授乳中のママには副作用の少ない漢方薬がお勧め

漢方薬は、日本独自の漢方医学理論に基ずき処方される医薬品で、服用する一人一人の個々の体質に合わせて調合されるのが特徴となっています。

 

西洋薬に比べ副作用が少ないという面から授乳中の女性に漢方薬がお勧めとなりますが、しかし漢方薬でも副作用やアレルギーが起こることがあります。

 

漢方薬の副作用は生薬によるもので、授乳中のママに注意していただきたい生薬や服用の注意点などを、当サイト管理人のママ友の薬剤師がお伝えします。

母乳育児ママの健康にお勧めの漢方薬 記事一覧

記事公開日 / 更新日:2015年12月11日

母乳育児中はなるべく薬を飲みたくないもの。しかし、そうはいっても風邪をひいてしまうことはよくあります。そういう時に選んでほしいのが漢方薬。漢方薬は全く副作用がないとは言えないのですが、授乳中でも安心して飲める漢方薬も多いです。

記事公開日 / 更新日:2015年11月14日

妊娠がわかった時から授乳を考えていくと良好な母乳育児が期待できます。母乳を出すための体づくりに漢方薬は効果的ですが、漢方薬であれば、どれも安全とは言い切れません。漢方薬を良い母乳を出すための逸材にするのはママ次第です。

記事公開日 / 更新日:2015年10月29日

母乳を出すためには食事療法によって体を温め、血液の量を増やすことが大切です。漢方薬は食事と同様に母乳そのものに働きかけるものではありませんが、ママのからだの変化や不調を回復させることから母乳を増やすことが期待出来ます。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ