風邪 - 赤ちゃんに安全で良いもの

風邪 - 微熱程度であれば自宅ケアも

赤ちゃんの風邪も早く治してあげたいものです。原因の風邪ウィルス飛沫感染、発熱・咳・鼻づまり・受診の際の対処法、風邪をひかないように心掛けるべきこと、風邪予防のビタミンやカルシウムが強化されたお勧めの離乳食をご説明します。

赤ちゃんの風邪と免疫と母乳育児

母乳で育児されている赤ちゃんは風邪をひきにくいと言われますが、それはママの母乳の中に免疫成分が含まれているからです。但し、完全母乳育児の赤ちゃんであっても風邪はひきます。

 

ましてや出産直後は多くの免疫成分が母乳に含まれていますが、生後から日数が立つほどに含まれる免疫は弱まっていき、生後6か月あたりからは赤ちゃんも風邪をひきやすくなります。

 

赤ちゃん自身の免疫力を養い、赤ちゃんが風邪をひきにくい体質となるためにも、ママは自分の食べたものが直接に反映される母乳を良質なものにして赤ちゃんに授乳ができるように、母乳育児中は栄養バランスのよい食事内容にしましょう。

 

栄養バランスを考えた料理をする余裕の無い時などは、「授乳用ドリンク・サプリ/医療のプロもお勧め」でお勧めしているドリンクやサプリメントなどを上手に取り入れましょう。

風邪 - 微熱程度であれば自宅ケアも記事一覧

赤ちゃんが風邪をひく主な原因

 

赤ちゃんの小さな足

赤ちゃんは飛沫感染で風邪をひきます。ママや幼稚園に通う兄姉が持ち帰った風邪ウィルスの感染、ママが罹ったことのないウィルスの感染が原因となります。風邪は色んな病気の始まりになることがあるので、しっかりケアしてあげて下さい。
 

続きを読む

 

ママができる赤ちゃんの風邪解消法

 

おもちゃと赤ちゃん

赤ちゃんの風邪の症状解消方法を、発熱がある時、咳がある時、鼻づまりの時、受診する場合の各ケースでお伝えします。熱が出ていないが鼻水が出る、37℃代の微熱程度で機嫌が良い場合は、ママが自宅でケアをした方が良い場合があります。
 

続きを読む

 

風邪の赤ちゃんに安全で良い事とモノ

 

ママと二人の赤ちゃん

赤ちゃんに風邪をひかせないためには、風邪を感じたらマスクをして赤ちゃんに接し、ウイルスと戦う体作りにビタミンを強化した離乳食を与え、部屋は低温、乾燥を避け、適度な温度と加湿を心がけ、人ごみに出るのは避けるようにしましょう。
 

続きを読む

 

赤ちゃんの風邪に薬剤師からのお勧め

 

欠伸をする赤ちゃん

赤ちゃんが風邪をひかないようにするには、ウイルスが体内に侵入しないように入り口の粘膜を強化し、免疫力をアップさせることが大切です。それにはビタミンやカルシウムの補給が必要で、それらが強化されたお勧めの離乳食をご紹介します。
 

続きを読む

 
 

facebook はてなブックマーク

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧め解決策 出ない原因 不足のサイン 出す準備 母乳不足対策 母乳マッサージ

赤ちゃんネット powered by TrendLead