母体の成熟度とタイプで異なる母乳不足解消法

母体の個体差で母乳不足の要因が違うように、これからママが母体として成熟する成長途中なのか、成熟の最中なのか過ぎているのかなど、年齢で不足する要因が違ってきます。

 

また、ママが「母乳の生産量が少ない差し乳タイプ」なのか、「母乳が詰まりやすい溜まり乳タイプ」なのかでも対処法が違ってきます。

 

ご自分の年齢とタイプで、母乳育児の注意点をチェックしてみて下さい。

ママの年齢と差し乳・溜まり乳別の母乳育児 記事一覧

記事公開日 / 更新日:2016年11月28日

10代~20代前半のママさんは、同世代のママ友も少ない傾向があり、母乳育児に関する生の情報を得にくいかと思います。若い世代の方であっても母乳育児には問題ありませんが、母乳を出すためにも食事はしっかり食べる必要があります。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ