赤ちゃんの食欲不振、食の細い事と同様に、赤ちゃんの健やかな成長の弊害となる偏食もママの悩みとなります。赤ちゃんが偏食となるメカニズム、偏食しない赤ちゃんにするための方法、お勧めの栄養補助食品をご紹介します。

赤ちゃんの偏食と味覚能力と母乳育児

赤ちゃんが偏食となることとママの母乳内容も、直接的な因果関係はないとされていますが、しかし同時に子供の味覚能力は胎児の期間に決まるという説もあり、ママの偏食は赤ちゃんにダイレクトに伝わるとする学者もいます。

 

完母で育った子でもミルクで育った子でも、偏食になる子もいれば、ならない子もいます。赤ちゃんがママの母乳の味やミルクの味を、どう感じているかも、やはり誰にも分かりません。しかし、赤ちゃんが好む味というモノはあると指摘されています。

 

人として本格的に味覚について学習するのは、母乳育児やミルク育児が終了し、離乳食に切り替えてからのこととなりますが、母乳育児を目指すママであれば、母乳の味が悪くならないようにご自分の食事内容に十分に注意をするべきでしょう。

赤ちゃんの偏食 - 原因・対策・お勧め栄養補助食品記事一覧

おしゃぶりする赤ちゃん

赤ちゃんの味覚はママのお腹の中にいる10か月の間に、他の器官と共に発達していくと言われています。そして、おなかの中ではママが食べた物が赤ちゃんの一番の栄養源です。赤ちゃんはママが好きな物をすでにご存知偏食は成長と共に改善されるママはお腹にいる赤ちゃんのために、栄養のバランスを考えながら食事をしています。それでも、自分の好きな物は他の物に比べて、どうしても多く食べてしまいがちです。人間の舌には味蕾と...

離乳食

人間が感じる味覚は、甘味、旨味、酸味、塩味、苦味、この5つの味が基本です。この5つの味覚の中で、人間は甘味、旨味、塩味の3つの味覚を主に好みますが、赤ちゃんも生まれる前からこれらの味を好んでいると言われています。赤ちゃんが好むのは甘味・旨味・塩味初期の離乳食は赤ちゃんの好きな味で赤ちゃんはママのお腹にいる時は、羊水を飲んでいます。苦味のある物質を羊水に流入させると、赤ちゃんの羊水を飲量が減り、甘味...

離乳食を手掴みで食べる赤ちゃん

食欲不振だけでなく偏食でも、必要で大切な栄養素が偏り、そして不足してしまいます。偏食に関して、少しショッキングなお話をお伝えします。偏食で寿命が短くなる偏食で偏る栄養素と寿命の関係沖縄県は、長寿の県として有名ですが、実はこの長寿は沖縄県の超高齢者たちが支えているものなのです。沖縄県の65歳未満の死亡率が沖縄県の健康的なイメージを崩してしまうほど、上がっています。もし、時が過ぎて沖縄県を長寿の県とし...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ