赤ちゃん向けダニ予防のポイント

大人に比べて色々な面で抵抗力のない赤ちゃんですが、皮膚に関しても非常に抵抗力が低い赤ちゃんにとってダニは大敵です。徹底駆除をしましょう。

 

アトピーの要因ともなるダニを駆除するためには、換気を良くして家の中を徹底的に掃除をし、さらには赤ちゃんが触れるモノは日光消毒をしましょう。

 

赤ちゃんがダニに刺されてしまったら病院で治療を受けるのがベストですが、緊急措置としては皮膚刺激が少なくて効きめの早い酪酸ヒドロコルチゾン入り、またはプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルの軟膏を塗ってあげるこをお勧めします。

 

但し、顔への使用は避けて下さい。

赤ちゃんのダニ予防・刺されない/刺されたら/お勧めグッズ 記事一覧

生まれたばかりの赤ちゃん

重症アレルギー疾患の約9割は、ダニが原因とされています。赤ちゃんに対するダニ対策は必ず行うべき赤ちゃんにダニ予防対策を皮膚のバリア機能がまだ十分でない赤ちゃんから、ダニを徹底駆除することは必至で、特に生まれたばかりで皮膚の弱い授乳期の赤ちゃんに対するダニ対策はしっかりと行いましょう。育児で真っ先に対処すべきことです。ダニが生息できない家にする赤ちゃんをダニから守る一番の条件は、清潔なお家です。換気...

ママの膝で笑顔の赤ちゃん

年々、赤ちゃんの喘息、アトピーのようなアレルギー疾患が増えているという指摘があります。ダニと赤ちゃんのアトピー遺伝的素因がなくても、気密性の高い家に住んでいるなど、赤ちゃんが暮らす生活環境が要因となって発症するアトピーが増えています。ダニ対策がアトピーの改善にダニはアトピーの原因に大人のアトピーと違って赤ちゃんのアトピーは、2歳ぐらいまでには治ると言われています。とはいえ、きちんとケアをしなければ...

笑う赤ちゃん

赤ちゃんは軟らかくてフワフワですから、見るからにダニの餌食になりそうですね。あまり動かない赤ちゃんはダニの格好の餌食特に生まれて間もない赤ちゃんは、あまり動かずに寝ているばかりで、汗はかきやすい、頭皮は脂っぽい、なのでダニはホイホイと赤ちゃんの周りに集まってきてします。いつも横になっている新生児の赤ちゃんは、ダニの格好の餌食といえるでしょう。ママは授乳をする際にでも、赤ちゃんの体の肌全体を見て、虫...

ダニ予防シリカのサイト

ダニに刺されてできた湿疹を治しても、ダニが寄ってくる環境を改善しなければ、何度でも刺されるばかりで、本当のダニ退治にはなっていません。薬剤師からのお勧め:ダニよけシリカ薬剤師からのお勧めとして、赤ちゃんがダニに刺されないようにする予防策に、ダニの抑制率99%以上の「ダニよけシリカ」を紹介します。抜群の安全性と実証済みダニ発生抑制効果赤ちゃんにダニ対策をダニ除けと言えば、有名なのは「バルサン」ですね...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ