出産後のバストの手入れにはAMOMAのベビーオイルがお勧め

妊娠中から出産直前にかけて発達したバスト。

 

3カップほど大きくなったバストは、母乳がよく出てくれるだろうという安心感を与えてくれるのと同時に、自分の体でありながら何か異なる物体のようにも思えます。

 

すでに、少しずつ元の姿に戻りつつありますが、大きくなったバストとの付き合い方って、かなり難しいですよね。

 

 

添い乳の授乳は意外にラク

添い乳の授乳と大きくなったバスト

添い乳の授乳と
大きくなったバスト

バストのサイズが人生で最大級であったと思われる出産直後。病院のベッドの上で自分のバストの重さに苦しさを感じました。

 

仰向きで寝れば右のバストは右に、左のバストは左に流れていきますよね。これがすごく気持ち悪い。

 

だからどうしようもなく横を向くと、バストがちぎれそうな感覚になりました。

 

バストアップは憧れだったものの、これは大変だと、自分自身の本来のサイズにほっとしてしまいました。

 

ただ、赤ちゃんに添い乳で母乳を与えるときには、この発達したバストもラクなんですよね。

 

赤ちゃんが上手い具合にバストを支えてくれるのです。うまくできているなぁと、ちょっと母乳育児で感心しました。

 

バストマッサージ

さらっとした使い心地のAMOMAベビーオイル

さらっとした使い心地の
AMOMAベビーオイル

バストが大きくなるのは懲り懲りと思いつつ、バストの形が悪くなるのは、やはり気になってしまします。

 

正直、乳首は伸びるし、胸は垂れます。妊娠中は急にバストが大きくなるから、バストを支える靭帯が切れちゃうんですよ。

 

授乳中のママが胸をマッサージするといえば、母乳の出を良くするための「おっぱいマッサージ」を思い浮かべますが、産後半年を過ぎたら胸の形を良くするための「バストマッサージ」も大切と思うようになりました。

 

そこで私が実践したのは、赤ちゃんにも使えるAMOMAの「ベビーオイル」を使ったバストマッサージ。

 

AMOMAベビーオイル

 

AMOMAベビーオイルは、「米ぬか」を原料とした100%植物性の無添加オイルで、さらっとした使い心地です。

 

マッサージ後のバストが赤ちゃんの肌に触れても問題がないので、いいものを見つけたなと、喜びながら使っています。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ