デリケートな肌の赤ちゃんの衣類、肌着の洗濯に使う洗剤、石鹸にも気を遣いたいものです。薬剤師の私としては、赤ちゃんの肌に安全で良い洗剤として、合成洗剤ではなく洗濯石鹸をお勧めしますが、洗濯石鹸の上手な使い方をご紹介します。

赤ちゃん向け洗濯石鹸選びのポイント

デリケートな肌の赤ちゃんが着る衣類を洗う洗濯材を選ぶ際、洗浄力が優れていても添加物が多く、主に石油を原料とする合成洗剤よりも、天然由来で自然に優しい石鹸を選ぶママも多いと思います。

 

しかし近年はさまざまな技術の向上で天然由来の石鹸と変わらない合成洗剤も販売されていますので、合成洗剤と石鹸の両方のメリットを活かした使い方が賢い洗濯材選びと言えるでしょう。

 

薬剤師としては、無添加洗濯石鹸にアルカリ剤を入れて洗浄力アップさせるという方法がお勧めとなります。

赤ちゃんに良い洗濯石鹸 - 無添加洗濯石鹸の上手な活用記事一覧

ウィンクする赤ちゃん

私達の一番身近にある洗剤と言えば、合成洗剤と石鹸ですね。石鹸は、合成洗剤の人気に押されて生産量が減少していました。しかし、近年になってアトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー疾患が増え、自然に優しい石鹸が浮上してきました。合成洗剤と石鹸の違い石鹸・合成洗剤のメリットとデメリット合成洗剤は主に石油で、石鹸は動物や植物の油脂が原料です。牛豚脂、菜種油、大豆、天ぷらの廃油などです。合成洗剤も種類が多いで...

おもちゃで遊ぶ赤ちゃんとママ

最近は「無添加」が大流行しています。無添加と書くだけで、製品の売り上げが倍増するとか…特に赤ちゃん向けのモノとなると、赤ちゃんの体に良いと思われる無添加にこだわるママもたくさんおられます。しかし石鹸を全くの無添加にすると、いろいろな弊害が出てくることを知っておいて下さい。無添加洗濯石鹸で汚れが落ちますか?無添加洗濯石鹸は汚れが落ちにくい石鹸というからには、作用が強かろうが弱かろうが、「洗浄力」が無...

赤ちゃんの耳

無添加洗濯石鹸には、汚れが落ちにくいという欠点の他にも、臭いや黄ばみの原因を作ること、汚れを落とすために多くの量を使用しなくてはならないことが挙げられます。臭いや黄ばみの原因を作る無添加洗濯石鹸無添加洗濯石鹸が臭い・黄ばみの原因に石鹸は、水道水に含まれているミネラル (硬度材料;カルシウムやマグネシウムなど) が付着すると、石鹸カス (金属石鹸) が出来てしまいます。石鹸カスは洗浄力が無く、洗濯物...

肌着の赤ちゃん

環境にも赤ちゃんにも優しい洗剤を目指すには、アルカリ剤は必須です。石鹸も自然に優しいとはいえ、使用量は少ないほうが、さらに自然を汚しません。石鹸の洗浄力不足の問題は、アルカリ剤の補充で大体解決します。万能物質アルカリ剤の性質と働き無添加洗濯石鹸+アルカリ剤そんな有難いアルカリ剤の性質を最大限に引き出すために、アルカリ剤の性質も理解しておきましょう。タンパク質の汚れを分解アルカリ剤は、汚れのタンパク...

ママの顔を見る赤ちゃん

石鹸の特性を良く知らずに使い始めてしまい、結局、再び合成洗剤に舞い戻り、同時に赤ちゃんの肌の状態が悪くなってしまったというママも多いはず。そのようなことがないよう、しっかり学んでから洗濯石鹸を使うことにしましょう。全自動洗濯機の洗濯槽の洗浄洗濯石鹸を賢く使いましょう特に今まで洗濯用の合成洗剤を使っていて、洗濯石鹸に切り替えようという時、特にお勧めです。今まで洗濯石鹸を使用していて泡立ちが、悪くなっ...

泣く赤ちゃん

汚れの質が違えば、洗剤もそれに合わせることで激的に汚れが落ちることがよくあります。なかなか落ちない汚れの時、洗剤を多めに入れるという他に、どんな方法があるでしょうか?通常の汚れで毎日の洗濯洗う物で石鹸や洗剤を使い分ける炭酸塩配合の粉洗濯石鹸を使用します。例えば、米ぬか石鹸、廃油石鹸等です。炭酸塩が配合された方が良い理由は、洗濯槽の中の液は常にアルカリ性に傾けていると、洗浄力が増すので、アルカリ剤の...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ