赤ちゃんの下痢とビフィズス菌と母乳育児

完全母乳育児で育てられている赤ちゃんは、ゆるい便をすることがありますが、これは下痢ではなく母乳性便という母乳育児の赤ちゃん特有の便ですので心配はありません。

 

しかし、乳児期の赤ちゃんは消化器官が未熟な為に、いつもより明らかに回数が多くなるといった下痢の状態になることもあります。

 

京都大学学生命科学研究科は、「ビフィズス菌は乳児期に多く、母乳で育てた場合、全腸内細菌の90%以上を占めることもある」という研究成果を発表しています。
出典:京都大学 母乳栄養児においてビフィズス菌優勢な腸内フローラが形成される仕組みの一端を解明

 

そしてビフィズス菌が整腸作用を持ち、母乳で育つ赤ちゃんにビフィズス菌が多いのも事実です。

 

同じく京都大学は、ママの母乳に「代表的な善玉菌であるビフィズス菌の増殖因子を発見」と発表しています。

 

母乳が十分に出ていないと自覚しているママは、赤ちゃんの腸内フローラを善玉菌優勢な状態にするためにも母乳不足解消を目指しましょう。

赤ちゃんの下痢・整腸作用の乱れを整える善玉菌 記事一覧

寝起きの赤ちゃん

下痢も便秘と同様に赤ちゃんの体の中の見えない一大事を教えてくれる大事なサインです。赤ちゃんが下痢になる原因普段から下痢気味な赤ちゃんは、ママが赤ちゃんのうんちをよく観察して、そのうんちの変化を見分けることが大切です。原因1 ウイルス性の急性胃腸炎赤ちゃんの下痢の原因赤ちゃんの下痢は主にウイルス性(ロタウイルス)急性胃腸炎が多いようです。症状は下痢の他に嘔吐や発熱があり、脱水症状をおこしやすいので要...

ママと遊ぶ赤ちゃん

赤ちゃんが下痢をした時、取り敢えずはいつも赤ちゃんの傍にいるママが対処できることは何でしょうか?ママの手で赤ちゃんの下痢を解消当カテゴリーの冒頭でお伝えした京都大学学生命科学研究科の発表にもありますように、ママの母乳には善玉菌のビフィズス菌の増殖因子が含まれています。母乳が十分に出ていないと自覚しているママは、赤ちゃんの下痢予防にためにも母乳不足解消を目指し、できるだけ多くの母乳を赤ちゃんに与える...

赤ちゃんの手

便秘と下痢は全く別の症状のように捉えられていますが、腸内細菌の善玉菌と悪玉菌のバランスが良好な状態であれば、便秘と下痢は防ぐことができます。便秘と同じ「整腸作用」がカギに従って、こちらの「便秘の赤ちゃんに安全で良い事とモノ - 整腸作用のある離乳食を」の便秘に関する記事でも書きました「整腸作用」があることが、赤ちゃんの下痢に安全で良いものの条件のカギを握っています。下痢が続く赤ちゃんは、せっかく摂...

おしゃぶりする赤ちゃん

離乳食以前の赤ちゃん、特に母乳栄養の赤ちゃんのお腹の中は、まだまだビフィズス菌で溢れており、便秘や下痢の症状もさほど多くは見られません。なお、この頃の赤ちゃんの便は水っぽいですが下痢とは違います。離乳食期に入り減るビフィズス菌赤ちゃんの下痢にはビフィズス菌を離乳食期に入ると、少しずつ腸内細菌の環境に変化が見られます。ビフィズス菌が徐々に減少し他の細菌、悪玉菌等が増え始める時期です。こうなりますと、...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ