乳管を開く効果のあるハーブティーで負のスパイラルから抜け出す

このサイトでも繰り返し説明していますが、母乳が出ない、母乳量が不足しているという状態は、ママの健康状態にも左右されますが、それよりもむしろ、ママの精神面の影響を大きく受けているとされています。

 

 

負のスパイラルで母乳の出が悪くなる

つまり、当サイトの冒頭「母乳が出ない最大の原因はネガティブな心」でもお伝えしたように、母乳が出ないという状態を、自分には母乳を作る能力が無い、そう無意識に、または意識して思い込んでしまっていることが、母乳の分泌を妨げてしまう主な要因であることが医学的にも説明されています。

負のスパイラルにならないように

負のスパイラルに
ならないように

 

しかし現実的には、母乳が出ないという状況は、単にママのおっぱいの乳管が開いていないだけの状態が殆どであり、さらにその状態で、自分は母乳を分泌できない体質であると思い込んでしまうと、ますます母乳が出なくなるという、負のスパイラルに陥ってしまうようです。

 

ですから管理人のオススメは、本サイトで提案している改善策、特にこちらの記事「ママの母乳で大切な赤ちゃんを育てるという気持ちを心に誓いましょう」でお伝えしたように、「赤ちゃんを母乳で育てよう」という固い意志を持ち、決して悩まず、ネガティブな考えにならず、赤ちゃんへの授乳を習慣にして、そして母乳不足の解決策として、おっぱいの乳管を開く効果のあるハーブティーを飲む、ということとなります。

 

母乳対策+ハーブティー

お勧めのAMOMAミルクアップブレンドには、フェヌグリークとフェンネルが配合されています。

 

フェヌグリークにもフェンネルにも、女性ホルモン分泌を助ける効果があり、バストアップ効果があるされています。

 

女性ホルモンが多く分泌されることで母乳の出を改善することが期待され、さらに体を温める効果も加わり、母乳不足が改善されるというしくみです。

 

体を温めるハーブとして更に、たんぽぽやジンジャーも配合されています。

 

もともと母乳育児中は水分を多くとるべきママですから、1日の摂取水分にハーブティーを加えれば、一挙両得ともいえますし、実際に私が行った解決策です。

ハーブティーは効果がありました

ハーブティーは
効果がありました

 

実際、管理人は、ハーブティーを毎日飲んで、母乳不足の悩みから完全に解放されました。

 

どのみち、水分を多く摂ることは母乳不足対策で必須のことですから、どうせ飲むなら効果が期待できるモノを、とガブガブと飲みました。

 

但し、決してハーブティーを飲むことだけで改善されたとも思っていません。

 

母乳の量が出ない、不足に効果がある、良いとされる解決策の、するべきことを全て行ったうえで、さらに母乳の分泌に良いとされるハーブティーを飲み続けました。

 

毎日毎日、飲み続け、同時にその他の解決策も実施して、そして結果が出ました。

 

母乳育児は長くて1年間

ただ毎日と言っても、何年も続けなくてはならないことでもありません、授乳期間中だけのことで長くても1年ほどの期間で、短いママでは4か月、6か月で卒乳という方もみえます。

 

決して、負のスパイラルに陥ることなく、母乳をより多く出すための努力をする勇気を持ちましょう!

 

赤ちゃんを愛するママなら、必ずできることです。

 

当サイトの母乳の分泌を、うながす対策を全て実行して、その上でハーブティーを飲む、これが当サイトの管理人のお勧めです。

 

AMOMAミルクアップブレンド  


口コミ・レビューはコチラ

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ