赤ちゃんの風邪と免疫と母乳育児

母乳で育児されている赤ちゃんは風邪をひきにくいと言われますが、それはママの母乳の中に免疫成分が含まれているからです。

 

但し、完全母乳育児の赤ちゃんであっても風邪はひきます。

 

ましてや出産直後は多くの免疫成分が母乳に含まれていますが、生後から日数が立つほどに含まれる免疫は弱まっていき、生後6か月あたりからは赤ちゃんも風邪をひきやすくなります。

 

赤ちゃん自身の免疫力を養い、赤ちゃんが風邪をひきにくい体質となるためにも、ママは自分の食べたものが直接に反映される母乳を良質なものにして赤ちゃんに授乳ができるように、母乳育児中は栄養バランスのよい食事内容にしましょう。

 

栄養バランスを考えた料理をする余裕の無い時などは、「授乳期のママ用ドリンク・サプリメント / 医療のプロもお勧め」でお勧めしているドリンクやサプリメントなどを上手に取り入れましょう。

赤ちゃんの風邪・微熱程度であれば自宅ケアも 記事一覧

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ