赤ちゃんの具合が悪くて食欲不振の場合は病院に行きましょう

食欲不振が強くて体重が激減し、激しい嘔吐や下痢を伴うようであれば、ママでは問題を解消できませんので、即刻に病院に受診すべきです。

 

 

ママの手で赤ちゃんの食欲不振を解消

しかしそういった状態ではない、母乳やミルクを飲んだり飲まなかったり、食べたり食べなかったりする程度の赤ちゃんの食欲不振の改善はママでもできます。頑張ってみましょう。

 

赤ちゃんの食欲はムラがあって当然

まだ生まれて間もない赤ちゃんですから、飲む・食べることも学習中です。多かったり少なかったり、毎回ムラがあっても当たり前です。

 

まず前ページでお伝えしたのような、大らかな気持ちになることがママには重要です。

 

ママが出来る食欲不振解消法、一番身近な問題から考えてみます。

 

赤ちゃんの運動不足を解消する

赤ちゃんのお勧め食欲不振解消法

赤ちゃんのお勧め
食欲不振解消法

 

まず、とてもシンプルに考えて運動不足を解消することがあげられます。

 

ママが忙しくて、外に出ることが無かった、いつもならオムツの後、手や足を動かす運動ができなかった…。

 

まだ歩けない赤ちゃんは、自ら体を動かせる範囲はとても限られています。

 

赤ちゃんの運動不足による食欲不振はママ次第で何とかなります。

 

食事の時の楽しい雰囲気作り

離乳食を始めたばかりの赤ちゃん。

 

食欲が出るようにママだけでなく、パパにも参加してもらって雰囲気作りをしましょう。

 

いつもより沢山食べたり、嫌いだった物が食べられたりした時は沢山、褒めてあげましょう。

 

食事は楽しい時間であることをしっかり覚えさせることが大切です。

 

具合が悪く食欲不振の場合は受診を

赤ちゃんの強い食欲不振に加えて、寝つきが悪い、寝ても直ぐ覚める、夜泣きが増える、下痢だったり便秘だったりという状態がいつまでも続く場合は、単なる食欲不振ではないかもしれません。

 

どんな病気があっても食欲不振は起きると言っても過言ではありません。

 

内臓関係の異常だけでなく、皮膚の痒みが強くても、落ち着いて母乳やミルクを飲んでくれません。

 

嘔吐下痢もみられるようでしたら、脱水症状を起こさないように配慮します。

 

また、皮膚のただれ、湿疹等の痒みで食欲不振になっているのなら、肌を傷つけないように赤ちゃんの爪を切って、病院に行きましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ