赤ちゃんの食欲不振解消にはビフィズス菌を増やす食事と適度な運動

赤ちゃんが母乳やミルクを卒業して、さらに成長していくための橋渡し、つまり離乳食期は赤ちゃんの味覚、好き嫌いを決める大事な時期です。

 

 

離乳食期間の赤ちゃんの食欲不振への対策

赤ちゃんの味覚を健全に育む、偏食とならないように育てるために、とても大切な離乳食期間に赤ちゃんに食欲不振がおきないようにするには、どんな条件が必要で、どのようなことに注意をすべきでしょうか?

 

ビフィズス菌を増やすような食事を摂る

カイテキオリゴ

カイテキオリゴ

カイテキオリゴ

カイテキオリゴ

 

便秘、下痢はどちらも赤ちゃんの食欲不振を誘発します。

 

これはビフィズス菌等を増やして腸内細菌のバランスを整える、つまり整腸作用に気を配ることで改善する可能性があります。

 

ヨーグルト、発酵食品等を摂ると、ビフィズス菌は増えます。

 

また、オリゴ糖のサプリ、カイテキオリゴを調味料として使用した食事もビフィズス菌を増やします。

 

おこさま用カイテキオリゴ

 

適度な運動でお腹を空かせる

適度な運動で赤ちゃんのお腹を空かせます。

 

また、赤ちゃんにいっぱい笑ってもらいましょう。

 

笑うという動作は腹筋を使うので赤ちゃんにとっては立派な運動です。

 

しっかり、声を出させ、全身の筋肉を震わせましょう。

 

目指すはよく食べて元気で明るい子供です。

 

幼児期への食育の準備

赤ちゃんの成長の次の段階、つまり幼児期に向かうためにママは赤ちゃんの栄養バランスを考えながら離乳食を作ります。

 

好き嫌いをなくす基本

赤ちゃんの食欲不振に良いモノ

赤ちゃんの食欲不振に
良いモノ

栄養バランスを考えるということは糖質、蛋白質、ビタミン、ミネラル、脂質が赤ちゃんの月齢に合わせて適正量が摂れているか配慮するということです。

 

これが好き嫌いをなくす基本中の基本です。

 

栄養が偏ると、勿論、腸内細菌のバランスは崩れます。

 

成長に必要なビタミンと蛋白質

また、成長に必要なビタミン、蛋白質の不足であらゆる病気にかかり易くなります。

 

私の薬剤師の立場で考えれば、好き嫌いが多い、1つの物ばかり食べると言った偏食も大きく考えれば食欲不振の中の一つとなります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ