母乳育児中は食事の内容や量が大切です。過食気味の方や拒食気味の方、お菓子を食べる方やベジタリアンの方はそれぞれ注意が必要です。また活動的なママの授乳場所、外出が苦手な方の母乳相談、身体が弱いママへの支援についてお伝えします。

ママの食事は母乳の量と味に直結します

母乳はママの血液でできています。ですからママの食事、つまり母体が食事で摂取する栄養の量と成分が母乳の量と味に直結します。

 

母乳育児中にママが多く食べることは良いことですが、過食も拒食も栄養の偏りも母乳の分泌に悪影響を及ぼしますので、それぞれの自分の食事に関してタイプ別の注意点をチェックしてみて下さい。

 

また活動的なママも外出が苦手なママも、ストレスを抱えない日々の過ごし方に注意をしましょう。

ママの食事の摂り方・性格や体質別の母乳育児記事一覧

母乳育児中は、ママの食欲が増しがちです。大切な母乳をたくさん作らなくてはならないので、栄養バランスを考えてモリモリ食べるのは良いことですが、産後のさまざまなストレスから過食気味となるママも少なくありません。赤ちゃんに母乳を与えている人は、その分、消費カロリーも多くなりますが、消費するカロリー以上に食べてカロリー過剰になってしまったり、食べることを止められなくなったりするママもたくさんいます。食欲に...

産後の減量を目指すあまりに、拒食気味になってしまうママさんがいます。また、母乳育児もダイエットの一環と考えて、ダイエットが目的で母乳育児を続ける方もいますが、赤ちゃんへの負担も気になります。体型を気にするママさん痩せることが強迫観念になるリスク妊娠をすると、当然に体重は増えます。でも、女性の中にはそのような自分が許せなくなり、産後、無理なダイエットを行う人もいます。母乳育児はダイエットになる、と言...

母乳育児中のママの食事は、理想をいえば、ご飯などの和食を中心にバランス良く食べることができれば一番ですが、なかなか簡単なことではありません。お菓子が止められないママ子供の成長を最優先に考えましょう夜中の授乳時に、なんとなくお腹が空いてお菓子を食べてしまう、3食だけでは満足できず菓子パンを食べてしまう…多くのママさんが、甘いものを食べた後に「また食べてしまった」と後悔するようですが、ママさんの心身が...

ベビーサイン、ベビーヨガ、ベビースイミングと、母乳育児中でも赤ちゃんとママが一緒にできる習い事が流行しています。妊娠前から活動的なママであれば、1日中、家に閉じこもるより、赤ちゃんと一緒にどんどん外に出た方がメンタル的にも安定し、日頃の育児ストレスの解消にもなるかと思います。授乳場所の確保落ち着いて授乳ができる環境の確認を母乳育児のママにとって、授乳できる場所の確保は大切ですよね。赤ちゃんとママを...

母乳育児中に赤ちゃんを連れて外出するのは、なかなか緊張するものです。赤ちゃんのオムツや母乳をあげる授乳時間を気にしなければいけないのに加えて、周りの視線が気になることもあります。無理に外出する必要はありませんもともと外出が苦手という女性には、赤ちゃんと一緒のママということで、思いもしない言葉をかけられることがあります。外出先では、まったく知らない人から「可愛い赤ちゃんですねぇ!」とか「元気な赤ちゃ...

ぜんそく持ちのママや糖尿病のママ、毎年のようにインフルエンザにかかるママに腰痛持ちのママ…ママといっても、健康で活動的なママもいれば、病気がちなママや持病を持つママもいます。健康体ではないママ、体にハンディーキャップのあるママ、自分だけで母乳育児をするのは困難なママは、周囲の手やサービスをうまく利用しましょう。体力面でも影響のある服薬ミルクを母乳育児継続に利用しましょう薬を飲みながら母乳育児をして...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ