母乳育児をするワーキングママの負担軽減アイデア

私のように母乳育児をしながら仕事をする、会社に勤務するというママも多くなっていますが、育児、家事、そして仕事と息を抜く暇もありませんね。

 

そんな忙しい毎日、小さなことでも工夫次第でママの負担が軽減されます。

 

ワーキングママである私の、ママの負担を軽減するアイデアをご紹介します。

母乳育児と仕事の両立と保育園の活用 記事一覧

職場復帰前には断乳される方もたくさんいますが、私は家では母乳を与え、保育園ではミルクを与えてもらうという選択をしました。ただ、保育園に通わせる前は、ほとんど母乳だったので母乳育児を続けるために転職も考えました。保育園選び私は上の子が小学校3年生になってから今の仕事を始めました。小学校3年生とはいえ学校行事も多く、通学の見守りや自治体の活動にも顔を出す必要があったので、就職活動は難航しました。ようや...

労働基準法によって、生後1歳未満の子供を持つ方が請求できる育児時間。育児という名前が付いてはいますが、直接赤ちゃんに触れ合わなくても、自分で搾乳する時間もこの中に含まれます。育児時間の活用と搾乳私の勤務先では、法律に従い1日30分×2回の育児時間を使うことができます。勤務中の育児時間を利用して搾乳育児時間を利用し1日に2回搾乳を私の場合は、午前と午後に1回ずつ搾乳の時間に当てています。小さい会議室...

保育園には母乳育児に協力的な園、協力はできないけれど否定もしない園、否定的な園がそれぞれあります。私も上の子を育てていたときには、保育園に通わせるなら断乳をしなければいけない、という話しを聞いたこともあり、下の子の通う保育園がどのような方針なのか、気がかりでした。母乳と保育園最近の保育園では、断乳を勧められることは少ないようです。ただし、保育園内ではミルクを使う園が多いため、母乳だけで育児をするこ...

インフルエンザが流行する季節になると、お子さんを持つ職場の仲間が子供の看病のためにと、急遽、休暇を取ることが多く、特に母乳育児のママ達は戦々恐々とした朝を迎えていました。感染病とワーキングママの母乳育児インフルエンザのピークといえば、例年12月~2月頃ですが、保育園に子供を入れていると11月~4月くらいまでは気が抜けません。子供が熱を出すたびに、インフルエンザではないかとビクビクしています。急な休...

私はインフルエンザの流行に備えて病児保育の登録をしました。病児保育とベビーシッターの活用病児保育(びょうじほいく)とは、体調に不安のある子供(熱発、嘔吐、湿疹など)を預かること。保育所に通園している子どもが病気になったとき、仕事を休めない親に変わり病気の子どもの世話をするという意味で使われる。病児保育は、民間の小規模な保育ルームのようなところから、病院内に設けられている病児保育の専門部門のようなと...

母乳育児中にママが職場復帰をするのであれば、搾乳に必要なアイテムの母乳パッドに加えて、熱湯を入れたステンレスボトルとタオルを用意しておくのが私の経験からもお勧めです。母乳パッドは搾乳の必須アイテム母乳パッドは肌への負担が少ない赤ちゃんの衣類で母乳育児をしていると、母乳パッドが欠かせません。母乳パッドは、母乳が下着や服や染みてしまうのが防げる便利なアイテムですが、特に仕事をしていると、仕事の途中で下...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ