赤ちゃんの発熱と水分補給と母乳育児

発熱の際は、赤ちゃんだけではなく大人も普段より多め水分補給をすることで、体の新陳代謝を促し熱を逃がし、体内の毒素を排泄することで、熱を下げることができます。

 

赤ちゃんが発熱をした際、母乳が十分に出ているママであれば授乳回数を増やして、いつもよりも多く母乳を飲ませ十分な水分を赤ちゃんに与えましょう。

 

母乳不足を自覚しているママも、自分の水分補給を大目にして、少しでも多くの母乳を生産するように努めましょう。

 

但し、母乳が不足しているママの場合、母乳だけでの赤ちゃんへの水分補給には限界がありますので、一刻でも早く赤ちゃんの熱を下げるために、母乳以外での水分補給をこまめに行うようにしてあげて下さい。

赤ちゃんの発熱・水分補給/体の冷し/受診 記事一覧

赤ちゃんの手を包むママ

赤ちゃんの突然の発熱は、本当にいつも驚かされます。赤ちゃんが発熱する原因さっきまで元気だったのに、僅かの間に39℃や40℃と、かなりの高熱になることがあります。発熱で元気がなくなり、ぐったりとなってしまった赤ちゃんは母乳やミルクを飲まなくなる、離乳食も食べなくなりますので、栄養面からも早く熱を下げて元気に授乳や食事ができるようにしてあげるべきです。熱性けいれん赤ちゃんの発熱の原因授乳期の生後6か月...

生まれたばかりの赤ちゃん

特に夜中の赤ちゃんの発熱は、周囲の大人がうろたえてしまいます。ママの手で赤ちゃんの発熱を解消慌てて病院に行くほどでない場合、ママが赤ちゃんの熱を下げて楽にさせてあげるには、どんな方法があるのでしょうか?赤ちゃんの平熱は大体37℃前後で、37.5℃ぐらいまでは平熱と考えても良い場合があります。赤ちゃんの熱が出たと認識するのは38℃以上です。水分をこまめに与える赤ちゃんのお勧め発熱解消法赤ちゃんが脱水...

公園で遊ぶ赤ちゃんとママ

発熱は個人によって程度の差こそあれ、あらゆる感染症についてまわる症状です。また、重症な怪我や火傷などでも発熱する場合があります。大多数の赤ちゃんが感染するRSウイルス感染症発熱しないようにするには、感染症に罹らないようにする、大きな怪我をしないということが条件です。RSウイルス感染症は、毎年冬に流行し、1歳までに半数、2歳までにほぼ100%の赤ちゃんが感染すると言われています。このRSウイルス感染...

おもちゃをくわえる赤ちゃん

赤ちゃんは脱水症状を起こし易いので、発熱した場合は特に水分をこまめに与えてあげることが非常に重要です。母乳・ミルクで十分な水分補給を母乳も赤ちゃんが欲しがるだけ与えます。もしも母乳が十分に出ない場合、普段から母乳不足を自覚しているママならば、ミルクを与えて赤ちゃんへの水分補給をいつもより多くしましょう。母乳やミルク以外にも湯冷まし、番茶、乳児イオン水飲料などがあります。ちなみに、緑茶はカフェインの...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ