赤ちゃんの健康を左右する腸内フローラをビフィズス菌優勢状態にするのは母乳のオリゴ糖に働きによるものです。

 

母乳が出ないママはオリゴ糖を積極的に赤ちゃんに与えましょう。

 

また色々な腸内細菌が住み着く腸内フローラにする事も大切です。

ミルク以外でもオリゴ糖を積極的に与えましょう

腸内の環境を良好な状態にするビフィズス菌のメリットを知らないママは、ほとんどいないでしょうが、ビフィズス菌を活性化させるにはビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を摂取することが大切です。

 

近年のミルクにも母乳と同じように、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖が配合されていますが、赤ちゃんの吸収を考えた場合、腸内フローラをビフィズス菌が優勢な状態にするため、ミルク以外でもオリゴ糖を積極的に与えることをお勧めします。

母乳とミルクと腸内環境の腸内フローラ記事一覧

「腸内フローラ」という言葉をご存じでしょうか?人の腸内には100種類以上、100兆個の細菌がいて、その様子を顕微鏡で見ると、まるで「お花畑(英語でflora:フローラ)」のように見えることから、腸内の環境の様子を腸内フローラと呼ぶようになりました。母乳からビフィズス菌が優勢の腸内フローラの赤ちゃんに母乳が赤ちゃんを外敵や病気から守る「母乳の赤ちゃんへのメリット - 免疫能力と鉄欠乏性貧血と腸内環境...

前ページで、ママの母乳が赤ちゃんの腸内フローラを善玉菌のビフィズス菌優勢にする大切さお伝えしましたが、では母乳が出ないママ、母乳不足のママがミルク育児をする場合、どうすれば赤ちゃんの腸内フローラをビフィズス菌優勢に出来るかをお伝えします。ミルク育児の赤ちゃんの腸内フローラをビフィズス菌優勢にするにはオリゴ糖を積極的に赤ちゃんに少し専門用語となりますが先に結論を言いますと、プレバイオテックスやプロバ...

最近はさまざまな抗菌グッズ製品が作られ、全ての雑菌が悪者扱いされる、完璧に近い清潔主義が強くなっている傾向があります。このことは果たして赤ちゃんに、また人体とって本当に良いこと、積極的に進めて良いことなのでしょうか?色々な腸内細菌が住み着く腸内フローラにするためには?色々な細菌が住む腸内フローラが大切人は生後まもなくの時点で細菌に晒される、赤ちゃんの頃からいろいろな細菌に触れることで、将来アレルギ...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ