赤ちゃんの長引く鼻づまりでは中耳炎に注意を

赤ちゃんが鼻づまりになると、ママのおっぱいから母乳を吸う際に呼吸困難になってしまいます。

 

ママの母乳の量にも影響してしまいますので、赤ちゃんの鼻づまりは早急に治してあげたいものですが、でも赤ちゃんの鼻の構造は未発達のため、すぐに鼻づまりを起こしてしまいます。

 

赤ちゃんの鼻はまだ小さく粘膜も敏感であるため、空気の乾燥や気温の変化に左右され易く、鼻水がすぐに出てしまいます。

 

また、耳や喉をつなぐ管も細く、細菌やウイルスにも感染しやすく耳や喉にも炎症が広がります。

 

 

原因1 風邪

赤ちゃんの鼻づまりの原因

赤ちゃんの鼻づまりの原因

風邪をひくと、鼻水が出始めます。

 

最初は、さらさらで水のような透明な鼻水が出て、数日、放っておくと、粘り気のある色がついた鼻水になり、鼻が詰まってきます。

 

原因2 アレルギー

アレルギーを起こして鼻づまりになることがあります。

 

花粉やハウスダストなどのアレルギー物質が体内に入り、鼻水、鼻づまりを引き起こします。

 

原因3 蓄膿症

鼻の両側にある副鼻腔にウイルスや細菌が感染すると、黄色い鼻汁がたまる急性副鼻腔炎(蓄膿症)になり、頑固な鼻づまりを引き起こします。

 

風邪が長引くと中耳炎の恐れも

耳の鼓膜の内側に、鼻と耳の間に耳管があります。

 

いつもは閉じていますが、くしゃみや咳をする時、またはものを飲み込む時に開きます。

 

赤ちゃんはこの耳管が短いので鼻水が耳管に入りやすく中耳炎になりやすくなります。

 

赤ちゃんの鼻水いろいろ

赤ちゃんの鼻水にも、いろいろと種類があります。

 

透明で水っぽい鼻水:気温の変化、花粉や埃、細菌やウイルスを洗い流そうとするために出ます。

 

透明で粘っこい鼻水:細菌やウイルスに赤ちゃんの体内の抗体が反応している証拠です。

 

粘度が高く黄色や緑色の色がついた鼻水:細菌やウイルス感染してしまったか、副鼻腔炎(蓄膿症)が考えられます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ