赤ちゃんにお勧めな離乳食の食材を薬剤師の立場からご紹介します。頭の良い子に育って欲しいという願いを叶える食材、赤ちゃんの肥満防止、食べ過ぎ・食の細い赤ちゃんへの離乳食、下痢・便秘、低体重向けの食材などをご紹介します。

離乳食導入のポイント

母乳育児にしてもミルク育児にしても、離乳食の導入は赤ちゃんが食べるということを学ぶための大切なステップです。

 

母乳とミルク育児の、どちらの場合でも開始時期は個人差はありますし、母乳やミルクと併用するか、完全に切り替えるかの違いもありますが、これから毎日欠かさずに食べ続けることが必須の人間にとって、離乳食導入は非常に大切なステップとなります。

 

お子さんの将来のため、ママは離乳食に関してこのカテゴリー内の記事を参考にして下さい。

赤ちゃんと離乳食 - お勧めの食べ物・食材・栄養素記事一覧

豆腐

親が賢ければ、子供も賢い…確かに知能の発達は遺伝も関係あるでしょう。でも「トンビがタカを産む」という、ことわざがあります。私はあまり頭が良くないから、この子も頭の良い子にはならないかなと諦めていませんか?母乳やミルクに工夫をすることはほとんど出来ませんが、授乳期を卒業した離乳食期の赤ちゃんには、ママの工夫が活かせます。離乳食で、「トンビがタカを産んだ」と、周りに言わせてみましょう。ここで紹介する食...

魚

サバ、イワシ、サンマなどの青魚はEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸が含まれているというのは有名な話です。そしてEPA以上にDHAは特に脳を活性化し、学習能力を向上させると言われています。離乳食に取り入れてみましょう。青魚離乳食には新鮮な青魚を脳の奥深くに入るためには、「血液脳関門」という関所を通過しなくてはいけません。EPAもDHAもω―3系の不飽和脂肪...

玉ねぎ

頭の良い子に育って欲しいと願わない親御さんは、まず居ないと思います。そんな願いを叶えるために、先にご紹介した大豆、青魚、ごはんに加えて、ビタミンB1、亜鉛、チロシンも離乳食に加えていただきたい栄養素です。卒乳して離乳食を導入する際に、食材として是非ともママに考慮していただきたい食材をご紹介します。ビタミンB1ビタミンB1・亜鉛・チロシンも離乳食にタマネギにはビタミンB1が豊富に含まれています。糖質...

離乳食

卒乳し離乳食に切り替わった乳児からの食べ過ぎは、将来の太り易さにつながるとよく言われますよね。それは脂肪細胞の仕業です。カロリーを摂り過ぎ脂肪細胞が大きくなり太る幼児期の脂肪細胞が将来の肥満に栄養を摂取し過ぎる、食べ過ぎると、余分なエネルギーは中性脂肪の脂肪細胞として体内に蓄積されます。生後3歳ぐらいまでの間、人の体内で脂肪細胞は増え続けます。そして、その3歳の年齢を過ぎれば脂肪細胞の増加はストッ...

離乳食を食べる赤ちゃん

ママの母乳やミルクをたっぷり飲む赤ちゃんもいれば、あまり飲まない赤ちゃんがいるように、離乳食を良く食べる赤ちゃんも食が細い赤ちゃんもいます。ママは、それぞれの赤ちゃんに合わせた離乳食生活を考える必要があります。良く食べる赤ちゃんの離乳食赤ちゃんに合わせた離乳食生活世界遺産にも選ばれた「和食」が太り過ぎの赤ちゃんの味方です。低カロリーで高蛋白な食材が多いです。和食のメニューは野菜、特に緑黄色野菜がた...

離乳食

下痢、便秘のどちらの症状も、その原因は腸内細菌の乱れです。腸内細菌の乱れは、ストレスと大いに関係があります。ママの精神状態は、赤ちゃんのお腹にも影響します。ママがゆったりとした気持ちで赤ちゃんに接することも下痢、便秘改善方法の1つです。赤ちゃんが下痢、便秘になってしまった時もピリピリせずに対処していきましょう。下痢腸内環境を整える食材を赤ちゃんの内臓がまだ未成熟だと、下痢を起こし易くなります。従っ...

離乳食を食べる赤ちゃん

近年、痩せた女性が増えています。痩せている女性の方が、ふっくらしている女性よりも綺麗、と多くの女性が信じ込んでいるようで、美容の面で極端なダイエットをする女性が後を絶ちません。しかし、痩せた女性から低体重で小さく生れた赤ちゃんには、栄養のある離乳食による急激な体重の増加で、将来生活習慣病になるリスクがあることを覚えておいて下さい。スリム願望が強い女性が急増小さく産んで大きく育てるの誤解この痩せ願望...

液状の離乳食

世界的に生活習慣病が増え深刻化しています。生活習慣病は、遺伝因子と環境因子で発症しやすいと言われています。成人病胎児期発症説とは離乳食で赤ちゃんの成人病予防を現在では、遺伝よりも他の要因で生活習慣病になる人が増えています。その主な要因が「成人病の素因は胎児期に作られる」というものです。私はここで「生活習慣病」から「成人病」という言い方に変えています。その訳は、現在は成人病を生活習慣病と言うので、こ...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ