石鹸や合成洗剤のメリットとデメリットを良く理解して使い分ける

私達の一番身近にある洗剤と言えば、合成洗剤と石鹸ですね。

 

石鹸は、合成洗剤の人気に押されて生産量が減少していました。

 

しかし、近年になってアトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー疾患が増え、自然に優しい石鹸が浮上してきました。

 

 

合成洗剤と石鹸の違い

石鹸・合成洗剤のメリットとデメリット

石鹸・合成洗剤の
メリットとデメリット

合成洗剤は主に石油で、石鹸は動物や植物の油脂が原料です。

 

牛豚脂、菜種油、大豆、天ぷらの廃油などです。

 

合成洗剤も種類が多いですが、日本の大手洗剤メーカーはAS (アルキル硫酸エステル) 、AE (ポリオキシエチレンアルキルエーテル) などが定番です。

 

最近、日本で安い外国メーカーの合成洗剤が出回っていますが、こちらはLAS (直鎖アルキルエーテル硫酸エステル) を使用しています。

 

このLASは他の合成洗剤や石鹸に比べて、成分が分解しにくいのが欠点です。

 

石鹸が肌に優しく環境に良いと言われるのは、洗剤として石鹸を使い続けていると、水中のカルシウムなどのミネラル成分と結合し、だんだん界面活性剤としての効果が薄まっていくからです。

 

この欠点のように見える効果ですが、界面活性剤の効果が薄まるということは手などの肌に優しい、その洗剤混じりの水が流れゆく川の汚染も最小限にとどめるというメリットでもあります。

 

合成洗剤は、石鹸の欠点を補うために開発されたものです。

 

特に硬度の高い水質を持つ欧米では、石鹸の使用は洗浄力が極端に落ちることから、洗浄力の強い石油を原料にした洗剤 (界面活性剤) が開発されてきました。

 

赤ちゃんの肌にとっては石鹸のほうが安全

ところが合成洗剤の場合、洗剤液の濃度が薄くなっても界面活性剤の力が弱まらないので、衣類に界面活性剤が残ってしまいます

 

それが赤ちゃんの薄い敏感な肌に悪影響を与えてしまったり、川を汚染したりと有害な状況になってしまいます。

 

合成洗剤と石鹸の違いは添加物にもあります。

 

石鹸は洗浄力を高めるために入れるアルカリ剤 (炭酸ナトリウム等) が入る程度ですが、合成洗剤は漂白剤、蛋白の汚れを落とす酵素、洗浄力を高める薬剤などが入っています。

 

そのため、非常に効果の高い洗剤と化し、洗濯使用量も石鹸の半分以下で十分です。

 

しかし赤ちゃんのデリケートな肌から見れば、合成洗剤の添加物の多さは、その分、刺激が強すぎて、さらに肌に悪影響を及ぼすということになります。

 

最近は製造技術の向上もあって、毒性等が石鹸と変わらない合成洗剤も市場に出てきました。

 

そうなると合成洗剤を危険視するばかりでなく、石鹸や合成洗剤のメリット、デメリットを良く知って、使い分けても良い時代がやってきたと言えるかもしれません。

 

デリケートな肌の赤ちゃんの衣類を洗う洗濯では、石鹸と合成洗剤の両方のメリットを使い分けることを考えましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ