熟睡に導くハーブティーとむくみ解消でスラリ体系に導くハーブティー

そのさまざまな効能から健康食品として注目されているハーブティーは、味や香りを楽しむ嗜好品としても人気があります。

 

漢方のヨーロッパ版とも言えるハーブは古くから薬草として治療に用いられてきました。

 

 

ハーブティーで便秘・女性ホルモン対策を

ハーブティーは、やはり漢方と同様に持続して飲み続けることで>徐々に体質が変化し、そのハーブが持つ効能が出てくるとされています。

 

ハーブティーは単品で飲んでも充分に効果を発揮しますが、2~4種類のハーブをブレンドして飲むと、さらに相乗効果が得られるとされています。

 

女性特有の悩みにお勧めのハーブティーとして、便秘を撃退するハーブティーであるタンポポコーヒー、女性ホルモンの働きを整えるチェストツリーベリー、集中力を高めるペパーミントやレモングラスのハーブティーをご紹介します。

 

ハーブティーを上手に活用して、授乳期の日々をストレスフリーで健やかに過ごしましょう!

 

便秘を撃退するハーブティー

便秘症でお通じが安定しない、便秘でお腹がポッコリ …

 

もちろん便秘も、母乳育児の大敵です。

便秘解消にハーブティー

便秘解消に
ハーブティー

 

便秘対策には、タンポポコーヒーをお勧めします。

 

コーヒーといっても、タンポポコーヒーはダンデライオン、つまりタンポポの根から作られるハーブティーです。

 

普通のコーヒーと違い、カフェインがフリーなので、カフェインの摂りすぎの心配も無く、疲れた体に優しく作用してくれます。

 

お勧めのタンポポコーヒーについては、こちらを参考にして下さい。

 

女性ホルモンの働きを整えるハーブティー

不規則な生活、またさまざまなストレスが続くと、女性は生理不順やPMS (月経前症候群) に陥りやすくなります。

 

生理不順も授乳期の母乳の分泌に大きく影響します。

 

女性ホルモンを整えるハーブティー

女性ホルモンを
整えるハーブティー

つらい生理を乗り切るために、女性ホルモンの働きはいつも整えておきたいものです。

 

チェストツリーベリーのハーブティーは、女性ホルモンの働きを整える効果が期待できます。

 

レッドラズベリーリーフやローズのハーブティーも同様の効果が期待出来ます。

 

集中力を高めるハーブティー

集中力を高める時にお勧めなのが、ペパーミントやレモングラスのハーブティーです。

 

集中力を高めるハーブティー

集中力を高める
ハーブティー

ペパーミントは、清涼感のある香りで脳に刺激を与え、眠気を覚ます効果があり、怒りや疲れを癒し、冷静さを取り戻させる効果も期待できます。

 

レモングラスは、心にエネルギーを満たしてくれる香りが特徴です。精神的に疲れたときは、試してみることをお勧めします。

 

ハーブティーのリラックス効果でストレス解消

私も普段から愛飲するハーブティーで、熟睡へ導くカモミール・ジャーマン、むくみ解消のジュニパーベリーをご紹介します。

 

ハーブティーのリラックス効果

ハーブティーのリラックス効果

ハーブティーの
リラックス効果

心地よいティータイムで、精神的にも肉体的にも、充分なリラックス効果も得られます。

 

ブレンドされて販売されているハーブティーも多数出回っているので、本サイトでもお勧めしているように、試してみて下さい。

 

このようなリラックス効果も、授乳期のママの母乳の出にも良い効果をもららすとされています。

 

シンデレラタイムを熟睡へ導くハーブティー

お肌が作られるという、夜10時~深夜2時の間の「シンデレラタイム」にハーブティーを効果的に摂り入れましょう。

熟睡へ導くハーブティー

熟睡へ導く
ハーブティー

 

特にお勧めなのが、眠る前のカモミール・ジャーマンのハーブティー。

 

このカモミール・ジャーマンには興奮を鎮め、穏やかな気持ちに導く効果があるため、穏やかに「シンデレラタイム」に入眠することができます。

 

睡眠不足は母乳不足の原因になりかねませんので、熟睡をサポートするハーブティーをお勧めします。

 

むくみを解消してスラリ体系に導くハーブティー

むくみ解消にもハーブティー

むくみ解消にも
ハーブティー

むくみは、誰でも少しでも和らげたいもの。むくみにお勧めなのが、ジュニパーベリーのハーブティーです。

 

ジュニパーベリーには利尿作用や発汗作用があり、むくみの解消の他、デトックス効果も期待できます。

 

さらに、セルライトを予防する効果もあるので、ハーブティーの他にマッサージオイルなどに使うのも、お勧めです。

 

ハーブティーは美容と健康にもメリット

ハーブティーは美容と健康にもメリットをもたらしてくれます。

 

お肌を美肌へと導くハーブティーのローズヒップ、冷えを解消して快眠を得るためのハーブティーのダンデライオンをご紹介します。

 

お肌を美肌へと導くハーブティー

お肌を若々しく瑞々しい美肌に導きたい方にお勧めなのが、ローズヒップのハーブティー。

美肌へと導くハーブティー

美肌へと導く
ハーブティー

 

ローズヒップにはビタミンが豊富で、ビタミンが豊富な果物より糖質が低いのが女性にとって魅力です。

 

ローズヒップティ独特の酸味が苦手という方は、ハチミツを入れて飲んでみると抵抗が少ないかも知れません。

 

酸味が和らぎ、さらにはハチミツの美肌効果も得られるために、一石二鳥となります。

 

冷え性を撃退するハーブティー

冷え性にもハーブティー

冷え性にも
ハーブティー

体が冷えるという状態は、血流が悪くなるという状態ですので、当然ながら授乳期のママの母乳の分泌に悪影響をおよぼします。

 

指先が常に冷たいなど、冷え性に悩む女性は多いものですが、眠るときに靴下のような体を締め付けるものを着用してしまうと、体がリラックス出来ずに熟睡を妨げてしまう恐れがあります。

 

冷えを解消して快眠を得るためには、ハーブティーのダンデライオンがお勧めです。

 

ここでもダンデライオン、つまりタンポポがお勧めとなりますね。人間の本来の自然治癒力を高めて、免疫力を高める効果も期待できます。

 

お勧めのハーブ専門店・サントリーグループのエンハーブ

三越・高島屋・大丸・松坂屋・ルミネ・アトレなど全国34店舗を展開するサントリーグループのハーブ専門店「enherb(エンハーブ )」をお勧めします。

 

5つのカテゴリーの中から、自分の目的にあったハーブティーを見つけることができます。

 

サントリーグループのハーブ専門店 enherb

 

薬剤師から一言

薬剤師から一言

母乳だけで赤ちゃんを育てている場合、生理の再開が遅れます。

 

産後、半年程度であれば、生理が来ないことも珍しくありませんが、1年経過しても再開しないようであれば、女性ホルモンの働きを整えるハーブティーを飲むと良いかもしれません。

 

心を落ち着ける効果のあるカモミール・ジャーマンですが、キク科植物なので、キク科にアレルギーのある方は避けて下さいね。

 

そしてジュニパーベリーは、むくみに効果的ですが腎臓疾患のために、むくみが出る人は飲まないようにして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ