88%が水分である母乳を良く出すには飲む水は多ければ多いほど良い

こちらの「母乳の具体的な量」で具体的な母乳の一般的な目安量、標準の分泌量をお伝えしていますが、産後に母乳が問題なく出る女性は、1日に600CCから1000CCの母乳を出します。

 

この母乳の成分は、88%ほどが水分です。

 

 

母乳=水分

母乳の殆どが水分、と言っても良いでしょう。

水分をとることが大切

水分をとることが大切

 

ならば母乳育児中のママがすべきこと、それは当たり前のことですが、水分を沢山とることですね。

 

簡単に言えば、母乳として出す分の水分量だけは、最低でもカラダに取り入れることが必要です。

 

運動量が増える授乳期のママ

ママは出産後、育児の為に色々と動き回る必要があるので、出産前に比べ随分と運動量が増えます。

 

母乳育児には体力が必要ですが、その運動量から、普段の水の量プラス1リットル、余分に水分を取るべきとされています。

 

母乳不足を自覚するママはより多くの水分を

母乳が出ない、不足していることを自覚しているママであれば、さらに水分を多く摂るように心掛け実行するべきです。

 

では、どれだけの水分を授乳期には摂れば良いのでしょうか?

 

授乳期にはどれだけの水分が必要なのか?

母乳育児中のママが、授乳期間中にどれだけの水分量を摂取すべきかという量は、3食の食事の際に摂る水分を含まず、

  • 1日に最低でも3リットル
  • 暑い日・夏場は5リットル

を目安としましょう。

 

授乳期のママの運動量と水分

授乳期のママは運動量が増えているとお伝えしましたが、ママの運動量から考えた摂るべき水分の量は、
コップに換算すると、

  • 1日に最低でも15~17杯
  • 暑い日は25~28杯分

の水分を摂るべきとなります。

 

平均的なコップは1杯180ccから200ccです。

 

水分不足を避けたいがコップ換算では何杯飲んだのか分からなくなる、という方には、毎朝、その日に摂るべき水分を1~2リットル入りのペットボトルに入れておくと便利で、飲み忘れ防止にもなるので、お勧めです。

 

母乳育児中のママが摂る水分は多ければ多いほど良い

運動量に合った水分補給を

運動量に合った
水分補給を

ベテラン助産婦は、「母乳育児中の母親が飲む水の量は多ければ多いほど良い」と、アドバイスをしてくれました。

 

産後にタップリと母乳を出すには、タップリと水を飲む、これも基本の解決策です。

 

母乳が出ない、不足していると自覚するママであれば、とにかく多くの水分を摂る事を心掛けましょう。

 

ちなみに、カフェインやアルコールは利尿作用があるので、あまり大量に飲むのはお勧めできませんが、少量であればOKです。

 

安全で、赤ちゃんの体にも負担を与えない水、またミルクを作る際にも便利な品質の良い安全で安心な水をお考えならば、こちらの「ミルクに適したママにも赤ちゃんの体にも安全で良い水」を参考にして下さい。

 

授乳期用ハーブティーをお勧めします

また夏場は、こちらのカテゴリー「お勧め母乳対策 ハーブティー」でお勧めしているハーブティーを冷やして、ガブガブと意識的に多く飲むようにして下さい。

 

私も当サイトでご紹介する授乳期用のハーブティーは、全て自分で飲みましたが、どれもクセがなく飲みやすいお茶ばかりですので、水分補給と母乳不足対策が同時に行なえてお勧めです。

 

また、こちらの「授乳期ハーブティーを使ったレシピとドリンク」では、それらお勧めのハーブティーを使ったドリンクレシピも紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

授乳中のママは母乳を出す為に、とにかく水を毎日多く飲む、これが母乳不足解決策の基本中の基本です、必ず実行しましょう。

 

薬剤師から一言

薬剤師から一言

授乳期のママは、とにかく水分を多く摂る、母乳不足であれば更に多くの水分を補給することが必要です。

 

そのまま水を飲む場合も、また私達がお勧めする母乳不足解消用のハーブティーなどを淹れる際も、できればカラダに負担のある硬水は避けて軟水を選びましょう。

 

水道水の硬度に関しては「ミルクに適したママにも赤ちゃんの体にも安全で良い水」を参考にして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ