の基本

母乳の殆どは水分です。ベテラン助産婦の方は、授乳時のママは「飲む水は多ければ多いほど良い。」とアドバイスをしてくれました。母乳の出を良くするには、1日最低3リットル、夏場は5リットルの水分をとるようにしましょう。

88%が水分である母乳を良く出すには飲む水は多ければ多いほど良い

こちらの「母乳の具体的な量」で具体的な母乳の一般的な目安量、標準の分泌量をお伝えしていますが、産後に母乳が問題なく出る女性は、1日に600CCから1000CC、母乳を出します。

 

この母乳の成分は、88%ほどが水分です。

 
 

母乳=水分

 

母乳の殆どが水分、と言っても良いでしょう。

水分をとることが大切

水分をとることが大切

 

ならば母乳育児中のママがすべきこと、それは当たり前のことですが、水分を沢山とることですね。

 

簡単に言えば、母乳として出す分の水分量だけは、最低でもカラダに取り入れることが必要です。

 

ママは出産後、育児の為に色々と動き回る必要があるので、出産前に比べ随分と運動量が増えます。

 

母乳育児には体力が必要ですが、その運動量から、普段の水の量プラス1リットル、余分に水分を取るべきとされています。

 

母乳が出ない、不足しているママであれば、さらに水分を多く摂るように心掛け実行するべきです。

 

ママの運動量と水分

 

母乳育児中のママが、授乳期間中にどれだけの水分量を摂取すべきかという量は、3食の食事の際に摂る水分を含まず、


  • 1日に最低でも3リットル

  • 暑い日・夏場は5リットル

を目安としましょう。

 

平均的なコップは1杯180ccから200ccです。

 

ですからコップに換算すると、1日に最低でも15~17杯、暑い日は25~28杯分の水分を摂るべきとなります。

 

水分不足を避けたいがコップ換算では何杯飲んだのか分からなくなる、という方には、毎朝、その日に摂るべき水分を1~2リットル入りのペットボトルに入れておくと便利で、飲み忘れ防止にもなるので、お勧めです。

 

母乳育児中のママが摂る水分は多ければ多いほど良い

 

運動量に合った水分補給を

運動量に合った
水分補給を

ベテラン助産婦は、「母乳育児中の母親が飲む水の量は多ければ多いほど良い」と、アドバイスをしてくれました。

 

産後にタップリと母乳を出すには、タップリと水を飲む、これも基本の解決策です。

 

母乳が出ない、不足していると自覚するママであれば、とにかく多くの水分を摂る事を心掛けましょう。

 

ちなみに、カフェインやアルコールは利尿作用があるので、あまり大量に飲むのはお勧めできませんが、少量であればOKです。

 

安全で、赤ちゃんの体にも負担を与えない水、またミルクを作る際にも便利な品質の良い安全で安心な水をお考えならば、こちらの「ミルクに適したママにも赤ちゃんの体にも安全で良い水」を参考にして下さい。

 

また夏場は、こちらのカテゴリー「お勧め母乳対策 ハーブティー」でお勧めしているハーブティーを冷やして、ガブガブと意識的に多く飲むようにして下さい。

 

私も当サイトでご紹介する授乳期用のハーフティーは、全て自分で飲みましたが、どれもクセがなく飲みやすいお茶ばかりですので、水分補給と母乳不足対策が同時に行なえてお勧めです。

 

また、こちらの「授乳期ハーブティーを使ったレシピとドリンク」では、それらお勧めのハーブティーを使ったドリンクレシピも紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

授乳中のママは母乳を出す為に、とにかく水を毎日多く飲む、これが母乳不足解決策の基本中の基本です、必ず実行しましょう。

 

薬剤師から一言
 

薬剤師から一言

授乳期のママは、とにかく水分を多く摂る、母乳不足であれば更に多くの水分を補給することが必要ですが、そのまま水を飲む場合も、また私達がお勧めする母乳不足解消用のハーブティーなどを淹れる際も、できればカラダに負担のある硬水は避けて軟水を選びましょう。

 

水道水の硬度に関しては「ミルクに適したママにも赤ちゃんの体にも安全で良い水」を参考にして下さい。

 

前のページ 次のページ

お勧め母乳不足対策と特長

AMOMAミルクアップブレンド

AMOMAミルクアップブレンド

AMOMAミルクアップブレンドは、母乳不足に悩んでいたママの90%以上が効果を実感し、96%が友人や知人に勧めたいと回答する、全国480以上の産婦人科と助産院で採用されている、助産師との共同で開発された私達の一押し母乳育児専用の授乳期ハーブティーです。



豊潤サジー

豊潤サジー

豊潤サジーは、授乳期に必要なビタミン・ミネラル・アミノ酸・ポリフェノールなど200種類以上の栄養素がバランスよく含まれている、別名スーパーフルーツと呼ばれるグミ科のサジードリンクです。栄養素をタップリと摂ることで母乳不足を改善するコンセプトのジュースです。



ママナチュレ たんぽぽ茶

ママナチュレ たんぽぽ茶

タンポポの根には体を温め血行を促進し母乳の分泌を改善する効果が期待できます。ママナチュレたんぽぽ茶は、さらに美容成分やたんぱく質なども一緒に摂取できて、香りが非常に良くとても美味しくて満足度が91%の授乳期用たんぽぽ茶です。

水をよく飲むことが母乳不足対策の基本 関連ページ

授乳期の貧血は母乳不足に直結する
妊娠と出産で女性が貧血となる事は避けられませんが、母乳はママの血液でできているため、授乳期も貧血になるママは少なくありません。貧血は母乳不足に直結しますので病院を受診し処方を受けるか、日々の栄養素補給で改善に努めましょう。
睡眠不足も母乳不足や健康に悪影響を
睡眠不足も母乳不足の原因となります。赤ちゃんの夜泣き、母乳育児全般の疲れ、さらに母乳が出ないストレスで慢性的な睡眠不足となるママが多くなっていますが、途切れ途切れでも良いので睡眠不足を積極的に解消するようにしましょう。
便秘解消は母乳不足対策に大切
母乳の出に大きく影響を及ぼすだけではなく、カラダ全体に色々と悪い影響を及ぼす便秘、水分不足。ママの体に悪い影響を与えるものを排除、解消をし、体調を整え母乳分泌の改善を目指しましょう。
冷えで母乳が出ない場合も漢方が効果的
冷え性は万病の元。漢方医学では冷えを改善すれば、あらゆる病気が治癒の方向に向かうと言われています。冷え性を改善すれば、母乳の分泌量も増え味も良くます。冷え性改善は漢方の得意分野です。漢方の目線で考えてみましょう。
母乳分泌のため体を冷やさない・胸を締め付け過ぎない
体を冷やさないよう注意をすることは母乳不足の対策として基本中の基本です。食べ物やハーブティーで内部から体を温めるのと同時に余分に衣類を着て外部からも体を温めるようにしましょう。またブラジャーの締め過ぎにも注意をしましょう。
ご主人・ご家族の協力で母乳育児ストレス解消
母乳育児全般にいえることですが、育児をママが一人で行うのと、ご主人など身近な人と協力して行うのでは随分とママのストレスが違ってきます。ご主人やご家族に育児協力をしてもらい精神面なメリットを得ましょう。
母乳が出なくても赤ちゃんの世話で女性ホルモンは分泌
母乳のメリットの1つであるマタニティーブルーとなる可能性を減らす女性ホルモンのオキシトシンは、母乳が出なくても赤ちゃんを世話することで分泌されるといわれています。母乳が出ないママはより多くのスキンシップをはかりましょう。
海外の母乳育児から学ぶ母乳が出ないときの対処法
母乳が出なくて困っているときや、出過ぎて困っているとき、多くの人が助産師さんに聞いたり、ネットで調べたりして対処法を学んでいるかと思いますが、それでもうまくいかなければ海外での対処法やグッズを調べてみるのもお勧めです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧め解決策 出ない原因 不足のサイン 出す準備 母乳不足対策 母乳マッサージ

赤ちゃんネット powered by TrendLead