1人目のミルク育児では経験出来なかったが、2人目の子供から本格的に始めた母乳育児の経験で私が学んだこと、母乳育児をスムーズに継続させるコツや心掛け、またママ自身の体のケアに関するアドバイスをお伝えします。

母乳育児ではママの心構えが最も大切

こちらのサイトでもお伝えしているように、第一子の育児で母乳が出なくなってしまった私は、母乳育児に対して後ろ向きの姿勢であったと思います。それは周囲のプレッシャーに対する反発心もあったと反省をしています。

 

第二子も完全母乳とはなりませんでした、ミルク混合でしたが、でも上の子の時よりも母乳は多く出るようになりました。

 

ママ友からのアドバイスで、母乳を出すことに前向きに取り組む、ポジティブな姿勢で改善策を続ける、その心構えが最も大切なのだと第二子への母乳育児挑戦で理解することができました。

母乳育児を成功させるコツと知恵記事一覧

2人目の子が生後5か月を超えるまでの間は、成長に目立った変化はなく、ただ体重の増え方ばかりが気になっていました。兄弟でも違う体重の増え方母乳とミルクの育児で違った体重の増え方出産時の体重は、1人目も2人目も3000グラム程度でした。入院期間中に母乳が出なかった、初産の1人目の子の方が体重の増え方が緩やかだったのですが、生後3か月からは完全にミルクだけの育児になっていたので、そこからは体重の増え方が...

仕事復帰をしてから、子供との時間がなかなか取れず、ジレンマに陥ることもあります。ただ嬉しいことに、上の子が弟の面倒をみるようになってくれたので助かります。赤ちゃんである弟に戸惑いを感じていたお兄ちゃん上の子に寂しい思いをさせていないかと心配に弟が生まれてすぐ、微妙な雰囲気を醸し出していたお兄ちゃん。お兄ちゃんの中では、赤ちゃんといえば、テレビに出てくるような、頬のふっくらとした丸っこい赤ちゃんだっ...

母乳とミルクとの混合育児には、ママの根気が必要ですよね。私もついついミルクに頼ってしまいがちですが、まずは母乳と決めて頑張っています。赤ちゃんが泣いときの対処法とパニック赤ちゃんのパニックには母乳かミルクか泣くことで自己主張してくれる赤ちゃん。赤ちゃんが泣いたら、私は条件反射的にオムツが汚れていないかニオイを嗅いでしまいます。そして、問題がなければ授乳するのですが、これが大変です。泣いているときっ...

保育園に通っている時間は仕方ないとして、哺乳瓶でミルクや母乳を飲ませてしまうと、直接おっぱいからの授乳ができなくなるのではと心配していました。今のところですが、うちの子場合は、気分次第のようです。哺乳瓶の前におっぱいでの授乳を時間が掛かってもおっぱいの授乳を優先上の子の母乳育児は見事に失敗だった私ですが、反省点を踏まえ、朝と寝る前の2回は、哺乳瓶を渡す前に、おっぱいでの授乳を心掛けています。平日の...

1人目の子供を妊娠していたときには、薬もサプリメントも飲まず、歯医者に行っても麻酔なしで治療をしていたくらい、余計なものを体に入れないように気を付けていました。でも、当時と今とではかなり時代が変わっているかと思います。妊娠や授乳期間中の薬の悩み「妊娠と薬 相談外来」に相談を私は妊娠前から妊娠と分かるまでの間、神経痛に関する薬を飲んでいました。正直なところ、赤ちゃんができたことが分かった瞬間、服用し...

妊娠中から出産直前にかけて発達したバスト。3カップほど大きくなったバストは、母乳がよく出てくれるだろうという安心感を与えてくれるのと同時に、自分の体でありながら何か異なる物体のようにも思えます。すでに、少しずつ元の姿に戻りつつありますが、大きくなったバストとの付き合い方って、かなり難しいですよね。添い乳の授乳は意外にラク添い乳の授乳と大きくなったバストバストのサイズが人生で最大級であったと思われる...

母乳を冷蔵(冷凍)保存していると、油分が浮き、分離していきます。この分離した母乳を混ぜていいのか、油分は捨てた方がいいのかと悩まれるママさんもいるかと思います。冷蔵や冷凍で分離する母乳冷蔵で分離した母乳は温め混ぜてから与える母乳を冷凍保存した場合、パックのまま湯せんしてから使うので、冷凍の状態で母乳が分離していても、あまり気にならないかと思います。一方で母乳を哺乳瓶のような縦置きの容器に入れたまま...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ