お勧めの母乳マッサージとツボ押し

当サイト管理人も母乳マッサージを病院でうけた経験がありますが、ママ自身で自分のおっぱいをマッサージすることは体内、とくに胸周辺の血流を良くするので効果は個体差があるものの、必ず母乳の出、さらには乳腺炎の予防に良い効果をもたらします。

 

マッサージの際は毎回の授乳でダメージを受けているママの乳首のケアもかねて、専用のオイルを使うことをお勧めします。リラックス効果も得られストレス解消にもなります。

 

乳腺炎、および乳腺炎の疑いがある場合はマッサージは避けるべきで、実際痛くてマッサージができない状態ですし、自分でおっぱいをマッサージできないママもみえますが、そんな方には「ツボ押し」をお勧めします。

母乳マッサージ(おっぱいマッサージ) 記事一覧

母乳をより多く出すため乳腺を開く効果のある、母乳マッサージ(おっぱいマッサージ)の方法の1つをご紹介します。母乳マッサージでは、バスト全体と乳首へのマッサージを行いますが、乳腺などを傷めないように優しくいたわる気持ちで行って下さい。
母乳育児では桶谷式の母乳いマッサージが有名ですが、桶谷式マッサージを受けるには認定助産婦のところに通う必要があります。母乳マッサージに乳管を開通させるマッサージをプラスすると母乳の出が改善される可能性があるようです。
乳管を開通させるマッサージを母乳マッサージに取り入れた、おっぱいマッサージ方法をご紹介します。痛みを感じず乳頭から母乳がにじみ出たら成功です。乳腺炎、その疑いがある人、少しでも痛みを感じる場合は行わないようにしましょう。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ