授乳中のママには副作用の少ない漢方薬がお勧め

漢方薬は、日本独自の漢方医学理論に基ずき処方される医薬品で、服用する一人一人の個々の体質に合わせて調合されるのが特徴となっています。

 

西洋薬に比べ副作用が少ないという面から授乳中の女性に漢方薬がお勧めとなりますが、しかし漢方薬でも副作用やアレルギーが起こることがあります。

 

漢方薬の副作用は生薬によるもので、授乳中のママに注意していただきたい生薬や服用の注意点などを、当サイト管理人のママ友の薬剤師がお伝えします。

母乳育児ママの健康にお勧めの漢方薬 記事一覧

授乳中にママが健康を損なっては、母乳の量にも味にも影響をおよぼしてしまいます。そこで本カテゴリーでは、授乳中のママの健康維持にお勧めする漢方薬と、その服用の注意点などを薬剤師の私がお伝えします。授乳中のママの健康維持にお勧めの漢方薬市販の風邪薬、例えばパブロンやルルシリーズにも鼻が詰まる、のどが痛い、咳が出るといった諸症状に合わせた薬が、それぞれ販売されています。漢方薬も同じように症状別に薬を選ぶ...

西洋薬は妊娠中の場合、色々と制限があるので、服用の際は医師の判断を仰ぐ必要があります。しかし、漢方薬はもう少しゆるく考えても大丈夫です。ただし中には考えて注意をして服用しなくてはいけない場合もあるので、こちらをよく読んでいただけたらと思います。妊娠中であれば漢方薬にも注意を配って妊娠中は漢方薬にも注意を漢方薬は安全という意識を、大体の人が持っています。たしかに西洋薬では胎児の催奇形性の報告がよくあ...

漢方薬が「食前に服用」とされているものが多いのは、それなりに理由はあります。漢方薬を食前に服用する理由漢方薬は数種類の生薬から成り立っています。その中に強い作用を持った成分、アルカロイドがあります。効果がある反面、副作用も強いアルカロイドは、胃の中の酸性度が強い時期である空腹時に吸収が悪くなります。食前服用は漢方薬の副作用を抑えるため漢方薬は食前に飲むのが基本漢方薬の成分であるアルカロイドは、食前...

母乳育児中に風邪を引くと赤ちゃんに影響が出ないように漢方薬が処方されることもありますが、漢方薬そのものが、出ない母乳の量を増やすことに役立つ場合もあります。ママのエネルギーを補うための漢方薬女性は子供を産むために、計ることのできないほどの大きなエネルギー消耗するので、不足する母乳をタップリと出すためには、しっかりとエネルギーを補うようにしましょう。産後すぐに飲みたい漢方薬漢方薬を母乳育児のサポート...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ