母乳とは全く関係がない場合でも赤ちゃんは泣きます

前ページ「母乳不足のサインの目安」にも書きましたが、最も多くのママが、もしかして自分は充分な母乳が出ない、不足しているのではないか、と感じる、疑いを持つのは授乳後の赤ちゃんの反応によって、とされています。

 

 

母乳をあげても赤ちゃんが泣く

授乳直後に泣く赤ちゃん

授乳直後に
泣く赤ちゃん

どんなママでも、母乳を飲み終えた赤ちゃんが、すぐに泣いたり、機嫌が悪くなったりしたら、もしかして母乳不足なのでは、と感じてしまいますよね。

 

でも、赤ちゃんが泣くのは、母乳とは全く関係がない場合も多くあるのです。

 

泣くのは赤ちゃんの仕事

新米のママにとって赤ちゃんに泣かれるのは、とってもツラいことです。ママとして何とかしてあげたいという強い思いに駆られます。

 

でも泣くのは赤ちゃんの仕事の1つなんです。

 

授乳後に赤ちゃんが泣くのは、確かに母乳が足りない場合はあります。でも全く別の原因で泣いているケースもあるのです。

 

さらに言えば、何も悲しいこと、ツラいこと、イヤなこともないのに、ただ泣いているという場合だってあると医学関係者は指摘しています。

 

つまりママの母乳が出ない、量が足りていない事とは全く関係がない場合だって、あるんです。

 

授乳後に赤ちゃんが泣くのは…

授乳後に赤ちゃんが泣く場合、よく考えられる原因としては

  • 眠くなった
  • オムツが濡れた
  • お腹が張った
  • 何らかの疾病状態

という事態がありますが、それらとは全く無関係でも泣く場合が多々あるとされています。

 

ある説によれば、泣くという運動をすることで、生まれたばかりの動物として肺と腹筋を運動させている、成長のために鍛えている、と説明されています。

 

母乳の量には全く無関係ですね。

 

母乳不足を心配ばかりしていては母乳の出に悪影響を

母乳不足は冷静に判断を

母乳不足は
冷静に判断を

大多数のママが、自分の母乳不足を疑う時、それが授乳後に赤ちゃんが泣く時ですが、そんな際は落ち着いて赤ちゃんの他の反応もチェックしてみましょう。

 

抱っこして、すぐに泣きやむ場合もありますし、眠ってしまう場合もあるでしょう。

 

冷静に母乳不足なのかどうか判断

ママとしては母乳不足感を感じてしまいますがオロオロせずに冷静になって、本当に母乳不足なのかどうか判断をするようにして下さい。

 

いつまでも、「もしかして母乳が出ない、充分な量を出していないのでは?」と悩んでいたり精神的に落ち込んでいると、本当に母乳不足に陥ってしまう可能性もありますので、心配であれば正しく判断を下すようにしましょう。

 

もう経験していますよね、「案ずるより産むが易し」です。

 

助産師から一言

助産師から一言

毎日、多くの妊婦さんやママと赤ちゃんに接している私ですが、赤ちゃんを抱きかかえて私のクリニックに飛び込んでくるママも、私が問診を終えて心配事が解決すると、来院した時とは全く違った笑顔で帰宅されます。

 

経産婦であれば経験済みで当たり前だと分かることでも、初心者ママが母乳育児でいろいろな不案を抱くのは当然のことです。

 

不安なことを、そのままにしておくとストレスとなって母乳分泌に悪影響をあよぼします。不安なこと、心配なことがあれば、専門家に相談し、早期解決をするようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ