母乳不足のママや母乳詰まりで悩む方にお勧めの授乳期ママ向けに開発されたハーブティーを使った母乳の量と味に良い料理レシピと、母乳不足対策の基本の水分と同時にビタミンも補給し風邪の予防も期待できるドリンクレシピをご紹介します。

母乳に良いドリンクで水分補給を

授乳育児中は、とにかく水分を多く摂るべきですが水分補給をするならば、母乳不足を解消する効果、味を良くしてくれて美味しい母乳となる効果が期待できる水分を多く使うレシピや飲み物で毎日の水分補給をしましょう。

 

忙しいママでも短時間で簡単に作ることができるレシピ、毎日飲んでも飽きない美味しい飲み物ということを優先ポイントにして、授乳期用ハーブティーを使ってママ友が考案したオリジナルの母乳のための水物系レシピとドリンクレシピをご紹介ます。

授乳期ハーブティーを使ったレシピとドリンク記事一覧

当サイトがお勧めしているAMOMAミルクアップブレンドは、カレーにも使われるスパイスやハーブを素材に含んだ、母乳不足に悩む授乳期のママにお勧めのハーブティーです。ミルクアップブレンドは、「愛飲の母乳不足対策ハーブティー ・ ミルクアップブレンド」でもお伝えしているように、かすかにカレーの香りがするハーブティーとなっています。このレシピでは、使い勝手の良いスパイスを単品で用意したほか、母乳育児のママ...

食欲がないときや忙しいときにお勧めのお茶漬け。ここでご紹介するお茶漬けのレシピは、手料理でありながらも10分ほどで作れて、母乳の詰まりも防ぐので、母乳育児中のママにとてもオススメです。母乳へのメリット・特長母乳に対するメリットカブには体を温める作用があるので、血液の循環を良くして母乳不足解消効果が期待できます。また、ご飯の消化を助けるのでママの胃腸の負担を軽減します。鮭の脂には血液をサラサラにする...

ママが風邪をひいてしまうと、せっかくの母乳育児が中断してしまいますし、家事や育児にも支障が出ますよね。そこで、ママの免疫力をアップする鍋料理レシピをご紹介します。母乳へのメリット・特長母乳に対するメリット乳腺の詰まり予防として開発されたAMOMAミルクスルーブレンドや豆腐は母乳の詰まりを防いでくれるので母乳の出の改善と乳腺炎予防への効果が期待できます。長ネギは血流を上げ、海のミルクと呼ばれ栄養価の...

体を冷やすといわれるトマト。血液の循環を良くして母乳を多く作りたい、出したい授乳中のママにとってはトマトは避けるべき食べるべきではない食材と思われがちです。でも加熱をして食べれば何ら問題ありません。トマトには、母乳とママの美容に嬉しい効果が詰まっています。母乳へのメリット・特長母乳に対するメリットトマトに含まれるリコピンは母乳を通じて赤ちゃんの体に吸収されます。リコピンは活性酸素の働きを抑えるので...

母乳のトラブルを改善するためにハーブティーであるAMOMAミルクアップブレンドを飲まれているママもいらっしゃるかと思いますが、ハーブティーは自然本来の味のため飲みにくさを感じることもあるかと思います。また母乳の分泌量を増やすためには、多くの水分補給は非常に重要なことですが、飲み物の味がいつも同じでは飽きてしまう、飲み辛くなることもあり、毎日の飲み物の風味を変えることで、より多く母乳の出に効果のある...

母乳が出ないと悩むママ、おっぱいをたくさん出したい方や母乳トラブルを改善したい方にお勧めのハーブティーのAMOMA「ミルクアップブレンド」と、元気のない方やハーブティー初心者の方にお勧めのAMOMA「グリーンルイボスティー」を一緒に淹れるというドリンクレシピです。母乳不足解消には水分をより多く摂ることは基本中の基本、ですから母乳の出によい素材から作られている授乳期用のハーブティーを飲むことで水分を...

りんごは色々な効能を持つ果実です。くだものは糖質の関係で授乳中のママは基本的に食べない方が良いと指摘されますが、りんごだけは勧める方も多くみえます。また、こちらの「母乳の出に影響するといわれる食べ物あれこれ」でお伝えしているように、乳腺の詰まり防止効果が期待できるりんごジュースだけで、母乳の出が良くなったというママもみえるくらいです。もちろん生でも美味しくいただけるりんごですが母乳育児のために、ひ...

冬が旬である金柑にはビタミンCがタップリ含まれており、風邪の予防に優れた効果を発揮します。また、カルシウムも含まれているので、美容のために食べられている方もいらっしゃいますよね。また金柑などの柑橘系の香りの成分には、ストレスを解消して気持ちを落ち着かせるヒーリング効果もあるとされていますので、毎日の母乳育児で疲れているママにピッタリです。母乳へのメリット・特長母乳に対するメリット金柑ドリンクスパイ...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ