お餅やもち米と母乳・断乳・母乳が出過ぎて困る

母乳育児の悩みや疑問

母乳育児の
悩みや疑問

当サイトに寄せられた母乳育児に関する悩みや疑問と私達からの回答を紹介します。

 

ご紹介します内容は全て投稿された方のご了解を得て掲載をしています。ご相談は以下からどうぞ。当サイトへのご相談は以下からどうぞ。当サイト管理人、及びママ友が回答をします。

 

母乳育児のお悩み相談

 

 

お餅やもち米と母乳の出について

 昔からの言い伝えで、お餅やもち米をたくさん食べるとよい母乳がたくさん出るというそうですが、本当のところはどうなのでしょうか?もし本当に効果があるのだとしたら、お餅そのものでないといけないのか、お赤飯や白玉ダンゴでも同様の効果を得られるものなのかが知りたいです。

 

 恐らく、昔は今ほど満足に食事や栄養価の高いものを口にすることが困難なこともあったでしょう。そのため「少しでも食事をしっかり摂って、たくさんおっぱいを出しましょうね!」といったことからのアドバイスと受け止めるべきです。

 

なお、餅米には母乳の分泌を促す効果があると栄養学的に証明されていて、お餅やお赤飯を食べて母乳が良く出るようになったというママも少なくありません。

 

現代のようにカロリーの高い食品が身の回りにあふれている食生活環境では、お餅を食べることが人によって母乳の出に良い場合と悪い場合があるといえ、さらに乳腺炎のリスクも増えます。

 

以下の記事を是非とも参考にして下さい。

 

断乳について

 断乳のやり方は諸説あるかと思いますが、子供がもうすぐ1歳になるため、保育園に預ける要に迫られて断乳を決意しなければならなくなりました。職場が遠く一度預けたら夕方のお迎えまでは会えません。どのように断乳をしたらよいでしょうか。

 

 当サイト管理人のママ友の体験談をお伝えします。

 

私もまったく同じく、子供が1歳になるタイミングで職場復帰のために保育園に預けました。1月4日から慣らし保育が始まり、1月23日から復帰のスケジュールです。

 

慣らし保育そのものが、お迎えの時間を1週間ごとに少しずつ延ばして行く方式でした。3時間、お昼ごはんまで、夕方3時までといった具合です。

 

それに合わせて、「預けている時間はおっぱいをあげない」ように自然となるため、昼間に関してはそこまで苦労はしませんでした。

 

お迎えに行ったら園の中で少し吸わせてあげて帰宅、その後は離乳食で気をそらせながら夜までを乗り切ります。

 

問題は、寝かしつけでした。私の子供はほぼ毎日、おっぱいを吸った状態でそのまま眠りにつくのが日課だったので、おやすみなさいをしてベッドに横になると吸うのが当たり前。

 

私自身も吸ってもらえるほうが楽になりますし、正直泣かれるのがいやで、私が何度か挫折して吸わせてしまったことがありました。

 

吸い付いた時の嬉しそうな顔と、安心してすぐにスヤスヤと眠る子供を見ていたら、こんなに泣かせてまで断乳する意味はあるのだろうかと悩んだものです。

 

ですが、いつまでもそんなことをしていても断乳はできませんし、何より職場に復帰した後に毎日泣かれて夜眠れないのは大変です。

 

意を決っして、まだ復帰前で昼間に仮眠を取れるうちに、「おっぱい吸いたい!」の訴えをなんとかガマンしてもらう・諦めてもらう・吸わなくても眠れることを覚えてもらう為に、夜な夜な頑張りました。

 

泣き叫んで仰け反って叩いて蹴ってと大騒ぎでしたが、怒ることだけはしないよう心がけ、ビデオを流してみたり、子守唄を歌ってみたり、抱っこしたままウロウロしてみたり…

 

時には主人と3人車でドライブに出てみたりしながら、なんとか乗り越えていきました。

 

私の母乳はかなりの量が出ていたので、日中に何度も圧を抜きながら、母乳パッドを何度も交換しながら、本当はもう少し吸わせてあげてあげたいという思いをどうにか抑えて耐えていきました。

 

こんな風に書くと、どんな苦行なのだと恐れてしまう方もいると思いますが、子供にとっては生まれて初めての試練にもなり得ることです。

 

本人の意思ではなく、親の意思でその心の安心材料といっても良い「おっぱいの時間」をやめさせることになります。

 

お互いに寂しい気持ちになるのは当然のことなので、完母の方が断乳しようと決めたら、スケジュールを組んで、少しずつ哺乳瓶にも慣れさせてみるのも手です。

 

そして断乳後は、それまで以上にたくさんの愛情を持って接してあげることが大切になってくると思います。

 

「おっぱいで育ってくれてありがとう、次のステップに進んでくれてありがとう」、そんな気持ちになれたら、親である私達も一歩、成長できたのかなと思える時が来ます。

 

以下のカテゴリー内の記事も参考にしてみて下さい。

 

出過ぎる母乳について

 贅沢な悩みと言えるでしょうが、母乳が出すぎて困っています。どうしたら良いでしょうか。

 

 おっぱいがたくさん出るということはとてもありがたい事だと思います。ですが本人にしてみたらなかなか大変ですよね。

 

一度に母乳をお腹いっぱい飲んでくれるのは喜ばしいことですが、その分また大量に作られてガチガチの岩のようなおっぱいになってしまいますし、片方でごちそうさまとなると、もう片方は漏れてくることもありなかなか大変です。

 

私は常に「母乳パッド」の使い捨てタイプを付けていましたし、それすらもたくさん吸い込んで重たくなることがしばしばありました。

 

そんなときは、冷凍保存が可能な専用のフリーザーパックに母乳を搾り、2~3週間を目処に飲ませていました。

 

すぐに授乳できない場所へのお出かけのときなど、冷蔵庫で解凍してから哺乳瓶に入れて持っていったりしていました。

 

時には洗面所で搾ってしまうこともありましたが、たくさん母乳が出てくれることに感謝をしつつ、上手に母乳育児を楽しんでほしいなと思います。

 

以下のママ友のアドバイス記事も参考にして下さい。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ