赤ちゃんが下痢や便秘になった時の離乳食での注意点

下痢、便秘のどちらの症状も、その原因は腸内細菌の乱れです。腸内細菌の乱れは、ストレスと大いに関係があります。

 

 

離乳食と赤ちゃんの下痢と便秘

ママの精神状態は、赤ちゃんのお腹にも影響します。

 

ママがゆったりとした気持ちで赤ちゃんに接することも下痢、便秘改善方法の1つです。

 

赤ちゃんが下痢、便秘になってしまった時もピリピリせずに離乳食で対処していきましょう。

 

下痢

腸内環境を整える食材を

腸内環境を
整える食材を

赤ちゃんの内臓がまだ未成熟だと、下痢を起こし易くなります。

 

従って、しばらく離乳食はお休みして、ミルクから始めると、大体、解決することが多いようです。

 

水分補給と異常な便に注意を

ただ下痢が続くと、赤ちゃんはすぐ脱水症状を起こしてしまいます。

 

必ず水分補給をします。こちらの「赤ちゃんの発熱に薬剤師からのお勧め - 乳児用イオン飲料の経口補水液」でもご紹介しています赤ちゃんの体液の状態に近づけて作られた乳児用イオン飲料の経口補水液オーエスワンなどで十分な水分補給をしてあげて下さい。

 

大塚製薬 オーエスワン(OS-1)

 

下痢をした赤ちゃんの便に血が混じるなど、いつもとは違う下痢便の場合は、すぐにでも病院を受診しましょう。

 

このような場合、事前に赤ちゃんの熱を測って受診すると、医師も診断がしやすくなります。

 

便秘

一週間以上、赤ちゃんの便秘が続くようであれば、病院を受診しましょう。

 

大きな病気が潜んでいる場合があります。

 

離乳食の便秘は、ミルク時代の時より固形物が増えることにより水分量が減り、それが便秘の原因となるのが最も多いようです。

 

離乳食で赤ちゃんの下痢と便秘の予防を

下痢にしても便秘にしても腸内細菌のバランスが崩れてしまっています。

 

腸内環境をよくする食材で離乳食を作りましょう。

 

腸内環境を整える離乳食を

腸内環境を良くする食材とは、味噌やヨーグルトなどの発酵食品。オリゴ糖、野菜、果物などです。

 

腸内は体の中で一番、大きな免疫機構と言われています。

 

最近ではアトピー性皮膚炎なども、腸内細菌のバランスの乱れと関係があると言われています。

 

従って日頃から下痢、便秘を予防するような離乳食を心がけましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ