母乳育児のためのドリンクレシピ-3 アップルサイダー

りんごは色々な効能を持つ果実です。

 

くだものは糖質の関係で授乳中のママは基本的に食べない方が良いと指摘されますが、りんごだけは勧める方も多くみえます。

 

また、こちらの「母乳の出に影響するといわれる食べ物あれこれ」でお伝えしているように、乳腺の詰まり防止効果が期待できるりんごジュースだけで、母乳の出が良くなったというママもみえるくらいです。

 

もちろん生でも美味しくいただけるりんごですが母乳育児のために、ひと手間加えたドリンクレシピをご紹介します。

 

母乳不足解消効果が期待できる素材を使用し、夏場もゴクゴクと飲める爽やかな風味でアップルサイダーで、授乳期のママの最も大切な十分な水分補強をしましょう。

 

 

母乳へのメリット・特長

母乳に対するメリット

アップルサイダー

アップルサイダー

  • 使用するシナモンは漢方では「桂皮」と呼ばれる熱を発することのできるスパイスで、血行促進の効果があり冷え性の改善効果があります。血行を良くすることは母乳不足解消につながります。
  • りんごには血液をサラサラにする成分が含まれているので、やはり冷え性や母乳詰まりの解消に役立ちます。

 

料理の特長

りんごには整腸効果や美肌効果、疲労回復効果などがあります。毎日の授乳で寝不足やお疲れ気味のママ、また出産後に起こりやすい肌荒れに悩むママにお勧めです。

 

注意点と調理のポイント

りんごの栄養をしっかり摂るためには、すりおろすときにジューサーなどを使わず、おろし金を使うようにします。りんご以外でも、おろし金を使えるものはジューサーなどで処理しないようにするのが栄養素を壊さずにシッカリと摂取するポイントとなります。

 

材料・作り方

材料 1人分

りんご

 1個

シナモン

 1本

 50cc

 

作り方

アップルサイダーの材料

アップルサイダーの材料

 

 りんごの上部1cmほどを輪切りに、残りは皮をむき、おろし金ですりおろします。

 

10分ほど火にかけます

10分ほど火にかけます

 

 鍋に水とりんご、シナモンを入れ10分ほど火にかけます。

 

アップルサイダーの出来上がり

アップルサイダーの出来上がり

 

 輪切りのりんごとシナモンをカップに入れ、残りを濾してからカップに入れれば、アップルサイダーの出来上がり。

 

アレンジメニュー

りんごの代わりにアップルジュースを使っても作ることができます。忙しい育児中のママは、ドンドンと手抜きをしましょう。市販のアップルジュースで代用する場合でも、電子レンジは使わずに鍋でジュースを温めるのがポイントです。

 

ドリンクを作る際のお勧めのお水については、以下の記事を参考にして下さい。

 

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ