赤ちゃんの食欲不振とおっぱいを吸う刺激と母乳育児

赤ちゃんの食欲不振とママの母乳不足は密接な関係があります。

 

母乳が出ない時もおっぱいを授乳する」など、当サイトで繰り返しお伝えしているように、ママの母乳は赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激を受けて分泌されます。

 

つまり赤ちゃんが母乳を飲んでくれないとママの体は「もう母乳を生産し分泌する必要なない」と判断してしまい、母乳量が減ってしまうのです。

 

赤ちゃんの食欲不振は、お子さんの健やかな成長の妨げになるばかりではなく、ママが母乳不足となってしまう、また生産した母乳がおっぱいに残ってしまい乳腺炎となるリスクも高くなりますので、赤ちゃんの食欲不振にはくれぐれも注意をして、当カテゴリーでご紹介する対策を早急に講じてあげて下さい。

赤ちゃんの食欲不振・病気での食欲不振に注意を 記事一覧

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ