母乳育児で乗り越えるべき外的な要因

母乳育児中であってもママは育児だけに専念することはできず毎日の家事をこなす必要があります。それは仕事を再開するママであっても専業主婦であっても同様で、家事負担が母乳の出に影響を及ぼすことは珍しいことではありません。

 

さらに親と同居している環境の場合、育児に協力をしてもらえる場合もあれば干渉、また古くて間違った育児情報を押し付けられるという場合もあります。

 

それぞれのママの生活環境で、いかにさまざまな外的な要因を乗り越えて母乳育児をスムーズに進めていくかのアドバイスをご紹介します。

家事や仕事負担・同居の世帯構成別の母乳育児 記事一覧

今と昔では育児に関する考え方が変わっています。母乳育児という言葉自体、昔は聞かなかった言葉です。働くママの母乳育児を楽しむ工夫働きに出ても母乳育児を続けるママはいますし、子供が3歳になるくらいまで母乳を与え続けて授乳している方もいます。近年、増加傾向にある母乳育児中の働くママ、仕事をしながらの母乳育児は辛い面もありますが、そのような状態も楽しめるように工夫しましょう。2~3時間に1回は搾乳を職場の...

共働き世帯の妻と比較して、減りつつあるとされる専業主婦や両親・義両親と同居中のママ。専業主婦のママが母乳育児を楽しむ工夫働くママであれば、日中は保育園などに子供を預けている一方で、一日中赤ちゃんと一緒に過ごすのが専業主婦の多くのスタイルなので、ママの負担が軽いというわけではありません。むしろ専業主婦の方は、家事や育児でより多くのことを夫から求められる傾向にあります。ママの忙しさはパパになかなか伝わ...

専業主婦と同じく減りつつある両親・義両親と同居中のママ。親との同居ならではの母乳育児の苦労自分の両親との同居や義両親との同居、どちらも赤ちゃん連れであると気も遣うので、同居ならではの母乳育児の苦労もあるかと思います。赤ちゃんも大きくなれば、たくさんの価値観に触れながら成長することができるので、今の時期を上手く乗り越えて下さいね。神経を使う授乳場所とタイミング両親を上手く頼りゆったりと母乳育児義両親...

母乳育児も家事も仕事も、すべてママひとりで行わなければいけない母子家庭では、赤ちゃんのお腹を満たせるだけの母乳が出るか、出ないかでママの負担の重さが変わってきます。母子家庭では母乳が十分に出るかがポイントに母乳が十分に出て、母乳だけで赤ちゃんを育てることができれば、ミルクは外出時やママが病気のときなど、限られたときにしか必要がないので、経済的な負担がかかりにくいのが特徴です。経済的にも時間的にもラ...

パパが単身赴任中のご家庭のママは、赤ちゃんの母乳育児や家事をこなしながら、離れた地で暮らすパパの心配もしたりと大忙しです。パパ不在という環境で心身のバランスを取る叶わぬこととは知りながら、それでも家事や育児をパパに手伝ってもらうことができたらなぁ、と思いながら日々を過ごすのは却って精神的にも負担が大きくなりストレスの原因になります。普段はパパがいないという育児環境で、授乳中のママはうまく自分の心身...

夫婦と赤ちゃんだけの世帯の場合、パパの育児への参加や支援度、またママの授乳期を終えた後の職場復帰や仕事の再開の有無なども母乳育児に影響してきます。とくに母乳育児が終了したら外に出て働きたい、以前勤務していた職場に復帰したいと思うママの場合、日常生活の中でストレスを溜めてしまうポイントがいくつもあるので要注意です。夫婦と赤ちゃんだけの世帯での母乳育児でのママの注意点ママの中には、赤ちゃんが母親である...

祖父母と同居している場合、母乳育児経験者の経産婦ママであれば、ちゃっかりと育児や家事の一端を祖父母に押し付けて協力をしてもらう術を身に付けているかも知れません。でも初心者ママにとっては同居の祖父母が初めての母乳育児で心強い存在となる反面、昔の子育て方法を押し付けられることがあって、困っている新米ママさんもいます。頼れる先輩だが正しい育児の最新知識を持たない祖父母最新の母乳育児を祖父母にも理解を例え...

上の子の世話に手のかかる時期に、下の子の母乳育児が始まるとママはてんてこ舞いです。すでに赤ちゃんではない上の子よりも、まだ幼い下の子の授乳や睡眠を優先させたいのは、多くのママが考えていることと思いますが、現実としてなかなか難しいですよね。母乳育児をベテランの精神で二人目の母乳育児はドンと構えて2人目以降の母乳育児は、1人目の子のときと比較すれば、ママがだいぶ育児に慣れているかと思いますし心構えもか...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ