母乳育児はママの年齢でも注意点が異なります。体が未熟な10代の若いママや高齢出産を乗り越えた40代後半のママ、産後鬱になりがちな30代後半のママへの母乳育児の注意点、差し乳と溜まり乳のタイプ別母乳不足対処法を紹介します。

母体の成熟度とタイプで異なる母乳不足解消法

母体の個体差で母乳不足の要因が違うように、これからママが母体として成熟する成長途中なのか、成熟の最中なのか過ぎているのかなど、年齢で不足する要因が違ってきます。

 

また、ママが「母乳の生産量が少ない差し乳タイプ」なのか、「母乳が詰まりやすい溜まり乳タイプ」なのかでも対処法が違ってきます。

 

ご自分の年齢とタイプで、母乳育児の注意点をチェックしてみて下さい。

ママの年齢と差し乳・溜まり乳別の母乳育児記事一覧

母乳育児はママの年齢で注意点が違ってきます。体が未熟な10代、産後鬱になりがちな30代後半、高齢出産の40代後半のママなど、ママの年齢別による母乳育児の注意点をお伝えします。一般的にですが、私たちの体にとって、妊娠出産に適した時期は20代前半ともいわれています。ただ現実的には、この時期に結婚する女性が減ってきており、また10代~20代前半での出産を望む人も少数派となっています。10代~20代前半に...

女性にとっての20代後半~30代前半は、社会人として女性として、大きな転機となる時期でもあります。この時期に結婚や出産をしたいと考える方も多く、また、健康面や子育てのおける体力面でも、心配の少ない時期かもしれません。20代後半~30代前半が大切にしたい自分の気持ち自分の出来る範囲での母乳育児を20代後半~30代前半の女性が出産や育児をしていることは、珍しくありません。昔からの友達や会社の同僚でも子...

30代後半~40代前半のママの場合、経産婦の方も初産の方も両方みえると思いますが、どちらも多くは社会人経験のある方でしょう。社会での役割を持ち、活躍してきた方が、妊娠や出産を経ると、メンタルが不安定になりがちなので注意が必要です。産後鬱と母乳育児母乳育児初心者ママと産後鬱職場で活躍をしてきた人が、妊娠や出産のために職場を離れると、まるで社会から隔離されたような気持ちになります。可能な限り早く職場復...

40代後半のママであっても、経産婦と初産婦とでは、心構えがまったく異なるかと思います。とくに初産婦の場合では、妊娠中から産後にかけて体調や食事の管理に追われ、母乳に関しての悩みも多いことかと思います。妊娠中のケアより産後のケア産後のおっぱいケアと体調管理が大切40代後半の方が妊娠した場合、医師から出産までの間は安静にするようにと指導されていたり、おっぱいのマッサージは控えるように言われていたりした...

母乳育児をするママは、大きく以下の4つのタイプに分類することが出来るとされています。母乳が十分に出るタイプ母乳が出ない不足タイプ差し乳タイプ溜まり乳タイプこちらでは、「差し乳タイプ」と「溜まり乳タイプ」の、それぞれのタイプ別での母乳をより多く出す対処法を助産師がアドバイスします。母乳の分泌では赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激を受けて母乳の生成を開始する「差し乳タイプ」と母乳量に問題はないが乳腺に詰まり...

溜まり乳(たまりちち)タイプで母乳が出ない、出にくいという方は、おっぱいが張ることが多く、乳腺炎などのトラブルも抱えがちです。溜まり乳タイプとは溜まり乳タイプの特徴や対処方法には次のようなものがあります。溜まり乳+母乳不足タイプの特徴乳腺が詰まりやすい溜まり乳タイプおっぱいが張りやすいおっぱいが熱を持ちやすい母乳がにじみ母乳パッドが欠かせない母乳が詰まりやすい溜まり乳タイプの悩みと対処法溜まり乳タ...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ